000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

♪お気楽ぅ~なアロマ&ハーブ生活

PR

全7件 (7件中 1-7件目)

1

NARD

2006年10月03日
XML
カテゴリ:NARD



NARDのレッスン基礎編・6回目、最終回です。

最終回と言っても、基礎編が終了したら今度は応用編が待っています
応用編まで終了しないと、アドバイザー試験は受験出来ない仕組みに
なっているんですね。
これは「認定校で勉強しないと受験資格ないよ」という
JAAのアロマコーディネータ資格取得と同じ仕組みですね
(私はこの認定校ってのを、この秋に開く予定だったのですが・・・
BABYを授かったので、延期です~いつになったら開校出来る?)。
AEAJは独学で1級試験受けられますよね。その後に講習を受けて
アドバイザー認定してもらえるんだったっけ?


何にせよ、アロマ資格取得&資格維持の為にはお金がかかりますわん(^^;
世の独身男性よ、結婚相手はアロマに興味のない女性の方が
お金かからなくて済みますよ(笑)←@ひーの心の叫び?



・・・さてさて、夢のない話はもうこの辺にして・・・(^_^;)
基礎編最終話です。


主に学んだのは「座標軸」


この言葉に、文系の学習も怪しい・のーたりんれいこ、
この時点で、既にビビりまくりです。
簡単にお話しすると、精油のエアロゾル(大気中の浮遊微粒子のこと・要は霧)
によってもたらされた電荷を研究したお偉いサンが、
フランス・アロマテラピー大全(上巻)の中で述べているらしいですが
(読んでません・・・インスト失格・・・こっちに内容詳細あり)、
電気座標系で


プラスに帯電した分子は強壮作用・刺激促進作用を示す       
       (シナモン・カッシア etc)
マイナスに帯電した分子は鎮静・緩和の作用を示す
       (クラリセージ・カモミールRetc )


・・・んだってさ。
(10/4訂正:↑ の精油、逆になっていましたので改めておきます、失礼致しました!)

精油の持つ特性の一つの判断材料になるという訳です、これらの化学実験は。
臨床データ好きの方には、NARDの学習はお茶のこなのでしょう。
でも、ま、アドバイザー程度の学習内容では、小難しいことは出てきませんよ。
なんたって、のーたりんれいこがフムフムと聞いていられる位なのですから(笑)


しかし、○○類~~のなんちゃらら(ex;モノテルペンアルコール類のリナロール)は
どのような特性を持つか、と言う事は暗記が必要でしょね。
「ひたすら書く・書く!書いて記憶させる!」が重要になってきます。
ま、何度も繰り返していると、自然に覚えられるものです。
アロマを深く知りたい!と思う最初の気持ちに邪心がなければ、
挫折することはないでしょう、暗記からはね。
(でもね、つわりの苦しさで苦労して覚えたつもりの記憶がぶっ飛んだのは正直なところなのよ・・・)





その他、こんな時にはこんな精油のセレクトがオススメよ!ということも
学習しました。コレも精油の持つ特性(成分から照らし合わせて)を
考えての上でのデータなのでしょうね。


勉強部屋にはローズマリー類と同じくして、ニアウリCT1
セレクトの中に入ってました。
あまり普段使いしない精油でしょうか?(さほどメジャーじゃないよね?)


ニアウリCT1:学名~Melaleuca quinquenervia CT1(Cineole)
        科名~フトモモ科

        酸化物類の中でも1.8シネオールを多く含む
        抗感染・抗ウィルス作用が強い
        セスキテルペンアルコール類自体にもホルモン用作用が認められるが
        ネロリドール・ビリディフロロール(エストロゲン様作用)も含有される為
        妊産婦に対する使用には注意を要する
       
         ※座標軸においては+に帯電している芳香分子と言えるので
           強壮作用がある、っちゅーことです

プラナロムエッセンシャルオイル(精油)ニアウリCT1 0929祭10 精油単品もあれば・・・


プラナロムルームコロンパワーアップ&チアアップ  0929祭10 結構マイナー?精油のブレンドオイルもあるのね、試してみたい!



