157898 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

プー子の部屋

『百万回生きたねこ』(=^・^=)ニャン



「百万回生きたねこ」         佐野洋子

100万年も しなない ねこが いました。
100万回も しんで, 100万回も 生きたのです。
りっぱな とらねこでした。
100万人の人が, そのねこを かわいがり, 100万人の
人が, そのねこが しんだとき なきました。
ねこは, 1回も なきませんでした。

あるとき, ねこは 王さまの ねこでした。ねこは,
王さまなんか きらいでした。
王さまは せんそうが じょうずで, いつも せんそうを
していました。そして, ねこを りっぱな かごに いれて,
せんそうに つれていきました。
ある日, ねこは とんできた やに あたって,しんでしまいました。
王さまは, たたかいの まっさいちゅうに, ねこをだいて なきました。
王さまは, せんそうを やめて, おしろに, 帰って
きました。 そして, おしろの にわに ねこを うめました

あるとき, ねこは 船のりの ねこでした。 ねこは,
海なんか きらいでした。
船のりは, せかいじゅうの 海と, せかいじゅうのみなとに ねこを つれていきました。
ある日, ねこは 船から おちてしまいました。
ねこは およげなかったのです。 船のりが いそいで
あみで すくいあげると, ねこは びしょぬれになって,しんでいました。
船のりは, ぬれた ぞうきんのようになった ねこをだいて, 大きな声で なきました。 
そして, 遠いみなと町の こうえんの 木の下に, ねこを うめました


あるとき, ねこは サーカスの 手品つかいの
ねこでした。 ねこは, サーカスなんか きらいでした。
手品つかいは, 毎日 ねこを はこの中に 入れて,
のこぎりで まっぷたつに しました。 それから
まるのままのねこを はこから とりだし,
はくしゅかっさいを うけました。
ある日, 手品つかいは まちがえて, ほんとうに ねこを
まっぷたつに してしまいました。
手品つかいは, まっぷたつに なってしまった ねこを
両手に ぶらさげて, 大きな声で なきました。
だれも はくしゅかっさいを しませんでした。
手品つかいは, サーカス小屋の うらに ねこをうめました。

あるとき, ねこは どろぼうの ねこでした。
 ねこは,どろぼうなんか だいきらいでした。
どろぼうは, ねこと いっしょに, くらい町をねこのように しずかに 歩きまわりました。
どろぼうは, いぬのいる 家にだけ どろぼうにはいりました。 
いぬが ねこに ほえている あいだに,どろぼうは 金庫を こじあけました。
ある日, ねこは, いぬに かみころされてしまいました。
どろぼうは, ぬすんだ ダイヤモンドと いっしょに
ねこをだいて, 夜の町を 大きな声で なきながら,
歩きました。 そして 家に帰って, 小さなにわに ねこをうめました。


あるとき, ねこは, ひとりぼっちの おばあさんの
ねこでした。 ねこは, おばあさんなんか だいきらいでした。
おばあさんは, 毎日 ねこをだいて, 小さなまどから外を 見ていました。
ねこは, 一日じゅう おばあさんの ひざの上で,ねむっていました。
やがて, ねこは 年をとって しにました。 よぼよぼの
あばあさんは, よぼよぼの しんだねこを だいて,一日じゅう なきました。
おばあさんは, にわの 木の下に ねこを うめました


あるとき, ねこは 小さな 女の子の ねこでした。
ねこは, 子どもなんか だいきらいでした。
女の子は, ねこを おんぶしたり, しっかり だいてねたりしました。
 ないたときは, ねこの せなかで
なみだを ふきました。
ある日, ねこは, 女の子の せなかで, おぶいひもが
首に まきついて, しんでしましました。
ぐらぐらの頭に なってしまった ねこを だいて,女の子は 一日じゅう なきました。 
そして, ねこをにわの 木の下に うめました。
ねこは しぬのなんか へいきだったのです。

あるとき, ねこは だれの ねこでも ありませんでした。
のらねこだったのです。
ねこは はじめて 自分の ねこに なりました。
 ねこは自分が だいすきでした。
なにしろ, りっぱな とらねこだったので, りっぱな
のらねこに なりました。

どんな めすねこも, ねこの およめさんになりたがりました。
大きなさかなを プレゼントする ねこも いました。
上等のねずみを さしだす ねこも いました。
めずらしい またたびを おみやげにする ねこもいました。 
りっぱな とらもようを なめてくれるねこも いました。
ねこは いいました。
「おれは, 100万回も しんだんだぜ。 いまさらおっかしくて!」
ねこは, だれよりも 自分が すきだったのです。


たった 1ぴき, ねこに 見むきも しない, 白い
うつくしい ねこが いました。
ねこは, 白いねこの そばに いって,
「おれは, 100万回も しんだんだぜ!」と いいました。
白いねこは,「そう。」
と いったきりでした。
ねこは, すこし はらをたてました。 
なにしろ, 自分がだいすきでしたからね。
つぎの日も, つぎの日も ねこは, 白いねこの ところへいって, いいました。
「きみは まだ 1回も 生きおわって いないんだろ。」
白いねこは,「そう。」
と いったきりでした。


ある日, ねこは, 白いねこの 前で, くるくると 3回
ちゅうがえりをして いいました。
「おれ, サーカスの ねこだったことも あるんだぜ。」
白いねこは,「そう。」
と いったきりでした。
「おれは, 100万回も・・・・・・。」
と いいかけて, ねこは,
「そばに いても いいかい。」
と, 白いねこに たずねました。
白いねこは,「ええ。」
と いいました。
ねこは, 白いねこの そばに, いつまでも いました。


白いねこは, かわいい 子ねこを たくさん うみました。
ねこは, もう,
「おれは, 100万回も・・・・・・。」
とは, けっして いいませんでした。
ねこは, 白いねこと たくさんの 子ねこを,
自分よりも すきなくらいでした。


やがて, 子ねこたちは 大きくなって, それぞれどこかへ いきました。
「あいつらも りっぱな のらねこに なったなあ。」
と, ねこは まんぞくして いいました。
「ええ。」
と, 白いねこは いいました。 そして, グルグルと,
やさしく のどを ならしました。
白いねこは, すこし おばあさんに なっていました。
ねこは, いっそう やさしく, グルグルと のどをならしました。
ねこは, 白いねこと いっしょに, いつまでも 生きて
いたいと 思いました。


ある日, 白いねこは, ねこの となりで, しずかに
うごかなく なっていました。
ねこは, はじめて なきました。 夜になって, 朝になって,
また 夜になって, 朝になって, ねこは 100万回もなきました。
朝になって, 夜になって, ある日の お昼に, ねこはなきやみました。
ねこは, 白いねこの となりで,
 しずかに うごかなくなりました。

ねこは もう, けっして 生きかえりませんでした。




Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.