000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワインと絵画がある生活

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

カテゴリ未分類

2020.06.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
在宅勤務になって、デスク環境が気になる今日このごろ。もう2カ月以上たっているけれど...。昔から文章を書くことが多いので、机やイスはちゃんとしたものを使っているけれど、デスクライトはまだ蛍光灯だったりします。

オカムラのバロンチェアとPC用デスク。バロンチェアの新品は10万円以上するけれど、中古は数万円で買えます。
オカムラのバロンチェアを探す


本題のデスクライト。日立製の蛍光灯デスクライトを使っていて、特に不満も無いのだけれど、ライトは生産性に影響すると聞き調査開始。

日立 FS5015E BC 発売当時の定価は8,800円


蛍光灯なのにちらつきがないICインバーターを使用した初期の製品でイイものらしい。製造年を調べると、自分でもビックリの「1991年06月25日製」。20年前くらいだと思っていたのに、まさか30年選手だったとは。学生時代に買った?


これだけ使っていれば新しいデスクライトを買おうと決断。Amazonには数千円のものもあるけれど、山田照明のZライトがいいらしい。明るさと色調の両方を変えられる機種に興味があったけれど、明るさだけを変えられるZ-10Rに決定。

山田照明のZライトZ-10Rを探す


使ってみて一番の違いはサイズのコンパクトさ。LEDなのでとても薄い。そしてRa90という柔らかい色合いで見やすい。自然光はRa100で、蛍光灯はRa60くらい。Ra100に近いほうが自然な明るさ。いい買い物だったのではないでしょうか。






最終更新日  2020.06.03 20:21:54
コメント(0) | コメントを書く


2018.06.30
カテゴリ:カテゴリ未分類

NV KLOSTER EBERBACK RIESLING SEKT
クロスター・エーバーバッハ リースリング・ゼクト
RHEINGAU, German - 白辛口
3,348円, 松屋銀座, 2017年9月購入

シュタインベルガーで有名なクロスター・エーバーバッハ。銀座松屋で試飲しておいしかったのと、ゼクトは珍しかったので買ってみました。

リースリングらしいさわやかな香り。飲んでみると、試飲したときはもっとドライだと思っていたのに少し甘め。ドュミセックというほどでは無いけれどBrutを期待すると、少し甘めでだれるフィニッシュが気になる。

クロスター・エーバーバッハのQ.b.AやKabinettあたりは多少甘い方がおいしいと思っているのだけれど、スパークはもう少しドライの方がよかった。季節が違えば、また違った感想になるかも知れないけれどね。

飲み頃/総合:いま/★★★(いまの季節ならば、もう少しドライが好み)
クロスター・エーバーバッハのワインを探す


にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ワインランキング






最終更新日  2018.07.25 01:00:35
コメント(0) | コメントを書く
2017.06.03
カテゴリ:カテゴリ未分類
2012 Bourgone Chardonnay "Les Perrieres"(Maurice ECARD)
ブルゴーニュ・シャルドネ レ・ペリエール(モーリス・エカール)
Bourgogne, France - 白辛口

地味ながらも、いい赤を作っていると思っていたモーリス・エカール。白とはいえ、久々に見かけたので買ってみました。

ACブルとしては中程度のボディで香りも標準的。特筆することの無い平均的なACブル白。生産者への思い入れもあり期待しすぎたこともあるけれど、ACブルに期待禁物。







最終更新日  2017.07.02 09:59:33
コメント(0) | コメントを書く
2017.03.11
カテゴリ:カテゴリ未分類
勝沼ワインゼミナールに参加するため、今年初めての勝沼めぐりです。


まずはマンズワインから。




毎度おいしいソラリス。


会場のぶどうの丘へ。


第一部と第二部で構成され、それぞれ違うワインが出てきます。今回のテーマは古酒。パネルトーク形式で進行します。





・「ロリアン甲州樽熟成」(2006年) 白百合醸造(株)
・「ハラモヴィンテージ甲州1995」(1995年) 原茂ワイン(株)
・「シャトーホンジョー勝沼町原産地認証ワイン」(1988年) 岩崎醸造(株)
・「シャトーメルシャン甲州」(1971年) メルシャン(株)シャトー・メルシャン

コメントが見つかったので追記します。
2006
 10年たっているとは思えないフレッシュさ。当然若々しいわけでは無いけど、山野ミネラルが感じられる酸っぱい系ワイン。
1995
 中甘口。酸化の要素はみじんも無く健全。少し水っぽい。
1988
 マロン、シェリー。こちらも中甘口で、95と比べるとメリハリがはっきり。
1971
 88とタイプは似ているけれど、マロンの要素は少ない。こちらの方が複雑。