応用編のお話は、来週以降にUPします
(今週はお部屋の片付けやら友人お泊り会やらで、珍しく忙しい)。


四つ葉ランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します四つ葉
人気blogランキングへ


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


せっけん、仕込んでます(^^)
今月末頃には「第3回・交換会」を催す予定です☆
最低3種類は仕込んであります(出来具合いが心配ですが・・・)。
まだ切ってないんですけど、画像等詳細はそのうちUPします!









Last updated  2006年10月03日 17時21分19秒
コメント(6) | コメントを書く


2006年10月02日
カテゴリ:NARD


NARDのレッスン基礎編・5回目のお話です。


各作用ごとの精油名と芳香分子に関して、また肌質に適した
精油に関して整理しました。


収斂作用のある精油:ゲラニオールやα-テルピネオールを含むもの
            (パルマローザetc)
皮膚弾力回復作用のある精油:ゲラニオールやネロールを含むもの
            (パルマローザ・ローズetc)
抗菌作用のある精油:モノテルペンアルコール類やモノテルペン炭化水素類を含むもの
            (サイプレス・ゼラニウム(エジプト)etc)
鬱滞除去作用のある精油:モノテルペン炭化水素類を含むもの
            (サイプレス・ジュニパーetc)
強壮刺激作用のある精油:モノテルペンアルコール類を含むもの
            (ローズウッド・ネロリetc)
抗炎症作用のある精油:エステル類・モノテルペン炭化水素類を含むもの
            (サイプレス・ジュニパー・クラリセージetc)


今の時期、お肌の乾燥に悩まれる方は、精油の力を借りるなら
カモミール(R)・ネロリ・パルマローザ・ローズ・
ローズウッド・ラベンダー(Ang)
がオススメ♪


あとは、キャリアオイルに関してその目的や
選び方も含めて勉強しました。
植物油自体に薬理作用があるのですから、使わない手はないですよね。
スクワランなんかも多く出回っているようですが、
何から抽出されたものなのか(動物か植物か)を良く確かめることが
アロマテラピーの実践においては必要不可欠でしょう。


クラフトは精油を使った化粧クリームに、コネコネせっけん。
クリームにはカモミール(R)&ラベンダー(Ang)を、
せっけんにはシトロネラ&オレンジ(S)をセレクト。


このシトロネラってのが、せっけんの香料に良く使われているとのことです。
シトロネなんちゃらら・・・ややこしいのよね、成分名が(^^;


シトロネラ・ジャワ 
    学名:Cymbopogon winterianus
    科名:イネ科

    テルペン系アルデヒド類のシトロネラールと、モノテルペンアルコール類のシトロネロールが
    昆虫忌避作用に富む
    抗炎症作用・鎮痛作用も強いので関節炎やリュウマチ等にも○


 
四つ葉ランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します四つ葉
人気blogランキングへ


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


今日は大宮でマタニティひろば ハロー!赤ちゃんに参加。お土産タップリ♪
商品を薦められることはないので、行ってみて良かったです(^^)


で・・・そこからの帰り道、ちょっと歩くと@ひーの会社が入っている
ビルがある。疲れてはちょっとチョコンとそのビルの前で
座っていると・・・


(゜〇゜;)「・・・な、何してるの?」
と、仕事先から会社に帰ってきた@ひーに遭遇(汗)


出先から帰ってきてふと見ると、嫁が会社のビルの前で座って
水飲んでるんだから・・・驚いたでしょうなぁ・・・(^◇^;)


私だって、まさか会うとなんか思ってもみなかったが、
ぴーさんがパパに会いたかったのか?とも思えました☆
(私は・・・別に・・・笑)







Last updated  2006年10月02日 18時33分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2006年10月01日
カテゴリ:NARD


野放しほったらかし状態にしていた
「NARD」のアドバイザー授業の報告(←自己満足)。
忘れていた訳ではありません、ホルモンバランスの崩れが
私を精油から遠ざけたのですぅ(^^;


ココへきて記憶がぷっつり途絶えてしまっているのには
メチャクチャ危機感を募らせているので(苦笑)、
復習がてら、「授業でこんなことしたよ」とのレポUPです。
今後暫く続けます。


