26697018 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ルゼルの情報日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ruzeru125

Favorite Blog

☆学資保険 保険会社… New! 岩手のFP事務所さん

長瀬産業 (8012)---… New! 征野三朗さん

150523 비밥Bebop - … New! ken_wettonさん

6月 20日 オッ… 副大統領さん

「仕事選びのアート… 王嬢さん

Comments

Freepage List

全1526件 (1526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

シャンソン;フレンチポップス

June 9, 2019
XML






☆日本では’69年ユーロビジョン・ソングコンテスト優勝曲『リラの季節 / Un jour un enfant』が有名なシャンソン歌手;フリーダ・ボカラの初期の珍しい楽曲を集めた編集盤がフランスで発売されている。

特にエンリコ・マシアスの名曲『クリスマスを忘れないで』とイザベル・オーブレの出世作で’62年ユーロビジョン・ソングコンテスト優勝曲『はじめての愛』の2曲が素晴らしい。









Last updated  June 9, 2019 08:57:45 AM
コメント(0) | コメントを書く






☆シャンソン・ロック・クラシック・オペラ等ジャンルを超えて仏音楽シーンで活躍する鬼才;ウィリアム・シェラー、
デビューから現在までの音楽活動の歩みをまとめた'16年リマスター/20枚組数量限定BOXが登場!

'07年に発表された22枚組完全限定BOX『CHEMIN DE TRAVERSE』の新規改訂版となるBOXで、仏CBSから発表された'72年ソロ・デビュー作『LUX ÆTERNA』から'15年作『STYLUS』まで40年以上に及ぶ活動の中から発表された作品/楽曲をソロ活動/Classic楽曲/Live音源の3つに分類しCD20枚に一挙収録。

'07年限定BOX同様、長いキャリアを一挙に詰め込んだ物凄い内容ながら、Pops/Rock/ProgressiveからClassic/Operaまでジャンルを股にかける氏の懐深い音楽性を楽しめる上、Live音源シリーズには今回初音源化となる'85年仏Montpellierで開催された音楽フェスティヴァル“Au Festival de Montpellier”公演で披露されたClassic組曲Live音源『SUITE FRANÇAISE/AU FESTIVAL DE MONTPELLIER』を収録。

単なる新規改訂に終わらない、正に知られざる稀代の音楽家の活動を包括したBOX SETです!!マスターは新規リマスタリング音源を使用、初期から現在までの販促/Live/プライヴェート写真等の貴重写真と新規バイオグラフィーを掲載した48Pカラー・ブックレットを添付している豪華盤。




【20枚組数量限定BOX/Remaster/48P Color Booklet付】

CD1. 『ALBUMS STUDIO: Lux Æterna』
CD2. 『ALBUMS STUDIO: Rock 'n' Roll Dollers(William Sheller)/Dans Un Vieux Rock'n'roll』
CD3. 『ALBUMS STUDIO: Symphoman/Nicolas』
CD4. 『ALBUMS STUDIO: J'suis Pas Bien/Simplement』
CD5. 『ALBUMS STUDIO: Univers』
CD6. 『ALBUMS STUDIO: Ailleurs』
CD7. 『ALBUMS STUDIO: Albion』
CD8. 『ALBUMS STUDIO: Les Machines Absurdes/Épures』
CD9. 『ALBUMS STUDIO: Avatars/Stylus』
CD10. 『ŒUVRES CLASSIC: Quatuor Parisii』
CD11. 『ŒUVRES CLASSIC: Ostinato』
CD12. 『CONCERTS MTYHIQUES: Olympia 1982』
CD13. 『CONCERTS MTYHIQUES: Olympia 1984』
CD14. 『CONCERTS MTYHIQUES: Suite Française/Au Festival De Montpellier(Unreleased)』
CD15. 『CONCERTS MTYHIQUES: Sheller en Solitaire/Extraits de Olympiade』
CD16. 『CONCERTS MTYHIQUES: Live Au Théâtre Des Champs-Élysées Part 1』
CD17. 『CONCERTS MTYHIQUES: Live Au Théâtre Des Champs-Élysées Part 2』
CD18. 『CONCERTS MTYHIQUES: Parade Au Cirque Royal』
CD19. 『CONCERTS MTYHIQUES: William Sheller Et Le Quatuor Stevens Live』
CD20. 『CONCERTS MTYHIQUES: Piano En Ville/et Plus...』






