1811865 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

青い島のひだまりで

2022.06.21
XML
朝の散歩の際、
鳥が宙で一瞬とまった。

パタパタ、と。
あぁぁ!
まさに狩りの瞬間だ!

ヒヨドリが蝶をとらえようとしていた。
次の瞬間、蝶は道の端に舞い落ちた。
羽の一部が欠けていた。
そのヒヨドリは近くの枝にとまっている。

通り過ぎてしまったので、ここまでしか見ていない。
ヒヨドリは蝶が落ちたところ、
わかってるのかな…。
気づいていなかったとしても、
誰かのエサになるかな。
食物連鎖を目の当たりにした感じであった。

人だって、狩りや採集の暮らしをしていた時代があり、
それから稲作へとつながり…。
つくり育てる、飼い育て、やがてはそれが
自分たちの糧となるような生活。

ん?
きょうのネタもある意味、
人が育てること、作ることをはじめた
結果かもしれない💕

届きました!
宝石のようなコレ、コレ!!


ぴよちゃんライン

●roze-piのつれづれ日和♪




クリックしてね♪

◆さくらんぼ
今年もいただきました。
佐藤錦。
Louiseさんからのお届け便。

今年はなんか赤い!!
深みのある赤。
そして、さらに甘い!!





◆夕飯に
ちょうど夕飯だったので、添えてみる。
映えるね~。
主役は鶏のから揚げではなくさくらんぼ🍒






◆食いしん坊クレちゃん
目は口ほどにものをいう、というけれど
大きな目でしっかりと見ていたクレちゃん。
「クレちゃんにもあとであげるから!」

フルーツ大好き、クレちゃん。
おいしくいただいています💕





このあと事件が勃発。
母が2Fから下りてきたので、
「さくらんぼ…」
といいかけたら、ガブリ。

さくらんぼを食べていたクレちゃんが、
わたしの唇をガブリ。

「痛いじゃん!」

あ!
そうだった

「クレちゃん、嫉妬深い男は嫌われるよ。
血、出たかも…血の味がする💧」

そうなのだ。
クレちゃんが肩にいるときは、
気持ちがほかに向いてはいけない。
クレちゃん以外と話してはいけない。

なぜって、噛むから。

母に話しかけたことがいけなかったらしい。
さくらんぼ、冷蔵庫に入れたよといいたかった💧

“どうかしたの? 怪我したの?”
大きな目でちらっと見ながら、
またさくらんぼを食べるクレちゃん。

うちに来て3年半余りが過ぎ、
秋には4年になる。

近頃、“呼び鳴き”もするし、自己主張も多い。
ま、うちの鳥になったということか。

毎朝、クレちゃんのケージにはフルーツプレートが入る。
バナナとキウイ、お昼に冷凍ミカンが追加される。
そして、しばらくはさくらんぼ🍒も!




ぴよちゃんライン





木漏れ日の中で…食卓日記




メリークリスマス♪






最終更新日  2022.06.21 22:11:19
コメント(2) | コメントを書く


PR


© Rakuten Group, Inc.