033085 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

2010年04月28日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
4月25日(日)練馬区石神井(しゃくじい)公園で照姫まつりが開催された。今年で23回目。
祭りの目玉は、照姫を中心とする武者行列。
公園の野外ステージから西武線石神井公園駅までを往復行進する。
行ってみると、好天気もあってたいへんな人出。もう駅に向かって出発していた。


写真 4250015花拍子 しなやかに舞ながらの行進でたいへん。
P4250015.JPG




写真 4250012 武者のなかには髭を筆と墨で描き、即席に間に合わせた人も…。
P4250012.JPG






写真 4250042 「エイ、エイ、オー」駅まえひろばで。写真上は駅の出来立ての高架フォームに停車の西武電車。
P4250042.JPG





写真 4250054 輿の上から上品に会釈の照姫さん
P4250054.JPG    





写真 4250059
武者行列が会場に戻るまでさまざまな出し物が用意されている。
P4250059.JPG





写真 4250088
行列が無事帰還。いよいよフィナーレ。歌、踊りなど出演者全員が盛り上がったところでお開き。
P4250088.JPG



出演者はすべて練馬区民。多数の応募者から選ばれた。照姫は高校生という。
出演者のみなさん、お疲れさんでした。

   主催  照姫まつり実行委員会
   後援  練馬区 練馬区観光協会 東京都東部公園緑地事務所
   協賛  練馬区議会 練馬区産業連合会 練馬区商店連合会 西武鉄道KK ほか


中世戦国時代、石神井、練馬、中野、豊島の一部の領主だった豊島泰経は、江戸城の太田道潅に攻められ、江古田付近での合戦に敗れ、本拠の石神井城にいた照姫は3つの宝物を抱いて三宝寺池に入水。
豊島家一族の悲劇となったのですが、この祭りは歴史的事実とは関係なく、もっぱらレジャー・イベントとして明るく楽しく、そして町おこしをモットーに、年々華やかになってきています。
すぐ近くには供養塔の、姫塚,殿塚がありますが、ほとんど見に来る人はいないのは、残念です。
なお、蛇足ですが、戦後、照姫が宝物をもって死んだという伝承を考古学的に調査したが、池の中に宝物は見当たらかったということです。











最終更新日  2010年04月28日 18時32分46秒
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.