092682 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HP de るってんしゃん

タンカ3

私が、講師時代4年間で詠んだ歌、こっそり載せます。(でも、見なくていいです(笑))


「選択肢の音」三十首


もう時効だからと言って何もかも許せるほどに優しくはない

あの頃のイタさを武器にして隠し持った仮面を宙に投げ出す

「ひさしぶり」と言って笑う君がもう誰かのものになっていたとは

リピートをかけてたはずのCDが止まってエンジン音だけ響く

太陽の見える空から降る雨の冷たさに触れた手で見送る

人生は後悔の連続だから おめおめ生きて君に会いたい

七階に上るエスカレーターが私の想いの深さを衝く

馬鹿みたい。高三から私何も変わっていない歌を詠むんだ。

白い空の下に浮かぶ白鷺の足元ばかり見つめていたり

同僚の別れ話を聞きながら知ったかぶりで相槌を打つ

台風をはさんで送り合うメール 警報なんて無視し続ける

夢じゃない安堵をくれる貴方との間に挿むカシスオレンジ

暗闇でパッと繋いでくれた手のぬくもりを今思い出してる

今ならば貴方との境界線が消える気がした 夢だったけど

ハングリー精神なんて本当はいらなかったと苦笑いする

傷つけばいいじゃないかと麻痺してる38.5℃の平日

この世には死ぬより生きていることの怖さの方が多いと気付く

夢さえも出演拒否の貴方から届いたメールに保護をかける

考えることをやめようと考えることがやめられない脳内

あの立派そうに振る舞う同僚は果たして私より幸せか

差し迫る時間に無駄な抵抗をするがごとくに足裏を掻く

まだ悟ることができずに一人また手帳を眺めてる昼休み

ポジティブなフリをするのは簡単で自分自身をダマすのは下手

きっとまだ悩めるという選択肢があるだけマシだと思うべき

同僚に好かれることが正解か?この「か」の意味はたぶん反語で

曇り空の上に潜む日食を睨んで夢とシンクロさせる

まだ行ける。まだ生きられる。私なら。開き直りも必要なんだ。

夢の中でそっと爪弾くレスポールと反響する私の心

舞い落ちる三十一の言の葉に接吻をして「ただいま」と言う

こうやって秒針だけが私より早く進んで今日はおしまい



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.