基礎編:1 
基礎編:2  
基礎編:3


今回は4回目の授業について・・・

「香りに親しむ」ということで、オー・デ・コロンを作ったり、
「ホームケア」に関して勉強しました。


な~んにも考えてなかった「ムエット(試香紙)」の長さ、
実はあの長さにもちゃんと意味があるとのことです。
調香の際、ムエットの先に付けた香りを何本も並べて(手にとって)
香っては少しずつずらし、香りを確かめるようにして調香するんだって。
要はバランスを取ってるんですね~揮発性を考えると。

ビンボーれいこは、半分に切って使っていたけど(^^;
(ま、いっか、素人だし)


その後、実際に作ったコロン(4パーセント濃度)には
イランイラン
ゼラニウム(エジプト)
リトセア
オレンジ(スイート)



合計16滴しか入れられなかったので、こんな選択になりました。
イランイランと柑橘系は、よく合いますね。


その次は呼吸器系に有効な精油・消化器系に有効な精油に関して
学びました。いろいろあるけど、消化器系に有効なのって、
やっぱリモネンが入っているものが多いですね
(有効とか書いちゃってるよ、NARDの教科書( ;^^)ヘ.. )。


ここで入浴剤を作ったんだけど・・・呼吸器系・消化器系にとらわれずに
精油をセレクトしましたが、そのときに興味を持ったのが
ローレルだったんです。はい、月桂樹です。
その時はいい香り・・・と本当に思っていたんです。
いや、いい香りなんです。


でも、ね・・・




入浴剤にしたら、さ・・・




     

茹でられているお肉の気持ちがよ~くわかったよ(-_-;)




要は、シチューとかなんとかの煮込み料理に月桂樹って使うじゃないですか。
煮込んでいる時って、いい香りするっしょ?


あれを、風呂場で感じましたわサ・・・お肉タップリの私・・・(^^;
見た目はそうでもないけど、付いてるのよね・・・
俗に言う「隠れ肥満」ですか???
(他にも精油入れてたんだけど、ローレルで一蹴・・・)



ローレル:クスノキ科(ローズウッドも同じね) 
   主成分は酸化物類・中でも1.・8シネオールタップリなので
   風邪のケアに良いみたい
   その他・慢性的な気管支炎・副鼻腔炎、歯周病・歯肉炎にも◎


   妊娠中は禁忌とも言われています
   一部の人にアレルギーを起こす場合もあるんだってさ

 
四つ葉ランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します四つ葉
人気blogランキングへ


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


ちょっと前に流行っていたらしいですね・・・
全く知らなかったんですけど、「鶏ハム」って。


超・美味しいでは あ~りませんか!(ちゃーりーれいこと呼んで(^^;  )
鶏の胸肉が安い時に、もういちど作ってみよう♪
調理の際に使うお塩は・大さじ1で私にはちょうど良かったです。
一晩以上寝かせたからかな?


あぁまた肉話・・・お粗末。









Last updated  2006年10月02日 01時12分53秒
コメント(4) | コメントを書く
2006年04月18日
カテゴリ:NARD


NARDのアドバイザー試験を受けたのは先週金曜。
一週間も経たないうちに、合格通知書がきました♪(はやっ!)
試験問題を解いていた時点で、合格はうすうす確信していたのですが、
やはりホッとしますね、確実に受かったとわかって。

問題は・・・この後なんですよ!私的には。
(決して嫌味で言ってるんじゃないのですが・・・)
AEAJ同様、アドバイザー試験内容と(AEAJは1級試験合格か)と
インストラクター試験の内容は・・・差がありすぎっ!

JAAのインスト試験も、勿論それなりに大変だったけど、
1年後に目指すNARDのインスト試験は・・・今まで以上に大変だろうなぁ。
来年から教科書は変わるらしいし、試験内容も今よりも更にグレードUPとの
噂が、某掲示板でも流れています(^^;


資格取得の話題は、また追ってUPするとして・・・



今日は、このカテが適当でないことはわかっているのですが・・・



全国のちびたろー♪さんファンの方々には、羨ましい光線を浴びるのは必至!
( ̄ー ̄)視線が痛いわんっ



デトックスTEA デトックスteaだよ♪

頂いたハーブティ、合格ついでに(?)堪能♪♪♪
9種類ものハーブが入ってるんです!
(ネトルとか、ダンディライオンとか、ジュニパーとか)


