1635381 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青い島のひだまりで

2019.04.23
XML
カテゴリ:女性美&健康
2週間ほど前、満開の桜に雪が積もった。
それなのにきのうあたりから、夏を思わせる気温。
まいるな~💦

ぴよちゃんライン

●roze-piのつれづれ日和♪



クリックしてね♪


◆足に気をつかう
前回の受診から早1ヶ月経過。
詳細は勇気をもってフットケんア外来へ参照。

指サックみたいなもの、トウプロテクションをはめるようになったら、
親指に負担をかけてはいけないと無意識に気持ちが働く。
今度は右指の付け根付近からずっと痛みがでるようになった。

右の足の親指の裏に、ウオノメだかタコができてから
結構長いお付き合い。
この1ヶ月何もせず放置したら、表面がかたくなってきた。
結局2回目の受診で、少し削ってもらった。
写真は、そのあと撮影したもの。

「痛くないと思いますが、痛かったら言ってください」
といわれたけど、今までハサミでカットしていたくらいだから
痛くないと思う、多分。

今回、専門の道具で一部分を削ってもらって、
あとは土踏まずのあたりにインソールを入れていただき完了。

ちなみに足の運動もするように言われた。
指先でタオルをつかむような運動や、
足の筋力が衰えると歩くのに他の部分に負担がかかったりするようだ。





そもそもの原因は、この“タコ”ができているところに
膿がたまって自然完治後にその部分が硬くなるようになった。

その部分は、さわってもるとコリコリしたものがあって、
それが骨らしいことも前回知った。

今回その骨は変形して出てきたのかと確認したら、
そうではないとのこと。
骨が出てきて(というかそれがウオノメの芯だと思っていた)
痛みがあるのではなく、ケアの仕方がいけなかったのではないか!?

2回の治療で気づいたこと。
・足の体操をすることの大切さ
・ウオノメではなくタコらしい
・上手にインソールを活用
・病院にはもっと早くに行けばよかった

結局は、歩く環境を整える必要があったということか!?

来月また3回目の受診。





ぴよちゃんライン





木漏れ日の中で…roze-pi家の食卓日記
ハンバーグ♪

黄昏屋敷の古井戸から…ホラーな日記。真実かって? それは、ひ、み、つ♪

メリークリスマス♪






最終更新日  2019.04.24 20:30:29
コメント(2) | コメントを書く


PR

X

© Rakuten Group, Inc.