2019.02.10

高画質のAHDI防犯カメラをネット通販で購入

ネット通販で AHD アナログ ハイビジョン という防犯カメラを購入

 ■自宅は犯罪発生率が非常に低い田舎なので、玄関をリフォームした時に防犯カメラの設置を勧められても必要ないと断ってしまいました。しかし、リフォームが完了して1年が過ぎたころから近所で空き巣の被害が出るなど段々物騒な話を聞くようになり、防犯カメラを設置しなかったことを後悔してしまいました。これから取り付けるといっても、業者に依頼すればそれなりに金額になることは間違いなく、予算もあまりないことだし自分で設置することができるカメラを通販で探してみることになりました。すると、意外と安く買えることが分かって安堵し、しかもワイヤレスなので自分で設置するのも簡単だということで、レビューで評判が良かった防犯カメラを購入したのです。商品が到着しさっそく取り付けようということになったのですが、ここで問題が発生しました。家族全員機械音痴でLANケーブル接続とかSDカードとか、何を言っているのかさっぱり分からなかったのです。ワイヤレスだというので配線の知識など不要だと思ったのに甘かったです。結局、電気関係に詳しい知人に来てもらい設定をお願いしました。知人曰く、パソコンやスマートフォンが使えれば分かる程度の商品なのだそうです。我が家はパソコンの設定は業者任せ、スマートフォンではなくガラケーを使用しているので仕方なかったのかもしれません。無事に防犯カメラは毎日作動していて、幸いなことに怪しい人物をとらえたことはありませんが、ハクビシンやタヌキなど思ってもみなかった動物が映っていることがあり、それはそれで想定外の楽しみになっています。

防犯カメラ専門店にたのんだほうがやっぱり安心、工事・設置は専門店へ

 ◇自営業で小料理屋をやっているのですが、夜遅くまで開店していることもあり、防犯カメラはあった方がよいということで設置しています。最近近所のお店が泥棒に入られたという話と、現在使っている防犯カメラのモデルが古くなってきたので、防犯の意味も込めて新規格AHD アナログハイビジョンの防犯カメラを購入することにしました。防犯カメラは以前出入りしていた街の電気店に設置してもらったのですが、その電気店は店をたたんでしまったため、自分で設置することしました。ネット通販でも買える時代になり、ネットで検索してみると安価なものから高価なものまでありました。その中でも自分で設置できそうなモデルを選んで購入しました。カメラ画像が鮮明になり、録画もできるのでいざというときに使えそうです。





TWITTER

最終更新日  2019.02.10 04:26:36
コメント(0) | コメントを書く