2454249 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ワインと絵画がある生活

全152件 (152件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

自転車

2020.10.13
XML
カテゴリ:自転車
ASTORIA(アストリア)のジロ公式スプマンテを見ながらGCN Japanでジロを観戦。

タブレットで見ているけれど画質が悪いのと操作性が悪いのが問題。画質を調整するメニューを探したけれど見つからず。アナウンサーと解説がかみ合っていない日があるのも残念。J SPORTSに一日というか、それ以上の長あり。
いまところGCN Japanが勝っているのは月会費の安さ(900円)。

Giro d'Italia Spumante Extra Dry NV
6本買って4本目。スプマンテは微妙に甘いのや、ペラいのがあるなか、こちらはきめ細かくていい感じ。1千円台半ばなら十分合格点。







最終更新日  2020.12.12 08:10:44
コメント(0) | コメントを書く


2019.09.15
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
前回の続き。

2016年に参加したときのブログ

今回参加したのは170km。その昔は210kmも170kmも完走しているけれど、さすがに今回は不安。せめてもの救いが、天気がいいことだけ。とくに2016年は土砂降りだったしね。

走り込んでいるときはスタート前にテンションが上がるのに、今回に限っては自分を支えるのはキャリアのみ。


スタート直後は新コースになって大渋滞。いつもは30km/h台後半で巡航できるのに、自分のコンディションの悪さと、列の後ろになったこともあってスピードが出せない。

たった10kmで足に痛みが…。その後も痛みが続き、170kmにしたことを後悔。

20km付近の第一エイド。ヤバい、まだ150km残っている。




三陸海岸沿いの、いやというほどのアップダウンの連続。リタイヤしてー。


天気はいいのにね。


雄勝(おがつ)エイドのホタテは毎年最高。でも残り130km。




北上川付近はフラットで走りやすい。


とはいえ、すぐにアップダウンの連続に。ずーっと脚が痛い。


歌津(うたつ)エイド。ようやく半分。カレーは、なかなかスパイシー。紹介している画像以外にも食べ物があったせいで、ご飯は半分くらい残してしまった。


今年は暑いくらいでエイドに置いてあった日焼止めが役立ちました。ロートがスポンサー。何種類かあって、こちらは白くならないタイプ。



蔵内(くらうち)エイドが100km付近。

このあたりになってようやく調子が上向いてきた。上りには苦しみつつも、他の人とそれほど変わらないスピードで上れるようになってきた。自分が速くなった訳じゃなくて、他の人が疲労で遅くなっただけなのだけどね。

壊れた橋はだいぶ復旧しているけれど、8年もたつのに全部では無い。


ホテル観洋エイドを過ぎたところにあるのが、大会一番の激坂。脚の痛みが無くなったことと、ベテランの意地で、何とか脚をつかずに通過(画像無し)。

最後の北上(きたかみ)エイド。残り30km。自分のペースが遅かったこともあり、エイドを出たのは足切り20分前。ヤバイ。


ラスト30kmは快調。最初は30km/h後半の列車に少しだけ乗って、ちぎれてからは30km/h前半の列車で巡航。こちらでは先頭交代しながら列車を組んで抜きまくり。


17時ゴールはギリギリと思っていたけれど、列車が効いて予想より早くゴール。だけれど10時間も自転車に乗っていると体バキバキ。やっぱりトレーニング&ダイエットだね。

タイムは休憩込み。休憩は1時間前半かな。


いつもは真ん中よりは前でゴールしていることが多いけれど、今回は後ろだったこともあり初級者・中級者と走ることが多かった。そんなこともあり、自分が好調なときに列車を組んでいる人たちと運転技術の差を感じた。自分の技術もたいしたことないけれど、技術がイマイチの人と走りづらくて仕方ない。

