130946 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

RRR

2006.06.08
XML
こんばんは、犬神です。
なんだかこのページがハルヒに染まりつつあるわけですが
昨日みたハルヒの感想でも書きまっす!!




* * *



涼宮ハルヒ3の後の話です、長門、朝比奈、古泉からハルヒのことを説明されたあと
の話を思い出してください。

haruhi1

朝、教室にくるとハルヒが具合が悪いのか朝倉涼子が話しかけてた
なんど話しかけても返答がないので「お願いね♪」といい去っていった


反省会になぜ来なかったと問うと、土曜日に歩き回ったコースを一人でまわっていたとの事


そんなハルヒの会話中キョンは下駄箱に入っていたメモを気にしていた
前に貰った長門との文字とは全然違うし、ハルヒならまえみたく階段の踊り場まで連れて行って
話すだろうし同じような理由で古泉も却下(笑



haruhi2

なにをするまででもなく朝比奈さんとオセロをしていると
古泉やってき「バイトがある」とのこと
長門が本を読むのをやめると部活も終了という暗黙のルールにより
キョンは教室に足を運ぶ


haruhi3

そこにいたの朝倉涼子であった、音なしで見るとまさに告白の場面にみえるぞ!!
キョンには理解不能なことを一通りはなすと「だから、あなたを殺して 涼宮ハルヒの出方を見る」

haruhi4


とだけいってナイフ片手に襲い掛かってくる
そして朝倉涼子の意思によって教室から出られなく閉じ込められる


クロックタワー外伝が頭に浮かんだんですが俺だけでしょう

haruhi5

キョンは机を投げたり応戦するものの動きを止められピンチに!
とどめを刺そうとした瞬間、部屋の壁がくずれ、キョンも動けるようになっていた

長門参上っ! (*´∀`)-=3

しかし良く動くな今回!やりおる!


haruhi8

普通じゃありえんようなバトルが繰り広げられ、キョンを守りながら戦うのは難しく

とんでもない状態へ!ひゃああああああ長門がああああ!!
とか思ってたらあら案外平気そう(はぁと
長門のほうが一枚上手のようでここはどうにか朝倉涼子の空間プログラムは崩壊し
朝倉涼子は「それまで涼宮さんとお幸せに、じゃあね!」とだけいい消えていった

漫画版ほど悪役にはみえなかったなぁ


haruhi9

教室を元にもどし終えると眼鏡を再構築するのを忘れる長門

「してない方が可愛いと思うぞ、俺には眼鏡属性ないし」

「眼鏡属性ってなに?」

「ん!なんでもないタダの妄言だ」

僕は眼鏡属性というより眼鏡をかけさせるのに激しくm ゲフンゲフン


haruhi10

次の日学校へいくと朝倉涼子は転校したことになっていた
今回も下駄箱に手紙がはいっており差出人は朝比奈みくるとなっていた
キョンは前日あんな目にあったのにも関わらず昼休みに教室に向かうことにした


haruhi11

そこにいくとソレは朝比奈さんではなかった朝比奈さんに似ている
女性がたっていた
信用してもらうために胸元の星型のほくろをみせ納得させると
重要な情報というのを話し始めた

それはこれから来る問題に出くわしたときに「白雪姫」というワードを思い出して欲しいと
「ハルヒはその状況を困った状況とは思ってない」とヒントを言い残しへやを出ようとした時


「最後にもう1つだけ、私とはあまり仲良くしないで・・・」

「俺にも1つ教えて下さい!朝比奈さん・・・今、歳いくつ?」




「禁則事項です♪」


それは まるで見るもの全てを恋に落としそうな笑顔だった

次回、「射手座の日」

次回も期待です。


>>追記

そういえば次回予告の


次回涼宮ハルヒの憂鬱 第11話『射手座の日』
それではみなさんおまちかね~
涼宮ハルヒ!レッディ~


ゴー!!

ってGガンネタですね



end...



ただいまポイント2倍! 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 限定版 ◆20%OFF


涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版






最終更新日  2006.06.08 20:57:55
コメント(6) | コメントを書く
[アニメ、マンガ感想] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.