000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HP de るってんしゃん

世界の中心で、愛をさけぶ

書籍名:世界の中心で、愛をさけぶ
著者名:片山恭一
出版社:小学館

映画化決定 2004年5月公開予定

感想:
 帯に「泣きながら一気に読みました」「なんでこんなに涙がでるんだろう」と大々的に書いていたので、逆に身構えていたのですが、予想以上に良い作品でした。台詞が大変素晴らしいと思います。人物に魂が感じられ、言葉のひとつひとつが音となって聞こえてくるようでした。完成度としてはともかく、心に響く作品であることに間違いはありません。読む価値は絶対にあると思います。

点数:
スリル  ☆☆★★★
泣ける  ☆★★★★
ドキドキ ☆☆★★★
台詞   ★★★★★
総合   ☆★★★★

 この先のページは評論・感想を書いています。内容だけでなく解釈に触れることなので、まだ本を読んでいない方は、先入観を持たれないように、読まないことを絶対にお薦めします。
 また、掲載内容に対する著作権は放棄しておりません。他への転載・引用は一切禁止とします。ご了承下さい。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.