000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

Darkside of Drome

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Category

カテゴリ未分類

(293)

ワールドドローム

(40)

ラジコン全般

(32)

その他

(5)

insanespeedrun

(0)

NASCAR

(6)

Fishing

(2)

PCC

(0)

Favorite Blog

INSANE LABO. おかのみずさん

Comments

agartha@ Re:rcPCC 2011 開幕戦!(01/27) 開幕戦!良い響きですね~ これからどん…
rusty#2@ 今年もよろしくお願い致します。 大分焼酎さん >今年も焼酎持って何戦か…
大分焼酎@ いまさらですが あけましておめでとうございます>< 今年も焼酎持って何戦か参加させて頂きま…
rusty#2@ そうでしたか!? RMbros兄さん >センサタイプが使えるの…
RMbros兄@ あれ? センサタイプが使えるのは自分は嬉しかっ…

Keyword Search

▼キーワード検索

2007.12.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
sms&okanomizu2.JPG
撮影:たたみやさん

どうよ!!この写真!!!(爆笑。
不敵な笑みを浮かべ、何やら同じ周波数で完全に共振し合うこの二人(^^。
間違いなく、私のフォトアルバム内でISR2007のベストショットです(笑。
smsはこの瞬間を待ってたかの如く、博士との会話を楽しんだのは言うまでもありません。
ゴメンよ、オレには到底笑うことしか出来ない話の内容だが、”違いがわかる男”にはそこまで笑みを浮かべて話せるスゲー話だったんだね。

今回はこの写真が使いたくて、smsの車の話をしよっかな(^^。
PC180002.jpg

シャシーの話は非常に簡単。違うのはFサスがsms自慢のビーム仕様であることと、搭載するモーターが私と違うので、それ用のモーターマウントが使用されているが唯一の違い。2005年以来この路線で二人ともやってます。お互いの育った環境が違うので、フロントサスは譲れないところ(笑。実は私はインセインではアソシ愛好者なのです(爆。

ここで話が終わってしまえば簡単なのだが、実はここからが大きな違い。 ある意味、私の165km/hよりも偉いと、私は思ってます。

私のパワーソースは所詮市販物のかき集め・・・誰にでも同じものを買えば同じスピードは出せます。 記録だって来年にはどうなるか?解らない。たぶん塗り替えられるでしょう。 しかし、smsのパワーソースは自ら特殊な環境に身をおいて、あらゆる条件をクリアして自ら”作り上げられた”物であるとうことです。あくまでも予測ですが、ブラシモーター150km/h+のレコードブレイクは、相当なことが無い限り破られることは無いでしょう。自分も何年か前まで、ブラシで挑戦していましたが、Mr.インセインが150km/hに片足突っ込んだ時”もう無理だ”と思えるくらい、ブラシモーターの可能性には濃い霧が掛かった、150なんて到底見えない世界だったのです。

では紹介します、sms地獄のパワーユニット(爆。
PC180014.jpg
モーターね。トリニティとか貼ってありますが全く関係ありません。 ドラッグシーンで発見したネオジウムマグネットモーターカン。マグネットと量はフェライトと同量の分量が貼り付けてあります。恐ろしい磁力は想像つきますよね。どれぐらいスゴイか伝えにくいですが、1500gそこそこの車ですが、ピスト入り口のゲートから車入れても”ゴロゴロ”と坂は下ってきません(爆。ちゃんとスロットル入れないと下まで行きません。130km/h程度トライじゃ馴らし程度にもなりません。コミュはsmsをあざ笑うかのようにピッカピカ”もっとA流せやぁ~”と挑発をされる。ローターは中京のモーターヲタク、GRレーシングにてインセイン対策済み、内容は良く知らない。ターン数は8とか10とかを使っているそうです。ショッキーはsmsお気に入りの”まわるくん”という商品だそうです。ほかのショッキーじゃ持たないらしい。あとこのモーター、フツーのアンプでは性能をフルに発揮できません。出来て500ワットそこそこ、それ以上搾り出そうとするとアンプが瞬時に炎上します。

smsはそれに気付くのに2年掛かって、10ヶ月で対応してきました、これがその回答:
PC180007.jpg
配線グチャグチャで訳解りません(爆。
要は、駆動回路を分離してパワーアップし、それを既存の市販アンプの制御でコントロールする仕組みだそうです。間違ってたらゴメン(^^;。
PC180010.jpg
FETはたったの5個(核爆。スター印で結線されていてFET自体は別名”人工衛星”にビルドインされていてそれに、クーリングファンが装着されています。本人曰く、理想を追求した配置だそうです(^^。
PC180004.jpg
そしてこれが恐らくオレの想う1番の主役、”フォトカプラー”。
これを装着してから、ベンチテストは大いに成果を上げたと思う。どうゆう動作をするか?気になる人は自分で調べてみては?

ザックリですが紹介してみました。不明な点はコメント残せば、鼻高々にsmsが回答をくれくかも、しかもおかのみず博士監修付きで(笑。こんなことできるのもdarksideならではでしょ?(^^。こんなチャンスめったにありませんよ~。

ほんの数例ですが、smsmからブラシユーザーにアンプ炎上を防ぐアドバイス:

1.ショッキーは高性能な物を!!樽型は使い物にならない!!
2.スロットルは暖めるな!!出来るだけ早く全開走行で!!


最後に、炎上事故現場検証:
PC180003.jpg

どうやら車高不足でグラステープが擦り切れ、バッテリーが暴れ踊り、絶縁チューブが擦り切れ、
PC180011.jpg

人工衛星のネジ止めと短絡ショートしたらしい。
しかしバッテリーは焦げているが、大丈夫らしい(核爆。







Last updated  2007.12.19 18:38:12
コメント(9) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.