639039 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

メガネ男子は別腹☆楽天

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

カテゴリ

バックナンバー

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

お気に入りブログ

Instagramとの連携が… New! 楽天ブログスタッフさん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

うたの☆プリンスさま… なぎさ美緒さん

姪太郎日記~ネコの… ふる&姪太郎さん
Sweet パラダイス さくらこ2230さん
戦場の絆wwwwww!Rev… ララ アスンさん
2008.10.15
XML
テーマ:アニメ!!(3418)
カテゴリ:アニメ ナ行
ようやく隠の王(なばりのおう)の最終回を見ました~!

宵風が下した決断のシーンで、一旦録画を止めないとホンットやばかったです(´;ω;`)

あのEDテーマこそが…ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

本家はキャプ付きですので、そちらをご所望の方はさくっと飛んでください☆



存在そのものを消し去って欲しいという利己的な願いで、雷光をはじめ多大なる犠牲者が出たことに、自分を責め続ける宵風。

宵風の所為ではなく、自分の意志で友達である宵風を助けようと思った。
雷光や俄雨、雪見たちだって同じ。

それを裏切ったら、みんなの思いはどうなるの?

宵風のことは宵風が決める。
それがみんなの思いに応えることなんじゃないの!?

壬晴は熱弁します。

壬晴ってホンット見違えるほど変わったよなぁ。
無気力無関心小悪魔小僧は何処に行った?


僕が決めていいの…?
しばしの逡巡の後、宵風は壬晴をじっと見つめてきます。

森羅万象は表に出たがってる。
今の俺ならきっと宵風の願いを叶えられる。

僕の…望みは…

このままで。森羅万象は要らない。
あるがままの僕でいさせて!

宵風はかつてないほど強い口調でそう壬晴に言いました!

小太郎が屋根でずっこける位に(苦笑)
小太郎思惑が外れてざまぁw


壬晴やみんなの気持ちを消したくないから、森羅万象はもう要らない。
雪見や雷光や壬晴に出会えたその思いを胸に、残された僅かな時間を生きたいんだ。

わかった。宵風がそう望むのなら、森羅万象はもう使わない。

妖精さんは往生際悪く、尚も壬晴をかどかわそうとします。

もう決めたんだ。森羅万象は必要ない!
これは俺の意志だ!

宵風の意志と壬晴の意志。
それぞれが森羅万象を拒絶した!!

森羅万象は最早、壬晴の奥底で眠りにつくほかなかった。

さよなら…妖精さん。


俺も一緒にいるよ。残された君との時間をここに刻んでおくために。

森羅万象の最後の誘惑を振り払った壬晴は宵風の意志を汲み、最期のその瞬間まで共に生きることを決意するのだった。


隠の王 ―完―


…今回の感想、ここで終わって良いですか?(マテ

あんなにも自分の存在を根本から消し去ることに頑なに拘っていた宵風が、ありのままの自分と運命を受け容れるなんて…!

そして宵風の意志を固めさせるきっかけともなった、必死に語りかける壬晴がいじらしすぎるのよ。・゚・(ノД`)・゚・。ウワーン!!!!!

もうダメだ。これ打ってても涙目だ。



そして…穏やかな日々が戻ってきます。

決着が付いた後のエピローグが、ここまで長く余韻に浸れる作品というのも、近年稀ではないでしょうか?

宵風は英おばちゃん宅にご厄介になっていて、そこには俄雨も居ました。

昼間暇だからって、編み物をしちゃう宵風たま。
マフラーを編むのだとか。

宵風、口調がかなり良い方に変わっている上に、表情が物凄く柔らかくなってる!
けれど髪がかなり伸びているので、雪見ィー!髪切ってあげてーッ!


英おばちゃんは子供が何人も出来たみたい♪な~んてのんびり言うと、帷先生マジリアクションしてやんのw

いや、英おばちゃんだってまだまだ間に合うぞ!

