033381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

わたしのブログ

全5件 (5件中 1-5件目)

1

音楽

2008年08月31日
XML
カテゴリ:音楽
昨日、従弟がベートーヴェンの「第九」の演奏会にコーラスの一人として出演する、というので家内と出かけました。幸い、昨夜までのゲリラ的豪雨も収まりまずまずの天気でした。

久し振りのサントリーホール。
北朝鮮拉致被害者家族連絡会と、サレジオ学園支援のチャリティコンサートです。企画は、「ベルばら」の池田理代子さん。

演奏は、コバケンこと小林研一郎指揮の日本フィルハーモニー交響楽団。合唱は、真夏に第九を歌う会合唱団。ソリストは池田理代子さんほか。

演奏前にチャリティ寄付金の贈呈式があり、拉致被害者・家族会の代表、飯塚繁雄さん、横田滋・早紀江ご夫妻、サレジオ学園長と児童2名に、支援金が贈られ、感銘深い式典でした。

「第九」はまさにコバケンの熱演。オケ、コーラス、独唱、全体が盛り上がり、素晴らしいものでした。コバケンは無意識的にうなり声をだし、その集中度は凄いものでした。

終演後、従弟の奥さん、娘さん、姪御さんに会え、有意義なひとときでした。

サントリーホール正面玄関
20080830_04.JPG






最終更新日  2008年08月31日 17時27分59秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月09日
カテゴリ:音楽
パイオニア交響楽団の第18回定期演奏会にいく。ホール(写真)はJR蒲田駅からすぐのところだが我が家からは1時間半はかかる。招待状をもらったので行く気になった。
このオケは、名前で分るように大手の音響メーカーの従業員だけで組織されたもの。
プログラムは、ワーグナーの序曲、ハチャトリアンの組曲、目玉はベートーヴェンの3番「英雄」。指揮の黒岩英臣さんの指導よろしきせいか、実にうまいのだ。ハチャトリアンはいかにもそれらしく、またベートーヴェンはスケールも大きく、熱演。彼らの音楽性・高度の技術はプロの域に達していると思うほどだ。(大拍手)
私の想像だが、パイオニアKKは事業の性質上、正規の音楽教育を受けたものを相当程度、採用しているのではなかろうか。高度の演奏技術はその辺に、プラスの理由があるのかもしれない。もしそうであれば、オケのメンバーも安定した高給でしかも好きな音楽にも打ち込めるわけで、結構なことである。さらなる発展を祈りたい。






最終更新日  2008年03月09日 23時04分21秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年03月04日
カテゴリ:音楽
昨日、写真を添付したつもりだったが、誤操作で失敗。再チャレンジする。

うまくいけばいいのだが…。

今日はこれから歯科クリニックへ。次々と虫歯が発生するようだ。

明日は、K大病院だ。先日の腹部のMRI検査の結果がでる。また、塞栓術手術を受けなけれ

ばならないか、考えだすと気分が悪くなるので、なるべく気にしないように心がける。






最終更新日  2008年03月04日 13時48分30秒
コメント(1) | コメントを書く
2008年03月03日
カテゴリ:音楽
上の孫を連れて、仲道郁代さんの子どもむけのコンサートに行く。ルネ小平(写真)。第1部ピアノとお話、そして第2部は、親しみやすいピアノ名曲の演奏。孫も気分よさそうに聴いていた。演奏はさすがにすばらしい。終演後、みんなで我が家へ。上の孫の誕生日、年齢が二桁になった…というので夕食はやや豪華?になった。賑やかなひとときであった。

大学のクラブOB会の例会(4月)で動き出す。後輩のK君の協力をえて、会場は神田神保町のレストランE店、日取りも決定。あと、メンバーへの案内、出欠返信はがきの用意などはK君に願うことにする。意外に手間がかかる。






最終更新日  2008年03月03日 23時19分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年01月23日
カテゴリ:音楽
先日、旧友S.Y氏と,新日本フィルの演奏会に行った。錦糸町すみだトリフォニーホール。ブラームス1番などお馴染みのプログラム。指揮はアルミンク。オーソドックスで安定した好演。ふと、Y氏がステージの奥がやや高く、客席のほうが低くなっていて、やや傾斜しているのでは? という。これはステージの左右両側面に斜めのストライプがデザインされているためだ。左右のストライプが中央に向かって対象的に下部に向かう。奇を狙って新しさを表現しているかのようだ。
ついでながら、昨年3月、歌舞伎の市川団十郎一座のパリ・オペラ座での歌舞伎公演のとき、オペラ座のステージが、傾斜がかかっていた。普段のバレー公演で、踊り子が大きく飛び跳ねる時、引き立つようにステージに傾斜をかけているのだ。歌舞伎団は、これを尊重して僅かに改善し傾斜を残して演じたという。
オケの演奏では、もちろん傾斜は不要。あとで確かめたら、やはり目の錯覚でステージは水平だった。
わが国のバブル景気が良かった時、箱物ラッシュでいいホールが多数できたが、この、トリフォニーホールはステージ側面のデザインのせいで落ち着かない。ゆえに、あまり行かない。
クラシック音楽の鑑賞には演奏の質はもちろん大事だが、入れ物は、残響の度合い、インテリアや全体的デザイン、坐り心地など、さらにはしっとりと落ち着いた雰囲気が望ましい。
今後もそのようなホールが現れることを願っている。






最終更新日  2008年01月23日 20時37分37秒
コメント(2) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.