もちろん、おいすぃ~いっ!(*^^*)
@ひーも「あ、これ美味しいなぁ」と言って喜んでおりました。


↑のものとは別に、二種類ものブレンドティも頂いていた私。
彼女がおうちで楽しんでいるというレシピのtea・・・超ウマでした!
なんであんなに美味しかったんだろう・・・
きっとハーブ一つ一つの個性をご存知だから、その個性を活かす事が
可能なんだろうな・・・と予測する私(笑)。


実は、ちびたろー♪さんに頂いたハーブティを飲みながら、
試験勉強を頑張ってました!
(今気付いた・・・その時の写真とってたのに、消してしまってた・・・ガーン)


ちょっと息抜きしたいという時にもってこいだった、安らげるハーブティ。
今回の合格は、ちびたろー♪さんの愛情のこもったハーブの力が
功を奏していたのかも♪
愛に溢れた美味しいハーブティをありがとう、ちびたろー♪さん!


ピンクハートランキングに参加しています、応援宜しくお願い致しますぅピンクハート
人気blogランキングにクリック星







Last updated  2006年04月19日 08時41分24秒
コメント(12) | コメントを書く
2006年04月15日
カテゴリ:NARD



NARDの授業3回目以降のお話を更新してなかったので、
復習がてら、まとめてUPしていきます。


基礎コースRESSON3は「植物療法としてのアロマテラピー」etc・・・。

アーユルヴェーダや漢方も芳香植物が用いられています。
ホメオパシー(同種療法)も植物などの波動エネルギーを利用する
療法なのですね~。


その他にもハーブ療法、森林浴を楽しむことで、植物からのビタミン的要素の
享受が可能な私たち。
(森林浴に関しては、「aromatopia」75号(最新号) に詳しい事が
載っていました。ちょっと難しい雑誌ですが、なかなか興味深かったですよ) 。


森林浴・・・これには植物の芳香成分の中でも、
モノテルペン炭化水素類のα-ピネン(主に強壮作用)の享受によって、
私たちは楽しむことが可能なようです。

具体的な精油は、ダイエットのお助けとしてもメジャーな
ジュニパー・サイプレスや、
和精油のヒノキ・ヒバなんかにも、この成分は含まれています。
マツ科のブラックスプルースにも含有量は多いようです。



生活習慣の乱れやストレスによって、知らず知らずのうちに
(自覚症状のないままに←これが厄介)自律神経が乱れたりする事の多い
現代社会人。

「癒し」という言葉が流行って(?)幾許もない今日この頃ですが、
身体と心の調和をはかって、生体リズムを整えることが可能な
アロマテラピーは、大変◎な療法と言える、という事で(*'-'*)




クラフトでは「肩凝り用のブレンドオイル」を作成しました。
もちろん、肩凝り解消の為に◎とされる精油の作用に関しても
お勉強!


私がセレクトしたオイルは、

ウィンターグリーン
 :エステル類のサルチル酸メチルは、鎮痛・鎮痛・抗炎症作用が高い

タラゴン
 :フェノールメチルエーテル類は鎮痙攣に◎・筋肉弛緩作用にメチャ優れている

ペパーミント
 :メントール(モノテルペンアルコール類)は冷却・血管収斂・鎮痛作用

レモン・ユーカリ
 :テルペン系アルデヒド類は抗炎症・鎮痛に◎

ローズマリー・カンファー
 :カンファー(ケトン類)には筋肉弛緩作用がある



10%濃度で作成しましたよ、高濃度!(゜o゜)
さすがはNARDですね・・・(自己責任で使用するに限る!)


四つ葉ランキングに参加しています、応援宜しくお願い致します四つ葉
人気blogランキングへポチッとね



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




NARDの学習は、本当に記憶力との戦いです!
沢山の宿題と格闘するのも何年ぶりだろう???