Last updated  June 12, 2019 03:26:19 PM
コメント(0) | コメントを書く




☆『ミッシェル』は、作詞;ディディエ・バルベリヴィアン、作曲;ジャック・クワイエによって創られ、1976年にフランスの人気シンガー;ジェラール・ルノルマンによって歌われたヒット曲です。

ビートルズの『ミッシェル』とは同名異曲ですが、ゆったとしたボサノバ調の美しいメロディーラインはとても魅力的です。



Tu avais à peine quinze ans
Tes cheveux portaient des rubans
Tu habitais tout près
Du Grand Palais
Je t'appelais le matin
En ensemble on prenait le train
Pour aller au lycée

Michèle, assis près de toi
Moi, j'attendais la récré
Pour aller au café
Boire un chocolat
Et puis t'embrasser

Un jour tu as eu dix-sept ans
Tes cheveux volaient dans le vent
Et souvent tu chantais :
"Oh ! Yesterday !"
Les jeudis après-midi
On allait au cinéma gris
Voir les films de Marilyn

Michèle, un soir en décembre
La neige tombait sur les toits
Nous étions, toi et moi
Endormis ensemble
Pour la première fois






Last updated  June 10, 2019 02:42:28 AM
コメント(0) | コメントを書く
April 30, 2019






☆フランスでは一昨年、日本では昨年公開されたダリダの伝記映画『ダリダ~あまい囁き』の中でダリダのヒット曲、名曲の数々が使われている。
日本では、『あまい囁き』『18才の彼』あたりが有名だが、フランスでは国民的歌手で’50年代末期から’80年代前半まで活躍し膨大な数のヒット曲がある。

『バンビーノ』『コメ・プリマ』『灰色の途』『あまい囁き』『18才の彼』『時の流れに』『待ちましょう』『歌いつづけて』などが使われているが、こうした有名曲よりも筆者が強く印象に残った曲に『JE ME SENS VIVRE』というバラードの佳曲があった。

これは、調べてみるとイタリアのカンタウトーレ;ジーノ・パオーリの作品で『生きる男 / UN UOMA VIVO』をカバーしたものだった。
ジーノ・パオーリは、イタリア音楽界の重鎮であり『しあわせがいっぱい』(ミーナ)、『アンケ・セ』『恋に終わりなく』などの傑作で知られている。

映画の中でこの曲は、逆境の状況にあったダリダが”オランピア劇場”のステージで堂々と歌い拍手喝さいを受けるという重要な部分で登場している。




■DALIDA(ダリダ)
エジプトのカイロ生まれのイタリア系アフリカ人で、後にフランスにやってきて歌手や女優として活躍。
フランスではダリダという名前で55枚のゴールドディスクを記録しています。
1954年度のミス・エジプトに選ばれるほど美人で、1956年から歌手活動を始める。
1973年にはアラン・ドロンとのデュエット「あまい囁き」がフランス1位を記録。
私生活では上手くいかず、不倫や好きになった男性の自殺などが続き、最後は1987年5月3日、自宅のアパートで睡眠薬による自殺により死亡。


■映画「ダリダ~あまい囁き~」オリジナル・サウンドトラック

【CD1】

01. Dalida - Un Po d’amore (en italien)
Un Po' D'Amore (Album Version) / Dalida

02. JC Petit - Gyrophare
Gyrophare (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

03. JC Petit - L’amour avec Luigi
L'amour avec Luigi (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

04. Armando Sciascia - Sexy World
Sexy World / Armando Sciascia

05. Dalida – Aime-moi
Aime-moi (Album Version) / Dalida
モノラル

06. Dalida - Bambino [バンビーノ]伊.カンツォーネ.cover
Bambino (Album Version) / Dalida
モノラル

07. Dalida - Come prima [コメ・プリマ]伊.トニー・ダララ.cover
Come Prima (Album Version) / Dalida
モノラル

●歌劇《タイス》 第2幕

08. Jules Massenet, Christer Thorvaldsson, Gothenburg Symphony Orchestra, Neeme Järvi - Thaïs Méditation
Meditation /

09. JC Petit - L’enfance en Egypte
L'enfance en Egypte (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

10. Tino Rossi - Ecouter les mandolines
Ecoutez les mandolines / Tino Rossi

11. JC Petit - Devant la glace
Devant la glace (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

12. Laurent Perez Del Mar - Come prima
Come Prima (Bande originale du film 'Dalida') / Laurent Perez Del Mar

13. Laurent Perez Del Mar - Cannes mariachi
Jarabe Tapatio (Bande originale du film 'Dalida') / Laurent Perez Del Mar

14. Laurent Perez Del Mar - Cannes slow “Por el amor de Yolanda”
Por El Amor De Yolanda (Bande originale du film 'Dalida') / Laurent Perez Del Mar

