295967 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ロゼーテの秘密 ~私の心が観たもの~

全1292件 (1292件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

ざっくばらんにひとりごと

2021.10.13
XML
(10月7日の日記より)そんなわけで、鍵盤からますます遠ざかる今日この頃。

クラシックファンのあいだでは、目下、ポーランドで開催中のショパンコンクールの予選通過者に沸き立っているようだが、もとより興味はない。

Chopin&Miro






Last updated  2021.11.03 00:57:45
コメント(0) | コメントを書く


2021.10.07
チェンバロのレッスンで激しいパッセージを弾いていたら、先生に指の形を注意された。
そうはいっても、できないものはできない。
昔から、そうだから。
思い切ってレントゲンを撮ってもらうと、案の定、異常だった。
痛みなどないから、生まれつきだろう。
親指の第一関節がずれているらしく、外側に出ていると言われれば、そうかな…と思う程度で、日常生活には支障がないのに、チェンバロを弾くには致命的。







Last updated  2021.11.03 00:26:16
コメント(0) | コメントを書く
2021.10.04

風の時代と浮かれていても

しのびよるパスポート

一握りの照らしを受けた戦士に

超古代戦争を今に思う







Last updated  2021.10.04 10:02:25
コメント(0) | コメントを書く
2013.08.05
豊栄舞の先生は、神宮楽師 辻幸孝先生です。まだずいぶんとお若く、ややどもりがちにお話しになられます。先生の頭の中では、しかしながらその後奏部分も、じつは「てぃーらららー」ではなく、「て~たらろ~、た~りろろ↓」と厳密に文字化されており、つまり、「た~り」の部分でお辞儀中の頭を戻すというわけです。

さかき

さいしきしつ






Last updated  2017.07.05 20:14:04
コメント(27) | コメントを書く
2013.06.10
さて、この舞は、じつは二つの曲で合成されています。結婚式でよく流れている雅楽「越天楽」が主題であり、東儀和太郎作曲、作詞者不詳の「風車」が1番と2番のあいだの間奏に使用されます。以前は「風車」の歌詞も豊栄舞に挿入されていましたが、近年では曲のみの演奏となっています。そしてこの「越天楽」なのですが、後世、「越天楽今様」や「黒田節」に編曲されていきました。

越天楽は唱歌になっていたのでしょうか?!
今様は口ずさみやすいですね。
木本いず美が歌う越天楽」もなかなか。
三番の‘いろは歌’には驚きです。



豊栄舞 (作詞 臼田甚五郎)

朱(あけ)の雲わけうらうらと
とよさか昇る朝日子(こ)を
神のみかげとおろがめば
その日その日の尊しや


かざぐるま風のまにまにめぐるなり
やまずめぐるも やまずめぐるも

みづぐるま水のまにまにめぐるなり
やまずめぐるも やまずめぐるも


つちにこぼれし草の実の
芽ばえて伸びてうるわしく
春秋(はるあき)飾る花みれば
神のめぐみの尊しや

(てぃーらららー、らーりらら)←お稽古では先生がこんなふうに後奏も歌って下さいます。 笑






Last updated  2014.07.11 15:45:09
コメント(13) | コメントを書く
2013.06.09
舞っていると、風に乗って聞こえてくるような笙や笛の音はなんと雅なことでしょう。笛や篳篥といった雅楽の人達は一階でお稽古しています。では、他のクラスをちょっと覗いてみましょう♪ どこの大学かしら!と思うほど古風でアカデミックな雰囲気漂うたくさんの教室は…見れば畳敷き(笑)。いやーしかし、火鉢はないでしょー、火鉢は! この暑いさなかに暖房器具を出しっぱなしとは(呆)。 

間取り

迷いそうなぐらい広い道場内

廊下

ひちりき2組

火鉢

この火鉢は!
聞けば、笙を乾燥させるための火鉢でした…


公衆電話

公衆電話も完備!(笑)
見た感じ、カトリック教会の告解室みたいです。






Last updated  2014.07.11 15:44:22
コメント(6) | コメントを書く
2013.06.08
ここで、まさかのツールが大活躍。先日、購入するつもりもなかったiPhoneです。パソコン同様、便利なものですが、これで豊栄の動画を徹底マスター。休憩時間に動画に合わせて舞うことで、流れが頭の中に入っていきました。まあ、廊下の隅で、iPhone見てお稽古しているのは私だけでしたが (恥)。だけどそんなことで恥じている場合ではありません、最終日には内宮でご奉納ですから。

中庭

中庭に心なごむひととき


稽古場

増築されたのか、二階は新しい稽古場。豊栄クラスはここでお稽古。
能舞台のように足元のすべりがよく、空調も利いて快適!






Last updated  2014.07.11 15:43:36
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.07

‘浦安’の時は、ほぼ舞ぶりを覚えてからお稽古に臨んだせいか、さほど難しくは思わなかったのですが(実際は非常に難解)、今回は泣きそうに…ええ、劣等感を舐め尽くしました。念願の舞だったにもかかわらず、現実は厳しくて。とにかくお稽古は…最初から…いきなり舞うんです。先輩方の振りを見よう見真似で覚えようとしても、そうカンタンには行きません。放課後、宿舎である神宮会館でおさらいに励んでいるのは、管の人たちばかり!  舞人たちはとくにおさらいもせず、テレビを見たり温泉に浸かったりと余裕綽々なのが私にはまたもどかしい限りでした。



名簿







Last updated  2014.07.11 15:42:44
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.06
浦安の舞を奉納させて頂いたとき、次回は豊栄舞をと考えたんです。浦安の舞が鈴と桧扇、古典装束での豪華絢爛さを特徴とするなら、乙女舞とも呼ばれる豊栄舞は今様の、とも言える唄いやすく、清純で優しげな舞。どちらも私を魅了してやみませんでした。ですが、豊栄舞のお稽古は一般人には開かれていません。不敵な私のこと、なんとか女子神職さんや巫女さんたちに伝授をこいねがおうとしたのですが、祭祀舞というだけあってどうにも部外者にお稽古させてはもらえません。ところが1年半後、なんの苦労もなくアレヨアレヨという間に伊勢・神宮道場の門をくぐらせて頂くこととなったのです。

浦安 控え室

浦安の舞を奉納する直前。控え室で。むかって右がロゼーテですね。






豊栄舞はこんなの! 柔らかく、たおやか・・・






Last updated  2014.01.16 20:13:08
コメント(0) | コメントを書く
2013.06.05
伊勢の神宮道場で雅楽講習会に参加しました。6月2日~6日の五日間、神宮司庁の主催で全国から雅楽を奏でる神社関係者らが集い、雅楽上達に向けた集中講座が開かれます。龍笛・篳篥(ひちりき)・笙・浦安の舞・豊栄舞と五つのクラスに分かれ、私は豊栄クラスを選びました。じつはまったく同日付で橿原神宮では、神社音楽協会主催の‘浦安の舞’講習会が開かれるのです。

道場

お稽古をする神宮道場の正面  古風な建築に感激♪ しっかり撮影!


正面玄関

明治天皇がお泊りになられただけあって堂々たる風格


看板

「(こういうところの)看板は、やっぱ、毛筆でしょ。書ける人がいないわけじゃなし…」と同行の女子神職さんとともに嘆息











Last updated  2014.07.31 19:11:40
コメント(6) | コメントを書く

全1292件 (1292件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.