092680 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HP de るってんしゃん

第四章 白い約束

          第4章 白い約束

 白い肌。大きな瞳。緑色の長い髪の毛。スラリと伸びた手足。そして・・・虎柄の服。年齢は桃太郎より少し上に見える。
「・・・ああ。桃太郎は俺だが・・・?」
 桃太郎は、突然の女の出現に戸惑った。恐ろしいものにはとことん強いが、どうも女は苦手なようだ。
「やっと会えたわ。あなたを捜していたのよ」
 彼女は意味ありげに笑みを浮かべた。
「え?・・・それ、どういう・・・」 
 その時、前方から与助の声がした。桃太郎が来ることを知り、迎えに来たらしい。
「ちっ。・・・じゃあ、また会いましょう。約束よ?桃太郎君」
 女は何か不都合なことが起きたのか、急に去ろうとした。
「え?あ、あの、君の名は?」
「ラン」
 女は瞬く間に姿を消した。桃太郎は、呆然と立ち尽くしていた。
「おーい!モモ!久々の戦利品だってー?」
「あぁ。・・・与助、今の女見たか?」
「女?見てないけど。べっぴんか?」
「なんか、ランっていう虎柄の服の女で~」
「え゛っ。虎柄?・・・そりゃあ、まさか、鬼ヶ島のヤツじゃ」
「鬼ヶ島?」
 今ではこの海賊島が、この海一体を支配しているも同然だが、昔は鬼ヶ島の鬼たちが猛威を振るっていたとの噂で、村人たちは大変恐れていたらしい。
 では、あの女は鬼ヶ島の鬼の末裔か何かだろうか。確かに格好は普通じゃなかったが。
「でも、見た感じ人間だと思ったけど」
「ツノが生えてたかもしれないぞ~?」
「・・・髪の毛で隠れてた可能性はあるなぁ」
「モモ。お前、鬼に目付けられたんじゃないの?大丈夫か~?」
「・・・」
「おい、恐いのか?」
「そんなわけないだろ!この桃太郎様に恐いものなんて無い!」
「じゃあ、モモが鬼退治しに鬼ヶ島へ行けよ」
「ああ、約束してやるよ!じゃあ、これ持って行きな」
 桃太郎は背負っていたかごを下ろし、残っていた数個の柿と梨を与助に手渡した。
「これだけ?俺、わざわざ店を飛び出して迎えに来たのに?」
「悪かったな。でも、俺のせいじゃないぞ。・・・あ!じゃあ代わりにウメちゃんにかんざしをあげよう。もう6つになったんだっけ?本当は母さんにあげようと思ってたんだが。赤くてかわいい・・・あれ?ないぞ!?」
「落としたんじゃないのか?」
「そんなことはない!着物の襟につけてたはずなのに!?あの女に会うまでは確かに・・・あ!あの女だ!あの女が取ったんだ!でも、どうやって・・・?」
「鬼はスリの名人なのかねぇ~。じゃあ、せいぜい鬼退治頑張ってくれよ!」
 与助は店へと帰って行った。桃太郎も腑に落ちないがひとまず帰ることにした。

 桃太郎が家に着くと、首領が何か白いかたまりを練っている。
「おい、おときも手伝ってくれよ。」
「やだね。こういうものは一家の主が作るっていう約束なんだよ。」
「ああ、桃太郎おかえり。今、父さんがきびだんごを作ってるからね。」
 きびだんごはこの島に代々伝わる郷土料理である。特別な時に作られるもので、味は格別。それはもう、旅へ行くなら欠かせないくらい・・・。

          第4章 完



          第五章へつづく


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.