15. Dalida - Le temps des fleurs [悲しき天使]英.メリー・ホプキン.cover
Le temps des fleurs (Album Version) / Dalida

16. Claude François - Belles Belles Belles
Belles belles belles / Claude François

17. Dalida - Je me sens vivre [生きる男]伊.ジノ・パオーリ.cover
Je me sens vivre (Album Version) / Dalida★
モノラル

18. Luigi Tenco – Angela
Angela / Luigi Tenco

19. Luigi Tenco - Ciao amore ciao[青春の墓標]
Ciao Amore Ciao / Luigi Tenco

20. Dalida - Ciao amore ciao (en italien) [チャオ・アモーレ・チャオ]
Ciao Amore Ciao (italien Version) / Dalida
モノラル

21. Dalida - Bang bang (version italienne) [バン・バン]米.シェール.cover
Bang Bang (Album Version) / Dalida

22. JC Petit - Corps de Luigi
Le corps de Luigi (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

23. Dalida - Histoire d’un amour [ある恋の物語]
※グイド&マウリツィオ・デ・アンジェリス作曲による映画音楽『Mister Love』の仏語cover.※
Histoire d'un amour / Dalida
モノラル

24. Ulrich Foreman - Two Pages
Two Pages / Ulrich Forman

25. Hal David et John Cavacas - The way to your heart
The Way To Your Heart / Hal David,John Cavacas

26. Dalida - Il venait d’avoir 18 ans [18才の彼]
Il venait d'avoir 18 ans (French Version) / Dalida

27. Dalida - Dan dan dan (en italien)
Dan Dan Dan (Album Version) / Dalida

【CD2】

01. JC Petit - La parenthèse indienne
La parenthèse indienne (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

02. Dalida - Je suis malade [灰色の途]仏.セルジュ・ラマ.cover
Je suis malade (Album Version) / Dalida

03. Dalida - Avec le temps [時の流れに]仏.レオ・フェレ.cover
Avec le temps (Album Version) / Dalida

04. Dalida - Gigi l’amoroso (en français) [愛するジジ (French Version)]
Gigi L'Amoroso (French Version) / Dalida

05. Dalida - Paroles paroles [あまい囁き/ダリダ&アラン・ドロン]伊.ミーナ&アルベルト・ルーポ.cover
Paroles paroles (Album Version) / Dalida,Alain Delon

06. Dalida - Besame mucho [ベサメ・ムーチョ]ラテンスタンダード
Besame Mucho (Album Version) / Dalida

07. Dalida et St Germain - Et de l’amour, de l’amour [ふたりの賛歌]
Et de l'amour de l'amour (Album Version) / Dalida,Richard St Germain

08. JC Petit - Je suis désolé
Je suis désolé (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

09. Tavares - Heaven must be missing an angel
Heaven Must Be Missing An Angel (Mono) / Tavares
モノラル

10. JC Petit - Les Barbelés
Les barbelés (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

11. Rina Ketty - J’attendrai [待ちましょう]伊.カンツォーネ.cover
J'attendrai / Rina Ketty

12. Dalida - J’attendrai [待ちましょう(潮風のマリー)]
J'attendrai (Album Version) / Dalida

13. Dalida - Comme disait Mistinguett [素顔のわたし]
Comme disait Mistinguett (Album Version) / Dalida

14. Dalida - Gigi l’amoroso (French Version) [愛するジジ ]
Gigi L'Amoroso (French Version) / Dalida

15. Dalida - Gigi in paradisco [ジジ・イン・パラディスコ]
Gigi In Paradisco (Album Version) / Dalida

16. Dalida - Salma ya salama (version égyptienne) [恋の呪文]
Salma Ya Salama (Arabic Version) / Dalida

17. Dalida - Laissez-moi danser [マンデー・チューズデー]
伊.トト・クトゥーニョ.cover
Monday Tuesday ... Laissez moi danser (Album Version) / Dalida

18. JC Petit - La solitude
La solitude (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

19. JC Petit - Youssef Chahine
Youssef Chahine (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

20. JC Petit - Dalida thème
Dalida thème (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

21. JC Petit - Je vais arrêter
Je vais arrêter (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

22. Dalida - Pour ne pas vivre seule [独りは嫌だから]
Pour ne pas vivre seul (Album Version) / Dalida

23. JC Petit - Plan Paradiso
Plan paradiso (Bande originale du film 'Dalida') / Jean-Claude Petit

24. Dalida - Mourir sur scène [歌いつづけて]
Mourir sur scène (Album Version) / Dalida


『生きる男 / ダリダ』(JE ME SENS VIVRE / UN UOMO VIVO)

