761671 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りぃ-子’s SCRAP BOOK

PR

全362件 (362件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >

人生ケセラセラ

2020.11.23
XML
カテゴリ:人生ケセラセラ
渋谷の路上生活者を、殴り殺した事件が起こりましたが、
おそらく彼は自分が正しいと、今も思っているのではないでしょうか。

確かに路上生活者が、自宅の周りで暮らしていたら、なんとなく不安だしどこか別のところへ行って・・・とか、または市が救済して欲しい、とか思うだろうな。
とりあえず、自分の生活圏から姿を消して欲しいと・・・
そう思ってしまうのは、やむを得ないかも。


この事件もだけど、学校や世間でのいじめも、正義感からのこと、多いような気がする。
自分は正義。
正義ではないものを排除しても良い、自分は正義のために頑張らなくちゃ、と。


コレが一番怖いのかも・・・と思う。

自分の中にも、そういう部分はあって、気になってるけど、なかなか直せないとこです。


正義より大事なものがあるはず。

言い古された言葉だけど、思いやり。

相手の立場に立つなど容易ではないし、
立ったつもりでもピントハズレだったりしそう。


でも、相手を正義の刃で切り捨てるのではなく、
困ってるんじゃないかないかな、とか
対処法を、生きてくる間に誰にも教わることができなかったのかもしれない、とか
自分とは違う相手の今までを、とりあえず「そういうこともある」と一回受け止めようと考える、とか。

人生の機微を知っていくことが、人の成長なのかもしれないですね。



心が豊かな人は、周りの人から受け入れられ、尊敬されるのに、
同じように、いや、もっと正義感を貫き真面目に生きてる自分が評価を得られず、周りの人に引かれているのか納得できずに余計いこじになる。

なんか、わかるのです。
私自身がそういうとこがあるから。

自分に都合の悪いものを、正義の名前を借りて自分の目の前から消そうとする行為、
ホントは正義ではなく、ただ自分に甘いだけ、なんでしょうね。






最終更新日  2020.11.23 08:36:01
コメント(0) | コメントを書く


2020.11.15
カテゴリ:人生ケセラセラ
私が素敵な人だな、と思う相手は、
まず、おおらかで、人をできるだけ許し、困ったり文句を言ったりしつつも、面白がってしまいながらそのままを受け取ろうとする人。
ただ、完全に良い人ではなく、少し客観的な批判ができたり、毒があったりする方が面白い。

そして、自分自身のことも他人と同じように許し受け入れていること。

自分もそこそこ好きだけど、自分の欠点もわかって入る・・・みたいな人。


世間で言う良い人、きちんとして常識をわきまえ、良識からはみ出さないように暮らすことが価値観という人は・・・とても苦手。

私の好きな人も、外見上はそのように暮らしてるはずだから、
その違いは私にしかわからないものなのかもしれないけど。

でも、ちょっと我儘であることは、料理のスパイスのようなものなのかもしれない。

誰でも同じように美味しく作れる料理であっても、
この味自分好み!って思うのと、「普通だな」って思うのと、そんな違いかもね。


私も自分が思うような生き方がしたいのだけど、
イザ自分となるとまるきりできない。
還暦も過ぎたというのに、なかなか成長できないものだな。


どうしても批判的で、文句や批判ばっかり。
自己中だと、自分に都合の悪いものに対して全てそうなってしまうのだと、
わかっちゃいるんだけど。

あーーー
おおらかに生きられたらなあ。


*********
たまにはGOTOイートに行こうかと母に聞いたら、
「やめとく、あっちの世界に行っちゃうと困るから」という。

母、まだまだ生きたいと思ってる。
週に一度のデイサービスと、月イチの病院以外家から出ない生活で、
毎日TVの通販か、時代劇か、ニュースか、歌番組ばかり観てるけど、
生きるの楽しんでるんだな。

何より安心するのは、その人が人生をそれなりに楽しんでるとわかる時かも。

愚痴ばかりだったり、もう死にたいとか言われたとしたら、
家族はしんどいけど、特に何もできない生活であっても、
それなりに楽しく暮らしてるのだとしたら、ホッとする。


自分も、寿命がどのくらいかはわからないけど、
寿命のある間は、それなりに毎日を楽しんで暮らせたら、それだけで良いんじゃないかと思えた。






最終更新日  2020.11.15 00:22:15
コメント(0) | コメントを書く
2020.10.30
カテゴリ:人生ケセラセラ
このニュースには結構ショックをうけた。

