205837 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

タムーのブログ

PR

X

Calendar

Archives

Category

Headline News

Rakuten Card

2021.06.04
XML
ワクチン研究者は、ほとんど肩の筋肉のワクチン部位に留まると想定していましたが、コロナウイルスの病原性スパイクタンパク質(毒素)が血液に入り、ワクチン接種後数日間循環し、脾臓、骨髄、肝臓、副腎などの臓器や組織、特に非常に高い濃度で卵巣にに蓄積することが確認されました。

LIFE SITEより(自動翻訳)
ニュース
ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと語る
「恐ろしい」新しい研究は、血流中に予期せぬワクチンスパイクタンパク質を発見しました. このタンパク質は、血栓、心臓や脳の損傷、授乳中の赤ちゃんや生殖能力への潜在的なリスクに関連しています。
2021 年 5 月 31 日月曜日 - 東部標準時午後 5 時 22 分
(一部抜粋)
ウイルス免疫学者でオンタリオ州ゲルフ大学のバイラム・ブライドル准教授
「私たちはスパイクタンパク質が優れた標的抗原であると考えていましたが、スパイクタンパク質自体が毒素であり、病原性タンパク質であるとは知りませんでした。そのため、人々にワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうのです」とブライドル氏は番組で語った.

クール

クール

ドイツとEU ドイツとヨーロッパの悲劇のワクチン
この動画でご覧ください






Last updated  2021.06.04 09:28:58
[医学・薬・病気・コロナウイルス] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.