■PAROLES;ジーノ・パオーリ、ジャック・プラント
■MUSIQUE;ジーノ・パオーリ

Je ne savais pas pourquoi je vivais
Je ne savais pas quoi je servais
Maintenant, maintenant je le sais

Mes yeux ne sont faits que pour te regarder
Mes lèvres ne servent qu'à t'offrir mes baisers
Mon oreille à compter les battements de ton cœur
Et mes mains à saisir et garder ta chaleur

Et depuis lors je me sens vivre
Je me sens vivre parce que je t'aime
Et depuis lors je me sens vivre
Je me sens vivre parce que je t'aime

Parce que je t'aime
Parce que je t'aime
Parce que je t'aime
Suis aimée de toi

Mes yeux ne sont faits que pour voir ton réveil
Mes lèvres ne servent qu'à bercer ton sommeil
Mon épaule est formée pour le creux de tes bras
Et mon corps tout entier pour dormir avec toi

Et depuis lors je me sens vivre
Je me sens vivre parce que je t'aime
Et depuis lors je me sens vivre
Je me sens vivre parce que je t'aime

Parce que je t'aime
Parce que je t'aime
Parce que je t'aime
Suis aimée de toi


『生きる男 / ジーノ・パオーリ』(UN UOMO VIVO)

■TESTI;ジーノ・パオーリ
■MUSICA;ジーノ・パオーリ

Io non sapevo per cosa vivevo
Io non sapevo a che cosa servivo
Ora so, ora so

I miei occhi mi servono
Per vedere te
Le mie labbra mi servono
Per parlare a te
Le orecchie mi servono
Per sentire la tua voce
Le mie mani mi servono
Per stringere te

E sono un uomo, un uomo vero
Un uomo vero perché ti amo
E sono un uomo, un uomo vivo
Un uomo vivo perché ti amo
Perché ti amo, io ti amo
Io ti amo e tu ami me

E sono un uomo, un uomo vero
Un uomo vero perché ti amo
E sono un uomo, un uomo vivo
Un uomo vivo perché ti amo
Perché ti amo, io ti amo
Io ti amo e tu ami me






Last updated  May 2, 2019 12:49:24 AM
コメント(0) | コメントを書く
December 1, 2018




☆日本でも知名度の高いフレンチポップスの大スター;ミッシェル・ポルナレフが気が遠くなるほど久々にオリジナル・ニューアルバム『Enfin!』を本国フランスで昨日リリースしました。

アルバムには全11曲が収録されており、ポルナレフらしいポップな楽曲’06年のシングル『Ophelie Flagrant Des Lits』、最近のライブで披露した新曲『 L'Homme En Rouge』そして得意のバラード曲『Grandis Pas』など聴きごたえのあるナンバーが並んでいます。

『Enfin!』Michel Polnareff

01. Phantom
02. Sumi
03. Grandis Pas
04. Louka's Song
05. Ophelie Flagrant Des Lits
06. Longtime
07. Positions
08. Terre Happy
09. L'Homme En Rouge
10. Dans Ta Playlist (C'est Ta Chanson)
11. Agua Caliente








Last updated  December 1, 2018 07:05:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
November 12, 2018






☆モーリス・ファノンが作詞作曲したシャンソン不朽の名曲『スカーフ』(L'ECHRPE)、ピア・コロンボの名唱も有名だが、作者:モーリス・ファノン自身のバージョンもとても良い。

1963年にCBSに録音した最初のバージョンは、モノラル録音だがピアノとオーケストラのアレンジが秀悦で、2回目の録音は1986年にDISQUE MEYSにステレオ録音されたギターを基調としたアコースティックなアレンジとなっている。
それぞれ趣があって良いが、筆者は最初の録音の方が気に入っている。






Last updated  November 12, 2018 02:47:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
October 26, 2018




☆「007 慰めの報酬」「潜水服は蝶の夢を見る」の俳優マチュー・アマルリックが監督・脚本・出演を務め、「ナントに雨が降る」などの名曲で知られるフランスの伝説的歌手バルバラを題材に撮りあげたドラマ。

