22717815 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ルゼルの情報日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ruzeru125

Favorite Blog

小さくていいのでパ… New! 岩手のFP事務所さん

笑っちゃう絵 (*^▽^*) New! 王嬢さん

アドヴァン(7463)---… New! 征野三朗さん

【竹ノ塚駅 高架化工… New! ken_wettonさん

サンレモの歌手たち … cnz27hrioさん

Comments

Freepage List

January 8, 2017
XML




☆乃木坂46が所属している”ソニー・ミュージックレーベルズ”の社長;村松俊亮氏がメンバーの”衛藤美彩”と同郷;大分市の出身だという。
2017年1月3日の大分合同新聞に村松氏へのインタビュー記事が掲載された。

◆大分合同新聞 2017年1月3日 19面 Top Interview TOKYO 2017

大分ゆかりの在京トップが語る―東京を中心に活動している大分ゆかりの経営者に、2017年自社の展望や取り組み、大分への思いについて聞いた。

●村松俊亮
ソニー・ミュージックレーベルズ代表取締役 村松俊亮氏(出身地:大分市)

現場主義貫き音楽の価値伝える
多彩な個性が光る七つの音楽レーベルの集合体を率いる。
企画制作した音楽・映像ソフトを国内外の市場に発信するほか、アーティストの発掘、育成に力を注ぐ。手掛けるアイドルグループ「乃木坂46」が昨年、16枚目シングル「サヨナラの意味」で初のミリオンセラーを達成した。

「プロデューサーの秋元康さんとAKB48に対抗できるアイドルをつくろうとやってきた。妹グループの欅坂46も非常に好調。『坂道』シリーズは大きな価値を生んだ」と振り返る。アイドルに限らず、あらゆるジャンルで「スターをつくることが、時代が変わっても成功のサイクル」と強調する。

自らもYUI、西野カナ、JUJUといったアーティストを見いだし、世に送り出してきた。
スカウトたちが〝ダイヤの原石〟を求めて全国のライブハウスをくまなく回り、オーディションも開く。

もちろん古里・大分にもネットワークを張り巡らせている。
「大分県の人たちはどちらかと言えば控えめだが、才能豊かな人が多いと感じている」。
だからこそ地元の若い逸材を発掘したい、との思いは人一倍強い。
「見つけることができたら、みんなが応援してくれるアーティストに必ず育て上げる」。
言葉に熱がこもる。

スマートフォンや動画サイトなどの普及に伴い、音楽産業の環境も変わった。
マーケットの縮小が言われがちだが「伸びしろはある」と強調する。
「フィジカル(CDなどの実物)と、音楽配信のデジタルを合わせれば市場規模はほぼ平行に推移している」。
定額制の楽曲配信「サブスクリプション」は利用が増加。
ユーザー間の共有や推薦と言った機能も生まれ今後の発展が期待される。

ライフスタイルが多様化する中、ユーザーに対して「いかに音楽に時間と対価を費やしてもらうか」の勝負が続く。
「音楽は素晴らしいという感動、価値観を再認識してもらいたい。そのためには自分が感動できる感性を持ち続けること。いつまでも現場主義を貫きたい」。
決意を新たに、力を込める。






Last updated  January 8, 2017 09:34:55 AM
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.