Rune&Neo 怪獣日記

敗血症

        Runeの敗血症
          今、言われている元々の原因としては川崎病ではないかと言われています。
          それが心臓にいき心筋炎を起こし、体が弱ったところへ感染症を拾い、敗血症になったと言われています。
          そして敗血症になったかと思ったら肺水腫になってそして急変してという過程でした。
          あっという間に悪化していったので、何が何の治療なのかわからないほどでした。
          結局敗血症の原因菌がわかったは1週間後のruneの容態が落ち着いた頃でした。
          いわゆる院内感染です。


        敗血症とは
          敗血症とは、血液の中に細菌が侵入し、全身に炎症を起こす病気です。
          全身を巡る血液が細菌に犯されるために重症になりやすい病気です。
          体に抵抗力がないと症状が悪化する怖れがあります。
          多くの場合は、体のどこかに細菌が感染していて、その細菌が免疫力で退治できなくなくなり
          全身に広がってしまうという経緯で発症します。中には敗血症ショックを起こして死亡する場合もあります。
 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.