新作映画でシャンソン界の女王バルバラを演じる女優ブリジットは、バルバラになりきるため彼女の性格や歌声、動作などすべてを真似して自分の中に取り込もうとする。バルバラの存在はブリジットの中で少しずつ大きくなり、心身ともにバルバラに支配されていく。

映画監督のイブもそんな彼女にのめり込み、2人は次第に現実との境目を見失っていく。
バルバラ本人の貴重なステージ映像も交えながら、一個人のアイデンティティの崩壊と再生を描く。
アマルリックの元パートナーであるジャンヌ・バリバールが主人公を熱演。
2017年・第70回カンヌ国際映画祭ある視点部門でポエティックストーリー賞を受賞。




(いつ帰って来るの? / バルバラ)
(Dis,quand reviendras-tu? / Barbara)






Last updated  October 26, 2018 07:17:36 AM
コメント(0) | コメントを書く
October 2, 2018




☆フランスを代表するシャンソン歌手シャルル・アズナブール氏が、南仏プロバンス地方の自宅で死去した。94歳だった。AFP通信などが1日、伝えた。

 パリ出身。アルメニア系の家系に生まれ、父はバリトン歌手、母は女優。幼少の頃から、父親が経営するレストランで舞台に立った。

 1940年代前半、仏作曲家ピエール・ロッシュとデュオ「ロッシュとアズナブール」を結成。エディット・ピアフに才能を認められ、米国での公演旅行に同行し前座を務めた。
50年代からソロとしての活動を本格化し、57年、パリでのコンサートで大成功を収める。

68年の初来日公演で多くのファンを魅了した。
亡くなる直前の9月にも日本で公演を行うなど、晩年も精力的な活動を続け、今後も世界各地でコンサートの予定が来年まで詰まっていた。

 9月28日には、日本地図が描かれたジャンパーを着て仏テレビに出演。
妻に引退を勧められたことを問われると「私はステージの上で生きていく」と答え、死ぬまで歌い続ける決意を語ったばかりだった。

 制作活動でも才能を発揮し、60年代前半のシルビー・バルタンのヒット曲「アイドルを探せ」の歌詞や、映画「ノッティングヒルの恋人」(99年)に使われ再ヒットした「シー(She)」の楽曲などを手掛けた。
俳優としても活躍し、60年にフランソワ・トリュフォー監督の「ピアニストを撃て」で主役のピアニストを演じた。









Last updated  October 2, 2018 01:07:35 AM
コメント(0) | コメントを書く




☆フランスを代表するシャンソン歌手のシャルル・アズナブールさんが亡くなった。94歳だった。1日、仏メディアが一斉に伝えた。

 1924年、アルメニア系移民の両親のもと、パリで生まれた。

 幼少から俳優と歌手を志してパリの小さな舞台で日銭を稼ぎ、46年、シャンソン歌手エディット・ピアフに見込まれて前座で歌い、名が知られるようになった。

 低くて渋いしゃがれ声が特徴で、代表曲に「ラ・ボエーム」や「世界の果てに」などがある。

作曲や作詞も手がけ、1400曲以上のシャンソンを書き、60本以上の映画にも出演。
18年9月には日本でコンサートを開いたばかりだった。








Last updated  October 2, 2018 01:11:10 AM
コメント(0) | コメントを書く




☆フランスを代表するシャンソン歌手で日本でも人気を博したシャルル・アズナブールさんが亡くなった。94歳だった。「LE FIGARO」などフランスのメディアが一斉に報じた。

 アルメニア系移民の子としてパリに生まれ、80年以上の輝かしいキャリアで知られるフランスを代表する国民的歌手。
17年にはハリウッドの「ウオーク・オブ・フェイム」入りを果たしている。

 フィガロ紙によると、結婚歴は3回で6人の子供をもうけた。現在の妻とは50年以上の結婚生活になるという。

 黒柳徹子は2006年、テレビ朝日「徹子の部屋」をパリで収録した際、同氏と対談を行い、「世界的なスターなのに普通に振る舞う姿がすてきでした」と感動していた。

 1974年に発表した代表曲「SHE(邦題・忘れじの面影)」は、ヒュー・グラントとジュリア・ロバーツが共演した「ノッティングヒルの恋人」の主題歌「SHE」として、エルヴィス・コステロがカバーし、世界的に大ヒットした。




(『僕は旅立つ』娘の歌手;カティア・アズナヴールとデュエット)






Last updated  October 2, 2018 01:14:33 AM
コメント(0) | コメントを書く

全1526件 (1526件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.