000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Rosalindaのなんでも日記

2005年GWシミランクルーズ5日目

2005年GWシミランクルーズの旅5日目

2005年5月1日

今回のクルーズは普段が4泊5日なのに対して、5泊6日のロングコース。

ということで今日は普段は行かないスリン島に行く予定とのことで楽しみ。

その前に昨日と同様 Richelieu Rock で2本潜った。
今日のガイドは紅一点のFumiちゃん。
元ロッククライミングをやっていたとのことで、彼女の体力にはちょっとオバさんはついて行けません。

1本目は朝まづめ狙いで、早朝7:10にエントリー。

2月には見れなかったタツノオトシゴを見に行く。
今回は見れたが写真はぜんぜんうまく撮れなった。残念。

見た魚:タツノオトシゴ、トマトアネモネフィッシュ、ワヌケヤッコ、オレンジシャコ、ジャイアントフュージュラー




2本目も同じくRichelieu Rock。

今度のコースは岩と岩の間を泳いだりして、今まで見なかった岩の下の穴なんかを覗いたりして結構楽しめた。

見た魚:ブラックフィンバラクーダ、グレートバラクーダ、ミゾレチョウチョウウオ、ジャイアントフージュラー、イエローヘッドフージュラー

↓穴の中に無数のエビがプヨプヨ浮いている。ナイトダイビングでも同様の光景が見れる。



3本目はとうとう私的に未踏の地Surin島へ。

ポイントはHat Tao というところ。

島の壁沿いにずーっと進んで行く。

はっきり言って透明度は伊豆並みで10mもなくて浮遊物も多いのだが、壁沿いに珊瑚が生えていて、その珊瑚の合間にいる生物を見ているとものすごく楽しい。

ワイド派の人にはお勧めできないが、コバンハゼやアカメハゼなど珊瑚の中フェチになること間違いなし。

見た魚:コバンハゼ、アカメハゼ、ゴシキエビ、ヒレフリサンカクハゼ

↓アカメハゼ。集団で珊瑚の枝のまわりをプヨプヨ浮いている姿はいと可愛し。



この後、Sea Gypsy が住む島にお土産を買いに行った。

この島も2月の津波で家等が流されたらしく、私達が行ったときは仮設住宅が建てられていた。
(こんなこと言っては何ですが、タイの家の場合「仮設」と「本物」の区別はつきづらいです。)



島には手作りの工芸品をお土産として売っていて、品質さえ気にしなければ格安で買える。

ゲストの中ではK夫妻のみが船の模型みたいなのを買っていたが、後で見たら最初からちょっと壊れていて不良品であることが判明した。



島には犬やサルなどのペットが飼われていた。

中でもこのおサルさんは、いたずら好きの甘えん坊で本当に可愛かった。
人間の頭に乗ったり、胸にしがみついたりするのだが、必死になってしがみつかれるとTシャツがドロで汚れるのがわかっていても離したくなくなった。




島から帰るとなんとなく疲れちゃったし、ビールが飲みたくなったのでこの日の4本目はパスすることにして早々と飲み会の開始。

部屋で昼寝していると、クジラがいる!と周りが騒ぎ出したので、私もデッキに見に行く。

船の先端や真横などありとあらゆる角度をみんなで捜索。

数頭いるみたいだったが、そのうちの親子と思われるクジラが一番船の近くまで寄って来てくれた。



クジラを見たのは生まれて初めてだった。

6日目へ


© Rakuten Group, Inc.