キスしてるところをレインボー眼鏡と雷鳴に、まーた見られちゃいましたね(・∀・)ニヤニヤ


シラタマは長い間姿を見せなかったらしいっす。

オイオイ、私なら一晩猫が帰ってこないだけで大慌てで不眠症になるぞ(過保護!)←大抵余所ん家の車庫に閉じ込められていること多し。

しかも虹一の不死の秘密もようやく壬晴の耳に入り、シラタマ=しじまである正体バレもここでか~!

アルヤ編ラストで無かったから、一体どうするつもりなのかと思いきや!
まぁ中の人で殆どの方はピンときているでしょうが。



壬晴と帷先生の会話も結構いいシーンだったんだけど、その後乾物屋の前でひょっこり出くわした雪見の寂しそうな横顔がこれまた切ないのよ~!

雪見は未だ灰狼衆に身を置くが故に宵風には会えないと、壬晴にレモネードのレシピを託して行ってしまったのです。
雪見は精神的にダントツに一番大人だから、宵風の事は壬晴に全て託したのね(´;ω;`)

そのレシピにはとあるメッセージも添えられていました。


やはりと言うべきか、ラストは雪見が調べてくれた香道家(宵風の生家)を訪ねます。

そこで壬晴と宵風は、宵風を棄てた父親とばったり出くわし、宵風の表情が一瞬こわばります。

ひょっとして父親に気羅を…なんてことは勿論なく、庭がとても綺麗で…と宵風もこんなこと言えるようになったんだなぁ…と。

壬晴に会えて良かった。

そう呟くと宵風はバス停のベンチで壬晴の肩に寄りかかります。

えぇ~!?もしかするともしかしてここで逝くんじゃ…!

その後すぐに隠の王のメインテーマとも呼べる素敵な旋律のオーケストラ曲が流れて締めの空気になったので、マジに焦りました!


帷先生に車椅子で引かれ、風に煽られて髪がなびく宵風。
髪も伸びたし宵風が女の子にも見えてたまんねぇっす!

そんな小春日和の或る日、庭先でマフラーを編む宵風。

お茶にしようと言う壬晴の誘いで、レモネードを頼んだその矢先…!

宵風はキラキラと輝く砂塵となって、空に舞い上がって逝ってしまうのでした。

忘れないよ、宵風。君のこと…。


宵風が臨終を迎えるまでの数ヶ月間、すっかり雰囲気も表情も柔らかくなって、彼の過酷すぎるあまりにも短い人生を思うと、最期だけでも穏やかな日々を送ることができて…良かったです(;_;)



あとがき

このアニメはアニメ化される数年前から、本屋で平積みになっていたので何かしらの引力を感じたのですが、己のインスピレーションには従うべきですねぇ。

絵もキャラも話も何もかもが私好みでした!

というかこんなに真剣にアニメを見て(本家では)キャプ付けて長文で感想綴るだなんて、他のアニメではまずあり得ないことです(笑)

多分今後もこのテンションでアニメ感想をブログに書くことは、恐らくしばらくの間は無いかもしれません。
まぁそれくらいにツボだった訳ですよ!


悔やまれるのは8月に体調を崩しまくるわ、完治する前に家のゴタゴタに巻き込まれて(尚継続中…)、ブログに割く時間が大幅に減ってしまうわで、ラストまでこのテンションが持続できなかった事が残念でなりませんでした。

まぁ内容も18話の『呼ぶ声』でミハヨイの最高潮を迎えた後、結構たらんこたらんこしていたから、大したことは書けなかったと思いますけどね(^^;)

けれどラストは物凄く長い余韻に浸れるものでした。
見続けて、完走できて本当に良かったです!


時差のある地域に住む身ですし、アニメ感想書くのがお世辞にも得意ではないので、深夜アニメ感想での集客は殆ど期待していないブログなのですが、有難いことに隠感想に関してはキャプや壁紙を付けたりしていたし、尚且つテキストも真面目に書いていたので、うちのブログにしてはかなりコメントが付いたりして反応があったのも嬉しいことでした!

読んで下さった方、ありがとうございました!


http://animenoreview.blog17.fc2.com/blog-entry-10.html#trackback






最終更新日  2008.10.15 21:10:18
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.