おそらくだけど、映画公開に向けてTV出まくってる時期だし、
映画への影響を思って動転してしまったのかもしれないね。

被害者の方には本当にお気の毒な事件で、
伊藤健太郎くんを擁護するわけでもないのだけど・・・
でも、気持ちはわかるかもしれない、と思ってしまう。


交通事故、誰にでもあり得ること。
ホントに怖いな、加害者になることも、被害者になることも恐ろしい。

こういう事件を見ると、その時逃げないことを、強く心しておかねばならないと思う。
逃げたくなる気持ちも、わかるもの。
でも、事前から強く心に決め、
それだからこそ、安全運転により一層気をつけなくては。


彼のしたことは犯罪ではあるのだけど、
でも、正直言って、必ず戻り、これからもお仕事頑張ってほしいと思う。

失敗が大きいからと言って、
諦めなくてはならない訳ではない・・・
失敗だらけ、傷だらけでも、
自分が選んだ道しか歩いていけないからね。






最終更新日  2020.10.30 00:15:26
コメント(2) | コメントを書く
2020.09.30
カテゴリ:人生ケセラセラ
いろいろ鬱憤が溜まってきた。
仕事自体は好きだけど、うちの会社色々おかしすぎる。
イヤ、日本全体そんなものなのかもしれないけど。

あーやだやだ、めっちゃしんどい。

周期的に、精神保たなくなる。

おそらくどんな人でもそうだろう、このポジション。

給与額の割に、仕事の責任やリスク、そして量がメチャ大きい。

皆がそうなら納得だけど、周りの男性は一日2時間分の仕事しかしてないのに、
給与は私の2~3倍。

PC見て、楽天カードの加入手続きや、楽天の携帯を購入したり、
個人旅行の計画表作ったり・・・
社長が居ない時は、私用でこっそり外出したり。


上はそんな感じ。
下はといえば、私は毎度ボヤく、何年経っても全く仕事を覚えないパートさん。
彼女は正社員採用だけど、自分の都合で6時間パートとして働いてるが、
今年の年末には正社員になるつもりだという。

だから、仕事自体は正社員としてやってもらわないとならないはずなんだけどね。

でも、6~7年経っても何も覚えず、『何度か説明したよね』と言っても、
「え・・・私にですか?」とか頓珍漢なことを言って、それでおしまい。

ノートに書いて、必ずまとめておいて、毎回確認しながらやってと、
何度言っただろう。

6年経っても彼女のノートにはメモが数個のまま。


「年間ダイアリーに、毎月毎月、面倒でも、例えば月曜の欄にはこれとこれ、15日の欄にはこれ、と、
毎月必ずやることになっている仕事を先に書き込んでおけば、やり忘れないよ」
と言っても、書かないし、ダイアリーを見ない。

いろいろ・・・私の言ったことを無視して、勝手に書き換えてあったりする。

簿記も経理も未経験で何も知らないのに、一言も断らずに私がやってあった仕事を勝手に書き変えてあり、二重払いしそうになったことも何度かあった。

仕事を覚えないから仕事が増えず、暇なので、帳簿にぬりえや落書きがしてある・・・・

その彼女の仕事を、直接私の上司が注意してくれれば良いのだけど、
彼女が居ないときにこっそり私に「彼女は間違いが多いから、必ず見直せ」という。

それじゃ、私の仕事全然減らないじゃん?
もちろん入って3年目くらいまではわかるよ。

でも、6~7年ったら、ベテランで普通なら後輩を指導する立場でしょ。
何年私の責任?

私は事務所のいろいろな人の仕事を確認・チェックしているけど、
私の仕事はだーれも二重チェックしてくれないシステムで、
私がもしミスすれば、全部私一人の責任になって責められて、助けてはくれない。

普通なら、事務二人でお互い確認し合うのでしょうけど、
私の同僚(パートさん)は、暇な時はネット見てさぼるのみ。

いずれあなたがこの仕事全部やるのよ?と言っても、
半分くらいなら頑張るというだけ。

それで許されるのは、なぜ?

もーやだ。






最終更新日  2020.09.30 00:16:06
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.29
カテゴリ:人生ケセラセラ
竹内結子さんが亡くなって、報道の時「相談できます、相談するところがあります」と注釈がつくけど。

本当に相談に乗ってくれるのだろうか。
具体的に、少しは救われる解決が期待できるのだろうか。

うちでは長男が小学校中学年で早い反抗期になった時、
先生もカウンセラーも、誰も相談にのってはくれず、ただ私と長男を責めるだけだった。

もちろん私は未熟な母親だったし、今も母親業がどうも苦手で、ろくでもない親だ。

でも、そういう能力に欠ける親をフォローしてくれるのが、学校とかカウンセラーではないの?