2009 Giant TCR Advanced SE。オリジナルのパーツはブレーキくらい。ほぼSRAM Red化。ホイールはフルクラム レーシングゼロ ナイト。ディープも持っているけれどチューブラーなので、サボって使わず。


過去は晴れているときでも必ずどこかで雨が降っていたけれど、今回は雨ゼロ。疲れたー。


さようなら石巻。大会関係者の方々、ボランティアスタッフ、沿道で応援してくれた方々、大変ありがとうございます。これだけ沿道から応援があるのは、ここと佐渡だけです。




翌日に「ワイン・ヴァン・ヴィーノ フクシマ」に参加のため福島駅まで移動。

ホテルのフロントにオススメ居酒屋を聞くと、ホテルのテナントに入っていた浜の呑み処 みなとやを勧められたので、そちらへ。

リーズナブルな店なので極上とは言えないけれど、値段以上に十分おいしい店。そして日本酒30種飲み放題60分1000円は格安。そこそこ有名な純米吟醸もありました。


これまでホテルのフロントに勧められた店は2戦2勝。石巻の居酒屋の不満足感をこちらで払拭。

おやすみなさい。






最終更新日  2019.11.30 16:58:01
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.14
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
2016年以来のツール・ド・東北に参加してきました。前回はスタートから土砂降りで、ひどい目に会ったけれど、今年は晴れで暑いくらい。

今回の不安点は練習不足なこと。

練習不足は自分の責任なので理由にならないけれど、この3年で1日50キロ以上走ったのは1回だけという怠けっぷり。

仙台駅から仙石線に乗り換え


石巻駅に到着


会場をチラ見




寝坊して遅く着いたこともあり、宿にチェックインしてから駅近の居酒屋へ。実は石巻の飲食店は鬼門で過去3連敗(ランチも含めればもっと)。食べログ評価がそこそこよかったので少しは期待していたのだけれど...。


キムチ味の刺身がまずくて、いきなりヤバイ感。


おー! スプリングバレーのビールがある。


刺し盛り。まったくコシが無くてフニャフニャ。


ウニもイマイチ。値段のせいもあるけどね。


ほかにも魚介を頼んだような気がするけれど、一番まっとうなものは焼き鳥という残念な結果。あまりにも不満で、翌日はイベント当日だというのにセブンで爆買いして部屋飲み。

それにしてもハズレが続く石巻。おいしい店もあるはずなのに。

続く。






最終更新日  2019.11.27 00:22:22
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.09
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
前回からの続き。

御坂農園グレープハウスを出たあとはしばらく下り基調。エイド前の激坂を登ったところが、AS3境川自転車競技場。こちらではバンク体験もできるけれど、今回はスキップ。




再び登りへ


桜吹雪が舞って美しかった。


微妙なアップダウンを繰り返しているうちに「AS4道の駅とよとみ」到着。


道の駅とよとみの前後にショートカットが2カ所あるけれど、分かりづらいのは玉にきず。坂に登りたい人はいいけれど、登りたくないのに見逃した人も多いのでは。

野菜スティックとバーニャカウダソース。この大会はエイドが多く食べ物も多いので全部食べるのは厳しい。ラスクとかお饅頭とか持ち帰れるものはバックポケットへ。


シルクの里ソフトクリーム


なんだかんだ言っているうちにゴール。


青春のトマト焼そばと桔梗信玄餅クレープ。おなかいっぱいすぎて「青春のトマト焼そば」はおみやげ。


今回の参加賞:
2018 Schonburger From Toyotomi Dry type 【スズラン酒造工業有限会社】720ml
オリジナルサコッシュ
ショッピングバッグ【evam eva】
命の水

ワインが景品だと知っていたのだけれど、ゴール地点で配布していない。アレッと思いスタッフに聞いてみると、少し離れたところにある豊富庁舎の駐車場で渡しているとのこと。会場ではアナウンスしていなかったので、自走組は受け取らずに帰っている人がいそう。スタート前もそうだけれど、アナウンス不足が気になるイベントでした。

エスコートカーとショートカットコースをきちんとアナウンスできれば、初心者の不満は軽減されるような気がするんだけどね。

それとは別に参加賞はショルダーバッグなので、自走組には持ちづらい。首に掛けると完全に首締め状態。仕方なく手で持つことに。

そして日帰り温泉のみはらしの丘みたまの湯へ。別の日帰り温泉「シルクふれんどりぃ」だと入場割引になるらしかったけれど、遠かったのと激坂の予感がしたので回避。とはいえ、こちらも「もみはらしの丘」という名前どおり、小高い丘の上にあり、約2km5%くらいのヒルクライム。もともと荷物が重いのに、重い参加賞まで持って、ヒー!