ま、自分から進んで学びたい事だったので、愚痴っても仕方ないのですが、
沢山の宿題があるのは覚悟が必要です。

勿論、自分の定める目標によって「自分自身に課す宿題」も増える訳で、
精油とお友達&正しく使いこなしていくようになるには、
なかなかハードな(?)生活を送ることになります。


「どこまでアロマを突き詰めるか」は人それぞれですし、
BLOGで羅列している思いは私個人としての見解ですし
(と言う程大袈裟なものでもないんだけど)、
何に重きを置くかは、人それぞれだと思います。


私が「宿題!記憶力!」とギャーギャー(?)言ってるのは
頑張った分、知識を得ることになったし、精油を使いこなせては
新しい発見なるものをも楽しめた経験があるので・・・。


そうそう、テキストは書き込んでは覚え、また書き込んでは覚えの
繰り返し部分が多く含みますが、ある一定の時期を越えたら
「楽しく」なるかも、です。
あくまで私の場合でしたが・・・←別にMっ気がある訳ではない(^◇^;)


基礎・応用含めて55種類の精油に関して学ぶ訳ですが、
テキストには55種類全てに関して詳細事項を載せており
(勿論講師のアドバイスもある。「NARDを勉強するには講師は選べ!」と
世に言われている(?)のは、ここら辺りの勉強を怠っていない講師を
選べと言う事に等しい気がする。勿論この範囲だけにはとどまらない)、
試験を終えた今でも、プロを目指す方にとっては、
暫くはこの教科書は使えると、個人的には思います
(欲を言うと、NARD発行の精油辞典が欲しい今日この頃・・・)。







Last updated  2006年04月16日 12時15分05秒
コメント(12) | コメントを書く
2005年11月23日
カテゴリ:NARD



先週の金曜は、NARDの授業2回目でした。

今回の授業は、ケモタイプの精油のお話を中心に
授業が始まりました。

「ケモタイプ」とは、芳香植物で、科・属・種は同じながらも、
化学組成が大幅に異なるものを化学組成別に分類したもの
を指します。
化学種と言ったりもします。

ラベンダーにも
ラベンダー・アングステリフォリア
ラベンダー・ストエカス
ラベンダー・スピカ
その他にもありますがラベンダーと、一口で言うと、いろいろあるんです(笑)。
これら3種に関してお勉強!



ラベンダー・アングスティフォリア(真正ラベンダー)
 :エステル類の酢酸リナリル(鎮静作用)を35%以上含有してなかったら
  コレとはいえない
  エステル類モノテルペンアルコール類(抗菌・抗ウィルス・抗真菌etc)
  が主成分
  
ラベンダー・ストエカス
 :
ケトン類を50~80%含んでいる
  ケトン類自体が非常に強い神経毒性を含んでいるので、
  幼児・妊産婦・ご老人の使用には特に注意が必要!

ラベンダー・スピカ(スパイクラベンダー)
  :モノテルペンアルコール類酸化物類(=オキサイド類のこと
   ・去痰・抗カタル・抗ウィルスetc)を多く含む。
   ケトン類・モノテルペン炭化水素(うっ帯除去作用・抗菌・抗ウィルスetc)も
    含有



・・・とりあえずはこんなカンジ(まとめになってないな、こりゃ;^_^A)
もうホントーに、自分の記憶力との戦いだよ~!!!
このブログも、記憶力強化の為にやってるところもあるのが本音(笑)
授業中の理解と自宅での予習復習・・・楽しいけど大変です!
今月一杯ぷーだから時間あるにはあるけど、
そういう問題だけでもない・・・しかしやるしかないの~( ;^^)ヘ



そうそう、授業中でのクラフトは化粧水作り
今までローズonlyで化粧水を作ったことがなかったので、初チャレンジ!
ローズにはモノテルペンアルコール類「ゲラニオール」(収斂作用・皮膚弾力回復作用etc)
「ネロール」(皮膚弾力回復作用)が含まれています。
お肌に良いとされるのはこの成分。
しかもリラックス効果も高い香りなので(「シトロネロール」には鎮静作用もある)
まさに女王様気分を味わえることこの上なし!
(好き嫌いはあるんでしょうけどね~)
お家で使ってみて・・・いい香り!



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


実は今回から、今年の夏前のソーパーOFF会でご一緒させて頂いた
ゆき3443さんと、ご一緒に受講する運びとなったんです♪
関東に越してきて二年半、人との縁ってどこで繋がっているかは、
わからないもんだ!
共に勉強出来る方が見つかって、嬉しい限りです(*'-'*)♪

授業後、ゆきさんと軽食~(ミニOFF会?)
私が夜からバイトの面接があったので、ゆっくり時間がなかったのだけど
「ブログでは公開できない、ピーな内容」
(↑公序良俗に反します・笑)
・・・な、濃厚(時間がなかったので、濃縮?)TALK満開~!