長女が一人の女子のいじめに一年耐えて、ついに不登校になった時も、同じだった。
親身になってくれたカウンセラーさんには感謝しているし、気持ちの面では救われたけど、
でも実際問題の解決にはならなかった。

先生方にも感謝しているけれど・・・
結局は皆何もその件に対して、スキルが無いのだ。
できることはすごくしてくださった。
でも、結局は我々は落ちこぼれで、重荷だったのだ。

当の母と娘も一生懸命だったけど、どうしたら良いか見当もつかず、
先生も病院もカウンセラーも、皆何もわからないまま年月が過ぎ。

ネットで知り合った『昔うちの子も不登校だったよ』という先輩の親御さんからのアドバイスが、一番助かったな。
その時は、それでももどかしかったけど、結局は一番助かった。

たまたま出会った娘と波動の合うカウンセラーの先生や、通信制の学校での出会いなどによって自然となんとかなった。

運が良かったとしかいいようがない。


ただ、公共の何かに相談しても、おそらくは・・・・・
がっかりするに違いないと、私は経験から思う。


まあ、生活苦などはもしかしたら何らかの制度で多少救われることもあるのかもしれないけど・・・

でも、シングルで子育てしてる知人は、どんなに困ってもどうにもならないとこに来てるようだ。
今後は借金・・・なのかな。
不安だけど、お金貸すほどの仲ではないし、そんな余裕も無いし、
お金貸し借りのイザコザも避けたい。



竹内さん、良い精神科のお医者さんに出会えたら、良かったのかな。
それでなくても、例えばアロマや、先日書いたCBDなんかが、たまたま気持ちを楽にしてくれる事もあるかもしれない。


結局は・・・
出会いなのか。

人や、薬や、癒やし系の何かとの・・・

それとも、そういう運なのか。


人生、美人は得ではあるけど、だから幸せになるとは限らない。
身近を見てもそう思う。






最終更新日  2020.09.29 00:15:41
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.28
カテゴリ:人生ケセラセラ
あれ?
フェフ姉さんってまだ27~8歳なの?
じゃ、最初に番組に出た当初は二十歳そこそこだったのかなー?
なのに、姉さんだったの・・・

にしても、多田さん、いいなー。
この二人の絆って何かなって思ってたんだけど、
ほぼ幼馴染的な関係?

二人共、それぞれ素敵だったー
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*

桐谷さん。
どういう経緯で株で生計をたてる人生になったのかに、興味ある。
えっ調べてみたら元棋士だったんだって。
すごーい。

棋を引退してから株を中心の生活になったそうなんだけど、
やはりその記憶力やら分析力やらが並外れているってことなんだろうな。
頭脳なのね。

優待って、保有する株数が多くても最小単位でも同じなので、
最小単位で分散投資がオススメらしいけど。

でも、あんな慌ただしい生活は・・・ついていけない。
私はすごく好きな人としか付き合えないし、
とても気に入ってるものしか欲しくない。

だから・・・どんなに高価でも要らないものは不要。
私にはできないなー。
優待券とかもらっても、無駄にするタイプ。



路上パフォーマー・・・
なんといってもこれ、一番ビックリした~!!!!!


ショッ―il|Σ(゚д゚〃)il|―ック!!







最終更新日  2020.09.28 23:40:31
コメント(0) | コメントを書く
2020.09.27
カテゴリ:人生ケセラセラ
星占いとかは、当たっているとか思ったことが殆どない。
TVや雑誌だから、不特定多数に向けて書かれているしね。

じゃ、占い師さんに占ってもらったことってあったかなー?

でも、母が結婚するとき伊豆で有名だった占い師さんにいろいろ相談してたんだそうだけど
(昭和30年頃なので、もうその方はいませんが)
父は10人兄弟の二番目で、そのうち一番上と二番目には、その父親(私の祖父)が恨みをかっているので、子どもができないと言われたんだそう。

でも実際は父も伯父(本家)も子どもが生まれた。

だけどそれから時代が経ってみて、
本家の一番上と二番目の従姉妹は二人共子どもが居ず、
他の兄弟は子どもはいるけど嫁やら婿やらに出て、本家の墓を継ぐものは居ない。

そして次男の我が家も、二人共嫁に出て、長男は私の実家の跡取りにはならない。

当たっては居ないけど、気にはなってる。
母も、この話をしたのはやはりどこか気になっているからなんだろうけど。






最終更新日  2020.09.27 23:41:34
コメント(2) | コメントを書く
2020.09.12
カテゴリ:人生ケセラセラ
私がこの、今の人生を最も幸福に感じる時は、
結局、美しい夕空や、少し物悲しい9月の濃い青空や、秋の始まりを感じさせるうろこぐもを見た時や、
お天気雨の日に、電線に光る大きな水滴に見とれたり

そういう、美しい地球を味わう瞬間かな。

何十年か、そういう地球上に暮らしていなければ、観ることもない美しいものを
季節により、天候により、自分の心のありようにより、
つくづく染み込むように味わえる毎日。