こちらは景色がよくて素晴らしい温泉でした。


温泉の食堂では馬肉をつまむ。となりには同じ自転車イベントに参加したカップルがいたけれど、女性のほうがコースのことをブツブツ言っていました。やっぱりね。




みたまの湯の裏の景色も素晴らしい。荷物の重さもあって、最寄り駅の身延線の甲斐上野駅から帰ることに。


帰りはスズランのメルローでカンパーイ。


信玄公祭りはいいけれど、桃の桜のサイクリングは微妙かな。前もってコースのきつさを分かっていれば、もっと楽に走れたと思うけれど、アクセスの悪さが微妙なのがね。車で行く人はいいけれど。






最終更新日  2019.05.02 14:46:17
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.08
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
2016年のツール・ド・東北を最後に、その後は参加していない自転車イベント。ゆるそうな自転車イベント「桃と桜のサイクリング」をCycrowiredで見つけて参加することに。
大会の宣伝文句
満開の花々に囲まれたとっておきの絶景ルートを繋いで作られたコースは全長52kmと、すこし短めのコース設定。女性や初心者にとっても無理なく走り切ることが出来る距離で、無理をすることなく景色を楽しみながら完走できる絶妙なコース設定となっている。
こんなゆるい雰囲気だったため、前夜は飲みまくり。早めに寝たこともあって二日酔いにはならなかったけれど、まじめなイベントでは絶対飲まない量。まあどんな大会でも前夜はお酒を飲むけどね。

公式Webサイト。ゆるいと思っちゃうよね。


朝起きて甲府から会場の中央市農村公園まで約15キロを自走。最後に登りがあるけれど、ほぼ平坦。とはいえ、輪行道具やおみやげ用ワインが2本入ったリックサックが重くて腰が痛い。

会場までの途中誰とも会わないで不安になったけれど、手荷物も無い地元の自走組と思われる人に遭遇して一安心。ほとんどの人は車で参加なのかな。

今回あまり写真を撮らなかったので、詳しくはシクロワイヤードの記事をご覧あれ。
桃と桜のサイクリング実走レポート 前編
桃と桜のサイクリング実走レポート 後編

スタート地点の中央農村公園。よしもと山梨県住みます芸人のいしいそうたろうさんがMC。ゲストライダーとして今中大介さんと牧野ステテコさん。

今回の参加者はサポートライダーを含めて約400人。


大会前には走行上の注意事項などを話すのだけれど、今回はまったくなし。ショートカットコースが2つ設定されているとか、エスコートカー(車で坂の上まで運んでくれる)があるとかは、初心者向けには大切だと思うのだけれどね。また今回は併走が目立ったので、そのあたりは注意して欲しいところ。

それとは別に久しぶりのイベントに参加して感じたのはディスクロードがそれなりにいること。ただし過渡期のせいでローター径140mm/160mmが混在した状態。やっぱりロードは140mmだよね。またハブの規格も前後スルーアクスルに固まってきたので、そろそろいいころなのかも。

シクロクロス用バイクを持っているけれど
ポストマウント、ローター径160mm、フロントスルーアクスル、リアクイックという今となっては微妙な規格。ポストマウントはいいとしてもハブの規格がマイナーだとホイールを探すのが大変。

スタートしてすぐに登り。ことあたりはまだ気にしていなかったけれど、ひたすら登りが続く。


画像が曇っているけれど、桃が美しい。そしてこの日は快晴で暑かった。


ようやくAS1八代ふるさと公園に到着。今年は例外的に桃と桜が同時に見られて美しい。山梨では通常、桜→桃の順で咲いて、両方一緒に見られることは少ない。だけれど、今年は寒くなったせいで桜が持ったとのこと。




このあとも延々と登りが続く。ときおり8%以上も混じり、これって初心者向けコースですか? なめていた心理ギャップもあり、きつさ倍増。これならばロードツーリング用のSPDじゃ無くて、ロード用シューズを履いてきたのに。