88か71が好み。でもどちらが好きかは人によって分かれる。 

第二部はメルシャンのチーフ・ワインメーカーの安蔵光弘さんの司会で進みます。



1)「ルバイヤート甲州シュール・リー」(2004年) 丸藤葡萄酒工業(株)
 メリハリがはっきりしてオイリー。味わいもある辛口。
2)「シトラスセント」(2006年) 蒼龍葡萄酒(株)
 2010年にブレイクしたシトラスセントは、この2006年もおいしかった。少し熟成感があり、また熟成に由来する甘みも少々。1)と比べると酸は低め。
3)「アルガブランカ ピッパ」(2004年) 勝沼醸造(株)
 樽熟成らしいトースト香。
4)「Cuveekトンネルワインカーブ10年熟成古酒」(2006年) 錦城葡萄酒(株)
 一番熟成感。ナッツ、シェリー、好みではありません。
5)「勝沼町原産地認証ワイン」(2004年) (株)シャトー勝沼
 ゴールド色で中甘口。ドライフルーツ、素直な味わいが印象的。
6)「葡萄郷勝沼」(2001年) 麻屋葡萄酒(株)
 中甘口。マイクロ「ブ」の疑いがあり評価保留。 
7)「ソラリス古酒甲州2005」(2005年) マンズワイン(株)勝沼ワイナリー
 現行ビンテージなだけに安心の味。

こちらのグループでは丸藤、シトラスセントが好み。ソラリスも素晴らしいけれどタイプが違うので。



















夜はぶどうの丘のレストランへ。




ドゥミセックということは理解していたけれど、洋食の合わせるなら辛口でよかった。赤も注文したけれど画像が無く失念。昔は掘り出し物があったのに、今回は全然無かったのが残念。









こちらのレストランは普通かな。もっと山梨の素材を前面に出して、ビストロチックな方が好みだけれど、客層が広いことを考えると難しいのかな。






最終更新日  2017.04.22 12:46:26
コメント(2) | コメントを書く
2015.09.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
帰りは、郡山と二本松の中間地点にあるアサヒビール福島工場へ。


無人駅の五百川駅を降りると、畑の広がるなかにアサヒビールがあります。駅の周りは畑だけれど、近くに東北道の本宮インターと4号があり、交通アクセスのいい場所。




時間が無かったので、工場見学はしないで、ビール園に突入。


イタリア産ポーク&特選ラム肉プランに、ソーセージ食べ放題と飲み放題を追加。この画像はおかわりした皿。最初に来た皿は、こんなに食べられるのだろうかと思うほどガッツリ盛りだった。


といいつつ元を取らなくてはと、けっこう食べてしまいました。


マツコの知らない世界で紹介されていた、郡山駅の「のりべん」。家に帰ってから食べました。派手では無いけれど、地味においしい感じ。


4泊5日の旅だったけれど、毎日移動や観光で動いていたので疲れた夏休みでした。フー。






最終更新日  2015.10.17 11:59:56
コメント(0) | コメントを書く
2015.06.28
カテゴリ:カテゴリ未分類

2001 Aloxe-Corton 1er Cru Les Vercots(Francois Mikulski)
アロース・コルトン プルミエ・クリュ レ・ヴェルコ(フランソワ・ミクルスキ)
Bourgogne, France - 赤辛口
2500円くらい

ミクルスキのアロース・コルトンが数年前に格安で売られていたので、1ケースほど買ってたまに飲んでいる。途中の来歴もあるのか少し粉っぽさがあり、極上とは言えないけれど、時が経つとともに徐々に落ち着きを増してくる。ミクルスキの赤ならばムルソールージュの方がよいと思うけれど、この価格では掘り出し物だった。

ワイナートの高評価で一気にブレイクしたミクルスキ。ジュヌヴリエールも含めて、いろいろ飲んだけれど、ラフォンのような強烈な印象が無いのも事実。とはいえ最近のビンテージを飲んでいないだけに、どうなっているか気になるところ。似たポジジョンのコシュ・ビズアールは、今年飲んだ村名ムルソーが素晴らしかった。

ミクルスキのワインを楽天で探す>






最終更新日  2015.07.17 23:43:06
コメント(2) | コメントを書く
2015.01.24
カテゴリ:カテゴリ未分類
帝国ホテルで開催された「NAGANO WINE FES in TOKYO」に参加してきました。銀座にアンテナショップがある関係か、ゴージャスに帝国ホテルでの開催になりました。


おつまみはブッフェ形式ではなくて、チケット1皿と、数種類のお皿形式。自由にとれる料理のほうは1種類1皿とアナウンスがあったけれど、無い時間が多すぎて、かなりの激戦。これだったら、全部チケット形式にしてもよかったかも。もしくは別料金でも。


アルプス/井筒ワイン/マンズ/メルシャンなど著名どころはどれもおいしい。またそれぞれのワイナリーのアイテムは4,5種類と多くはなかったけれど、高級ラインが多かった。それはそれでありがたいのだけれど、実際に購入しやすいリーズナブルなラインがあってもよかったかも。


