1669948 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青い島のひだまりで

2021.02.21
XML
カテゴリ:こ・こ・ろ
きょうは、暖かい!!
もう春が来たかなと思うほど。
るん♪

だんだん春に近づいていくな~♪
るん、るん♪

ぴよちゃんライン

●roze-piのつれづれ日和♪




実は1週間くらい“もやもや”していたことが
すっきりした。
これにて一件落着!?
って感じ?
すっきりぃ💖

それはコーヒー騒動!!


クリックしてね♪
ぴよちゃんライン



◆入れてもらった方がおいしい
わたしの勤める職場。
入った当初、10年ちょっと前になるが、
朝と3時にお茶やコーヒーを当番で入れていた。

今どきこんなことしている会社あるんだ💧
10年余り前でも驚いたが、
“郷に入っては郷に従え”という。

誰がどのカップで、何を飲むか。
コーヒーならブラックかとか
結構覚えるのが大変だった。

それでも時間をかけて、セルフにする努力をした。
部署が変わって人も増えたタイミングで、
「ポットの用意はするので、セルフにしましょうよ」
こう提案したが、
「入れてもらった方がおいしい」
という人がいた。

たしかに…。
実はわたしも感じていた。

同じお茶なのに、当番ではない日、
入れてもらうと香りもよくおいしい。
インスタントコーヒーでさえ、誰かが入れている香りは
とってもいい。

案外、入れている本人は風味等に気づけない。
余談だが、いつもうちでは豆を挽くのだが、
いつも自分で入れるせいか“いい香り♪”と思ったことは
めったにない。

コーヒーの香りはがん予防にいいとか聞いたことがあるが、
コーヒーを好まずあまり飲まなかった父は、
毎度コーヒーのいい香りを感じていたと思うが、
胃がんで亡くなったし、あまり関係ないのかも?

話がそれたが、“入れてもらった方がおいしい”とまで
いわれてしまったからには、わたしの善意で
入れてあげようと思った。

実際出張も多い人なので、
週に1~2度程度、負担にもならなかった。

そして何年かが過ぎ去った。


◆お茶&コーヒーの支給廃止
会社でお茶とインスタントコーヒーを買ってくれていたのだが、
昨年夏くらいに、
在庫が終わったところで廃止という通知があった。

それでもお中元やお歳暮でいただく分もあるのか、
つい最近までなんとかインスタントコーヒーは支給されていた。
それがついに終わる!

「コーヒー支給されなくなるので、
在庫がある分は入れますね」

終わりの日までカウントダウン中。

ところがいよいよなくなるという時、
「これ、みんなで飲もうよ」
“善意”でインスタントコーヒーを買ってきてくれた人がいた。

わたしなどは、午前中には美酢を持っていくし、
午後は氷の入った水(通年)のため飲まないし、
それぞれに持参しているものがある。

飲む人は限られている。
「名前書いて棚に入れておけば?
お金かかっているんだし…」
そういてみたのだが、
「いいよ、みんなで飲めば…」
という。


◆もやもや葛藤がはじまる
コーヒーを入れるのがちょっと億劫になった。
なぜって、“善意”とはいえ人が買ってきたものを
“常に”もらうっていうのはどうなんだろう。

また、わたしがもらうわけではない。
わたしなら、お金を半分出すとか、
次は買ってくるとかしたい。

となると、面倒なので、
自分のは自分で用意すればいいと思ってしまう。

1週間近く、同じ部署の人と葛藤を分かち合った。
少なくとも、会社支給のコーヒーは終わってしまって
“善意”で買ってきてくれたコーヒーはある。
入れるにしてもそのことをわかってくれないと困る。

わたしが休みの日に状況が少し変わった。
会社支給のコーヒーは終わり、
“善意”で買ってくれたコーヒーがあること。
いつも入れてあげている人が、
「いただきます」と言ったそうで
引き続き入れてあげることになった、と。


◆ずっと入れてあげるのか
状況が伝わり、いただきますとも言ってくれた。
でも、ずっとずっと入れてあげなきゃいけないの?
また葛藤がはじまる。

人が買ってきたコーヒー。
飲むのはわたしではない。
飲むのなら自分で入れてほしい。
だが、今さらながらでいいにくい。

逆に買ってきたから入れてといわれたら、
快く入れてあげられる。
だからといって、「買ってきたら?」とも
いいにくい。


◆突然に騒動終息する
この話を他の部署に人に話した。
「まだそんなことしているの?
今、自分で入れなきゃいけないんだよ!」
といわれてしまった。
はて?

過去のメールをさかのぼって、
送られてきた通達の確認をした。

会社支給のコーヒーやお茶の廃止の通達に、
コロナ感染対策として、
お茶出しをやめて自分で用意や片づけをする
ような記載があった。

支給の廃止しか記憶になかった💧

たしかに、つい先日ネットで見た。
家族が感染して、隔離をしたが食器の受け渡しで
介護していた家族が感染したのではとあった。
次は、使い捨てを使ったら次に介護した家族は
感染しなかった、とか。

「実はこういうことなので、
お湯は沸かしておくので、自分で入れてください」

と、もやもや騒動解決!


◆心が狭いのか
わたしは、心が狭いのかなと考えた。
たしかにお中元などでインスタントコーヒーをもらって
家で飲まないなら、会社に持って行く。
「家で飲まないからご自由に飲んで~」
と、むしろ寄付する。

でも、自分が買ってきて「自分でも飲むけれど、
みんなも飲んでいいよ」といったとしても、
気が付いたら半分も終わっていたら、
え? と思ってしまう。

でもまあ、あとは“善意”と“どう善意を受け取るか”は
当事者同士なので、もうわたしは
あれこれ考える必要はない。


◆アイス&お菓子事件を思い出す
今回のことでふと思い出した。
父が健在のころのこと。

「お父さん、食べていいよ」
いつもそういう。

いつだったか箱入りアイス。
6本くらい入っていると思うが、
食べようと思ったら残り1本だった💦
「食べないうちに1つしか残ってない!!」

かりんとうなど父が好きなお菓子。
まだ開けたばかりだと思ていたのに、
「えぇぇ! もうこれだけ!?」

父は涼しい顔をして何も言わなかった。
まあ、親子だしこのあたりはいつものこと。
さらに、食べきれないところが父の作戦!?

だからといって、父は買ってくることもない。
でもまあ、親子だからこのあたりは
食べたからといってどうこうなるものでもない。










ぴよちゃんライン






木漏れ日の中で…食卓日記
芋汁&シューマイ♪


黄昏屋敷の古井戸から…ホラーな日記。真実かって? それは、ひ、み、つ♪

メリークリスマス♪












最終更新日  2021.02.21 16:07:10
コメント(0) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.