高低差図。この図だけを見ればだまされてしまう。


メンテナンス不足でチェーン落ち多発。しまった。


途中リニアの実験線を横に見ながら、ようやく下り基調へ。




AS2御坂農園グレープハウスに到着。


これで1人前。肉は300gくらいあるかも。多過ぎで食べるのがやっと。


6人席で一緒になった人のなかには、初心者コースじゃないとプリプリ状態。距離が短いだけで、登りの大変さはグランフォンド軽井沢の2/3くらい。

「コースは短いけれどそれなりにハードです。でも初心者向けの対策もありますよ」

という売り方にすればいいのに。




づつく。






最終更新日  2019.05.05 14:21:43
コメント(0) | コメントを書く
2018.11.05
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
埼玉県のバックアップのおかげで、この時期の恒例行事になってる2018 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウムを観戦するために、さいたま新都心へ。

メインレース前は、同時開催のさいたまるしぇで腹ごしらえ。


タブレットでJ-Sportsの中継を見ながら


いよいよスタート。コース脇は混んでいることもあり、パブリックビューイングを主体に観戦。




優勝はまさかのバルベルデ。世界選手権も勝つし、このおっさん恐るべし。


基本的に無料で見られるロードレースだけに、運営は厳しいと思うけれど、今後も続くことを祈るばかり。全体の運営費から考えたら、すずめの涙かも知れないけれど、募金とかをやってみてはいががでしょう。

還りは、酔っているにもかかわらず、伊勢丹浦和店のワインフェアへ。都心と比べてすいていることもあって、かなりいただきました。そして爆買いとは言わないまでも、想定以上の出費。後日20本近く届いたときには焦りました(笑)。






最終更新日  2018.12.12 12:30:46
コメント(0) | コメントを書く
2018.02.11
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
東京オリンピックのため、最後の開催になる予定の「シクロクロス東京」を見に行ってきました。一昨年は参加したけれど、今年はトレーニング不足もあり不参加。テヘ。

というか今回は瞬殺で申し込みが埋まりました。外国人選手が出ていないこともあり、観客は少なめながらも、自転車イベントとしてはかなりの人が来ていました。


女性で一番上のクラスのCL1。細身の選手が多いなか、ミラー選手はがっちり体型なのに速かった。




男子エリート。弱虫ペダルサイクリングチームの前田選手は毎回バニーホップを見せてくれました。


圧勝した竹ノ内選手


それにしても砂地をグイグイこぐ力は見事。以前参加したとき、素人のわたしはまったく乗れませんでした。





今回が最後になってしまうのは寂しい。お台場で無くてもよいので、都心のアクセスしやすいところで、いつか開催して欲しいな。

帰りは新橋駅からすぐの「根室食堂 新橋店」へ。1Fは立ち飲みで、2階は着席になっています。


悪くは無いけれど普通かな。新潟で刺身を食べてしまうと、東京ではなかなか驚かない。




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村






最終更新日  2018.03.22 22:53:14
コメント(0) | コメントを書く
2016.10.29
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
さいたま新都心で開催された「2016ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」に行ってきました。詳しいレポートはcyclowired.jpcyclistなどを見ていただくとして、一言であらわせば、宇都宮のジャパンカップと共に自転車後進国の日本では筆頭の「とっても楽しいイベント」。そして驚くのは、世界のトップ中のトップが来ること。今年はフルームやサガンなどジャージ4賞の全員参加!

こっちは同時開催のさいたまるしぇ。




この店はワイン高すぎ! グラス1杯2000円なんてのもザラ。マルク・ブレディフのヴールエがプラカップで2000円は無いでしょ(6-7杯取り?)。ワインのイメージを悪くするからやめて欲しい。






こちらも同時開催のサイクルフェスタ




さいたまるしぇと比べると少ないけれど、飲食店もけっこう出ています


着いた時間が遅かったこともあり、パブリックビューイングで見ることに。


沿道で見るのと比べると余裕があるので、ワインを飲みながら楽しませていただきました。

公道競技は入場料を取りづらいので持ち出しのイベントだと思うのだけれど、もっと続いて欲しいな。有料入場エリアを広げてもOKですよ。






最終更新日  2016.11.22 22:53:42
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.19
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
前回の続き。

折り返しの歌津エイド(85km)を出発すると、いつものこんな風景。前半は、いつリタイアするかを考えていたけれど、折り返したのであきらめの境地。いかにけがをしないで完走するか。




応援ありがとうございます!