生きてる間だけの、幸福だなと思う。


それから、人との関わり。
本来人間が苦手で、上手く他人との距離感をつかめないまま還暦になってしまったけど。
そんな私でも、人と関わるのは楽しい。

人に対し、ムカッとしやすい私だが、瞬間的に自分の思い通りにならなかった苛立ちであり、
心底人を憎むことは、あまり無い。
あまりにひどいことをされた場合は、そのことは忘れないけど、
だからといって憎むとか、仕返ししようとかいう程のテンションにはならないんだな。

ただ、嫌なこと、苦手な人とはなるべく関わらないで暮らしたいし、
実際できる限りそうしているなー。

ごく少数のとても好きな人達。
彼らが本当に大切だ。

家族や、長年の友人。
数はとても少ないかもしれないけど、彼らと話したり、一緒の時間を過ごせたりすることが
人生を楽しく、刺激的なものにしてくれている。


それから、猫と、庭と。

それに、仕事や収入、お金を得ることも大好き。
おそらく、子供の頃家が貧乏と思い込まされて、本以外は何かをねだることも遠慮していたせいで
お金に対し渇望感があるのだと思う。

こういう、子供の頃に満たされないものって・・・
結構一生跡を引くから怖いよね。

収入面だけでなく、何か役に立つとか、時間を有効に費やすとか、そういう安心感の方がより大きいのかもしれないけど。






最終更新日  2020.09.12 10:21:35
コメント(0) | コメントを書く
2020.08.25
カテゴリ:人生ケセラセラ
素の自分、ってことなのかな。

意外とわからない・・・

ほのぼの、のんびりしてる?確かにそういうとこもある。

でも、社会人になってから、いろーんな経験を積み重ねているうちに
キリキリ細かいとこにきっちりしてて、だらしない人を許せない部分が結構育ってきてしまったかな。

ポジティブで、ある程度ヤバイ状況でもなんとかなるさとか、
やってみれば思いも寄らない良い経験になるかも?と捉えがちだが・・・

疲れていたり、時間に余裕がないと、
イキナリ爆発して、自分が可愛そうになって大泣きしてみたり。

人を肯定的に捉えてみたり、
すーごい意地悪に批判してみたり。

私は、ホントはどんな人?

自分が思ってるより、かなり印象悪いかも。

又、ある面しか観ていない人が、私の別の面を観たら、
いつもはウソじゃないかと思うかもしれない。


長年なかなか自分をコントロール出来ないことを悩んできたが。


混乱したら、運転のように、色んな感情を手離して
ニュートラルに戻ってみたら良いんじゃないかと思った。

そのニュートラルな自分ってのは

自分のイメージで決めていいのかも。


私は・・・
暖かく 楽しく ユーモアを愛し
でも、ネガティブで自己否定しがち。
ただ、できるだけ毎日を楽しんで過ごしたいと思ってる。

素の私って、そんだけのことなのかもしれないな。

その位置に一回戻って、怒りやイライラを手放して、再スタートする習慣をつけられたらいいな。






最終更新日  2020.08.25 22:16:18
コメント(0) | コメントを書く
2020.07.30
カテゴリ:人生ケセラセラ
子育ては、すごいストレスで、苦手だった。
苦しくて、どうにもならず、わたしも子供たちも、小学校~高校時代は不幸な時代だ。

自分なりには精一杯だったが、子供たちの良いところを、信じて伸ばしてやることができなかった。
自分の価値観を押し付け、随分と押さえつけ、捻じ曲げてしまった。

そうはすまいと、強く思っていたのに・・・
すくすく伸ばしてやることができず、ともかく四方に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。


正直、今どきの子らしく草食系で彼女もいず、それをなんとかしようとする様子もない長男は、もう大人なんだからと放置していいものか、良くわからない。

かといって、私がおせっかいして上手くいった試しなどないのだから。。。


全然なにもかも済んだとも思えず、上手く行ったとも思えず。
それでも、ともかく子供たちは収入をえる大人になり、長女は家事もまかせられるようになってきた。

なので、私が習い事の日は、娘に頼めば家族は困らない。
こんな自由は結婚以来。

だからといって、人生ずっと自由な方が幸せとも思わないけど。
いろいろ悩み苦しみ、自分のことは後回しにしてきた30年があるから、
今の自由の幸せが身に染みる。

毎日のようにプールに通って、
週に一度日本画教室に通う。
まるで、小学生時代のようだ。

毎日楽しかったけど、今も同じように楽しい。

なるほど、還暦で人生一回り、又新しく始まる巡りで子供に戻ったってことか。






最終更新日  2020.07.30 23:32:01
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全362件 (362件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 37 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.