1635948 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青い島のひだまりで

2021.07.16
XML
テーマ:エアコン(690)
長野県、梅雨明けした模様!?

今年は梅雨っぽくなかった。
いや、5月にこのまま梅雨入り!?
そう思ってしまった時期もあったが、
梅雨の時期は短かった。

洗濯物の部屋干しも、5月に1週間程度。
梅雨入りしてからは、完全部屋干しは10日程度だったかな?
洗濯物には除湿機!!
3時間くらいでカピカピに乾いていた。

コレを使っています。
梅雨時の部屋の除湿にも使います。
22時から6時ころまで湿度55%設定で
つけておきます。



梅雨が明けてしまったが、
梅雨時のエアコン&除湿機の活用方法。

あるものは使わなきゃ!!


ぴよちゃんライン

●roze-piの鳥かごプロジェクト♪



週間天気予報を見ると、
梅雨明け以降、猛暑が心配だ。
最高気温、35度とか36度とか見た!!

職場でもエアコンがないお宅とか、
何年か検討しているけれど、
コンセントだけついているけど壁に穴をあけるところから
はじまるから迷っているなどという話を聞く。

「え? コンセントだけ??」
そうなのぉ?

うちは、建てたときにエアコンも一緒に購入してつけてもらった。
将来的につけるのなら“穴”をあけておくこともできる、と聞いた。

これから建てるのなら、しっかり確認した方がいい。
自分で家電量販店などでエアコンを買って
工事を依頼した方が安いとは思うが、
多少お金がかかっても建てるときに
一緒にやってもらった方が楽だと思う。


クリックしてね♪

ぴよちゃんライン

◆梅雨時のエアコン設定
エアコン生活3年目。
梅雨時は、エアコンをつけると寒くなるのが難点。

再熱除湿のエアコンにすればよかった💧
どうにもならないけれど強く思う。
多少電気代が高くとも、梅雨時は気温がそんなに高くなく
湿度さえ押さえられれば室内は過ごしやすいはず。

昨年に除湿機を購入して、寒くならない除湿をしようと試行錯誤。
今年の梅雨は、比較的快適に過ごせた。

【目標にした室温&湿度】
室温 24度
湿度 60%以下

【方法】 ==朝昼晩クールダウン作戦==
いない部屋のエアコンのスイッチオン!
LDKにエアコンは梅雨時は使わない。
アイドル的インコ、クレちゃんが寒くないように気を使う。

▼朝
朝、6時~時まで2Fのエアコンオン。
7時から8時くらいまで1Fのわたしの部屋のエアコンオン。

朝の室温や湿度によって“除湿”か“冷房”を選ぶ。
この2台のエアコンは
弱冷房除湿で“除湿”を選ぶと温度設定ができない。
梅雨の時期は、“除湿”が多かった。
昼間、2Fは湿度は50%くらいなのに
室温が26度くらいという日があり
その場合は冷房を選んだ。

30分くらい送風にしてから電源オフ。
かびないようにクリーン運転させると、
逆に湿度が高くなることがあったので
送風にしてからオフにしている。

▼お昼
お昼は外気温が上がった時。
上がらなければ、室内までそんなに暑くならないので
昼間はエアコンを付けない。
お昼休みに戻った際、30分程度付けたこともある。

▼夕方
夕方17時~19時半くらいが同じく
除湿か冷房をつけて送風にしてオフ。

▼22時~翌6時
22時。
深夜電力タイムになる時間に、湿度が60%を越えている時は、
除湿機をつけるようにした。

55%設定。
下がるととまるので必要以上の除湿はしない。
それでも朝、2Lくらいの水が溜まっているからびっくり。


◆電気代予想
中部電力のスマートプラン契約。
7月の電気代の予想は、6300円くらいと出ている。
昨年よりも1300円くらい多い予定。
この増額分は、深夜電力で除湿機が使った電気代になると思う。





雨の日が多いと、
平日の昼間に発電でまかなえなくなるので電気代が上がる。
それでも除湿機で洗濯物がカピカピに乾くと気持ちがいいし、
夜の除湿機稼働も冷房なしで快適に眠れる。

梅雨が明けたし、昼間が35度くらいいなり
熱帯夜になったら、1Fリビングのエアコンを
24時間稼働させる予定。
打合せの時に営業さんに言われたとおり、
夏、エアコンはつけっぱなし。
出かけるときも切って行かない。

昨年は、昼間26度除湿(リビングのは温度設定できる除湿機能)で
夜は送風にしていた。
さて今年の夏はどう設定するか!?

ぴよちゃんライン



過去の記事はココから

🐣鳥かごプロジェクト





ぴよちゃんライン





木漏れ日の中で…食卓日記
コロッケ&お刺身♪


メリークリスマス♪






最終更新日  2021.07.16 22:58:00
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

X

© Rakuten Group, Inc.