蔵内漁港の蔵内エイド(103km)


カボチャまんじゅうにわかめ汁




蔵内エイドを出たあたりから、時折雨がやむ時間が増えてきた。


ホテル観洋エイド(122km)。このあたりでようやく雨はやんでいたはず。とはいえ道路はまだびしょびしょ。






北上川が見てきた


ようやく最後の北上エイド(147km)に到着。


ここでは甘い茶碗蒸しとホヤ。


途中フミが走っているのに何度か遭遇したけれど、こちらのエイドでも遭遇。


ここまで来ると、あとは平地だけ。このあと30km/h台半ば以上で走る列車に遭遇。これに乗り遅れてはヤバいと思い必死に追走。


ラスト2キロで先頭交代してゴール!


ネットタイム:9時間12分
ゴール時間 :15時37分
距離:GPS計測 175km, 公式 170km

今までより遅いペースだけれど、この天気じゃ仕方ないかな。それになんと言っても、今年50km以上走ったのは、これで2回目だしね。

ツール・ド・東北の様子は河北新報CyclowiredCyclist supported by SANSPO.COMYahoo!NHK NEWSなどにも掲載されています。

【ツール・ド・東北 2016】ダイジェストムービー(9/17、18)
元レミオロメンの藤巻亮太さんが歌うBGMが心地いいけれど、実際の走りは雨で苦痛だった。藤巻亮太さんは日曜日にライブで参加。

自転車はシクロクロス以上にドロドロで砂まみれ。雨具を着ていたけれど、ジャージもドロドロになってしまいました。


おつかれさまでした。2010 Giant TCR Advanced SE。フレームとブレーキ以外は全部交換。たまに新車が欲しくなるけれど、不満は無いので、しばらく乗り続ける予定。


石巻駅から今日の宿泊先(松島)までは電車なのでカンパーイ。


後半雨がやんだのは不幸中の幸いだったけれど、それでも前半から中盤にかけての雨がひどすぎて、厳しい1日だった。やっぱりイベントは天気がよくないとね。

つづく。






最終更新日  2016.10.12 12:19:27
コメント(0) | コメントを書く
2016.09.18
テーマ:自転車(11423)
カテゴリ:自転車
前回の続き。

イベント当日。5時前に起きると怪しい天気。前日から天気予報は悪かったけれど、朝から小雨まじりの天気。予報を確認すると、0m-1m程度の小雨予報だったので、たいしたことないだろうと宿を出発。

スタート時点では、小雨が降ったりやんだりの天気。ロングライド・イベントではフルクラムレーシングスピードのディープリムを履いているのだけれど、この日は雨に備えてフルクラムレーシングZERO NITEを使用。


今までは最長の気仙沼フォンド(211km)に参加していたのだけれど、今回は170kmの南三陸フォンドに参加。コースを変えた理由は、気仙沼フォンドは参加者が少ないので、グループ走行しづらいし、戻り時間が遅くなるからと言うのが理由なのだけれど、今回の雨を考えるとほんとよかった。


小雨予報のはずがけっこうな雨! とくに女川手前の急な下りでは「ブレーキが効かない!」とみんな叫んでます。ブレーキが効くはずのフルクラムレーシングZERO NITEでも、ヘビー級の私ではなかなか止まらず(汗)。めっちゃ怖い。


女川エイド(19km)に到着。雨がひどすぎて、すでに心が折れています。


名物のサンマのつみれ汁


寒いせいか、トイレは大行列




あれこれしている間に雄勝エイド(38km)に到着。


ホタテが超おいしい! 石巻で食べたものでNo1




まだまだ雨は続きます。ヒー! 我慢して走ったけれど、雨がひどすぎて、怖いし、つまらない。ちょうど40kmくらいにある新北上大橋では、リタイア&自走する判断地点。コース案内スタッフにリタイアを相談すると「体調悪いの?」と聞かれる。体調は悪くないのだけれど、この雨で走り続けるモチベーションが...。まわりでリタイアする人もいなさそうだったので(いたかもしれないけれど)、仕方なく再出発。


神割崎エイド(60km)






こんな雨なのに応援していただいて感謝。


折り返しの歌津(伊里前)エイド(85km)


ここではカレー。カレーは211kmでは出ないので初体験。この手のカレーとしては辛口。


ここもトイレ行列がすごかった。


つづく。






最終更新日  2016.10.11 23:17:10
コメント(0) | コメントを書く

全152件 (152件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.