・・・また暫くはピーが続くのね~(^◇^)/(笑)








Last updated  2005年11月24日 13時32分46秒
コメント(2) | コメントを書く
2005年11月10日
カテゴリ:NARD

NARDでのお勉強が先週から始まりました!
詰まるところ例に挙げるなら
「で、何でティーツリーって火傷に効くのよ?!」とかナントカ
精油に関していろいろと疑問がわいてきたので、
JAAでの勉強をスタートさせた頃から、
この協会でのお勉強には興味津々だったのです。


ケモタイプの精油のお勉強、何もスクールに通わなくても、
頑張れば独学でも知識は得られるでしょう。
実際に努力している人も多くいると思います。


私が受講に至った経緯は、アロマに興味を持ち始めて通った
月一のカルチャースクールで、今のNARDの先生に初めて
お会い出来たのですが、この先生の知識量がハンパではない!
実践にも長けていらっしゃる方なので、この先生にアロマを習いたい!
との思いが日に日に強くなったという事も
理由の一つとしてあるかな(^^)
(先生、見てる?!私信スイマセン・笑)。


しかしまぁ、使ったこともなければ香ったこともない精油ばかりがあって
(さすがに名前ぐらいは知ってるって物もあるんだけど)
この先覚えきれるかどうか、はなはだ疑問です。
最近自分の記憶力も疑わしいと感じ始めてるし・・・(早い?!)


自分の記憶力との戦いの火蓋が、切って落とされました(笑)

一回目の授業は歴史中心だったけど、コレに関しては
流す程度です、NARDって(+o+)
古代にミルラとかフランキンセンスとかが使われていたってトコから
いきなりもうアヴィケンナさんの時代に行っちゃいます(笑)
やっぱ精油の化学中心ですね、わかっていたことだけど~。


やってやろうじゃない!
・・・思いっきり理系苦手人間なんだけどね┐('~`;)┌


今後のアロマネタは、私個人が余り馴染みのない精油に関して・・・
単に私が使ったことないOR知らないって事なんですけど、
それら中心にUPしていく予定です。
(なんちゃってインストなので、知らない精油も多いのさ)


最初の一つ(持ってないなぁ)
 
マンダリン
  :学名 :Citrus reticulata
  :科名 ミカン科
作用がおだやかなので、子供や妊娠中の人、体の弱った人にも安心して
使えるらしい
にきび、脂性肌、血行の悪い肌に○
高毒性があるともないとも・・・本によっては違ってくる
成分表付いている↓の精油を購入したら、調べてみます

プラナロム マンダリン 10ml


次もやっぱ持ってなかった

ウィンターグリーン 
  :学名:Gaultheria fragantissima
  :科名―ツツジ科
   

プラナロムエッセンシャルオイルウィンターグリーン


肩凝りや坐骨神経痛なんかにも○な、この精油、
先週になってやっと購入したんだけど、プラナロムの成分表を見たら、
エステル類のサルチル酸メチル (湿布に入ってます)の含有率が
99・99%!すげ!

(エステル系の精油)
エステル類を多く含む精油は光と熱に弱いのが特徴。
エステルは光と熱によってアルコールと酸に変化するからです。
かいでみると、酸っぱい、ツンとくるにおいがします。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


昨日からまた風邪っぴきがぶり返してきました(泣)
頭痛にくしゃみ連発です~。
土曜に赤羽までランチに行こうって言ってたけど
ランチ仲間に妊婦さんがいたので、余計に移しちゃいけないと思い
キャンセル(T_T)

仕方なくお部屋で大人しくするしかない週末・・・

ラベンサラティーツリーetcに、
リンデン・エキアセナ・エルダーフラワーのハーブティで対処してます・・・うぅ・・・。










Last updated  2005年11月11日 08時06分04秒
コメント(14) | コメントを書く

全7件 (7件中 1-7件目)

1


© Rakuten Group, Inc.