ファンキーシャトーのラベルはイケてる。味もなかなかだったような...。




あづみアップル ピノ・ノワール。こちらは高級ラインの三郷。


先日初めて飲んだノーザンアルプスヴィンヤード。飲み直してみて、やっぱりおいしい。



ワイン特区を設けていることもあって、山梨より新興ワイナリーがとても多い印象のある長野県。どこもがんばっているようで、8、9割はまっとうにおいしかった。イベント全体の満足度は高いけれど、食事のシステムは何とかして欲しい。

散々飲んだにもかかわらず、終了後は行きつけのワインバーへ。途中爆睡しながらへべれけになるまで飲んで終了。それにしても、学習能力の無いわたし。とほほ。






最終更新日  2015.02.17 15:10:33
コメント(2) | コメントを書く
2014.11.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
初日の天気は、曇り時々晴れ。そして心配だったのが二日目の天気。前日の予報では、曇り時々雨くらいだったのに、朝の予報では「一日中雨」。ゲゲッ!

とりあえず宿から近いモンデへ。モンデでテイスティングゲームに参加。


マルスワインへ。


ここの有料試飲は毎度充実しています。1杯100円から300円なり。われわれは大人数パワーを生かして、めぼしいものはほとんど制覇しました。


ここは観光ワイナリーという側面を持ちながらも、本格派をしっかり作っています。シャトーマルス シリーズはどれも安定しているし、金賞トップを取ったこともある日之城シャルドネは年ごとによくなっている。金賞受賞以降は、レアアイテム化している。


日之城シャルドネを探す>

ここですばらしいと思うのは充実の欧州品種赤。3000円から5000円前半と、決して安くは無いけれど納得のお味。山梨県産の欧州赤では間違いなくトップクラス。

マルスの日之城シリーズを探す>



電車で甲府駅に移動。北口の広場ではマルシェが開催されていました。


定番の信玄。地味なワイナリーだけれど、われわれ気に入っているので毎年何本か購入しています。


信玄の向かいの広場でも小規模会場があります。


キザンと四恩の有料試飲をいただきました。


つづく。






最終更新日  2014.11.29 16:42:54
コメント(2) | コメントを書く
2013.01.13
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年の冬休みは長かったこともあり、かなりの本数を飲みました。おかげで脳細胞がだいぶ死んでそうです(爆)。

左から

2008 LUNARIS甲州メトッド・トラディッショネル・ブリュット(マンズワイン)
山梨, 日本 - 白泡辛口

2005 Pierre Leboeuf Brut Millesime Coup de Foudre
ピエール・ルブッフ ブリュット・ミレジメ クープ・ド・フードル
Champagne, France - 白泡辛口

NV Voirin-Jumel Blancs de blanc Grand Cru
ヴォアラン・ジュメル ブラン・ド・ブラン グラン・クリュ
Champagne, France - 白泡辛口

2002 Christian Etienne Brut Millesime
クリスチャン・エチエンヌ ブリュット・ミレジメ
Champagne, France - 白泡辛口

NV Pehu Simonet Brut Selection Grand Cru
ペウ・シモネ ブリュット・セレクション グラン・クリュ
Champagne, France - 白泡辛口

この中でよかったのはペウ・シモネとクリスチャン・エチエンヌ。ともにしっかりとボディがあるタイプで飲み応え十分。クリスチャン・エチエンヌはミネラルはあるけれど、酸が柔らかくとがった感じがないので、赤ワイン好きにも受けそう。ともに5千円アンダーとは思えない味わい。

ピエール・ルブッフのクープ・ド・フードルはプレステージクラスだけに期待したけれど、ボトル(ロット?)不良。酸が乗りすぎで少しおかしい。
クリスチャン・エチエンヌのワインを探す>
ペウ・シモネのワインを探す>






最終更新日  2013.01.19 19:32:07
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.06
カテゴリ:カテゴリ未分類
前回からの続き。

PCでのデータ管理や部位別測定以外の要素、たとえば価格やデザイン、大きさ、簡単さなどを優先したいのならば、売れ筋などで判断すればよいだろう。パナソニックなどほかのメーカーも体重計(体組織計)を出しているけれど、調査していないので不明。

前記以外に、いくつかの機種をピックアップするならば、「朝晩ダイエット」プログラム搭載のHBF-207。

安くてkakaku.comで人気No1のBC-705。

最新機種で人気も満足度も高いBC-312。


結局のところ、ダイエットもしくは体重維持のために重要なことは、体重計の細かな数値の違いに惑わされるのではなく、毎日同じ時間帯、同じ状態で測定し、長期的な変化傾向を把握することなのかと。


長文をお読みいただきありがとうございました。

気が向いたら投票お願いします→banner_01.gif






最終更新日  2012.04.09 22:42:48
コメント(0) | コメントを書く

全39件 (39件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.