764022 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りぃ-子’s SCRAP BOOK

PR

全115件 (115件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

勉強 習い事

2019.10.04
XML
カテゴリ:勉強 習い事
特に勉強が大好きというわけではないけど、お金もあるし地元の大学なら進学しても良いよと言う親に行かしてもらう大学・・・と言うイメージだった常葉大学。
特に、高校からそのまま進学の人が多いという感じだった。

でも、数年前から浜松大学を吸収したりで、静岡を代表する大学を目指してきたように見える。
偏差値の低い浜松大学と一緒になるのは抵抗がある卒業生・在校生は多かったようだけど。

決定的だったのは、​草薙駅前の抜群の立地に、素晴らしい新校舎ができた​ことだろう。

昨年辺りから、新校舎の学部は非常に難しくなっているらしく、全然滑り止めにならないとは聞いていた。

いよいよ、滑り止めから、「地元の大学で学び楽しむ学生生活」「行きたい本命大学」としての存在になってきたようだ。
家から通えれば、借金しなくても、もしくは比較的小額の奨学金(借金)で卒業できるのも魅力。

卒業してから奨学金ローンに苦しむ若い人の問題が取り上げられて久しいが、地元でも魅力ある大学があるなら、希望が持てるし、誇りももてるなんて素晴らしい。

長年若い人が東京に流出することが問題とされてきたけど、数えてみれば静岡県内にも沢山大学がある。
静岡大、静岡県立、浜松医大、日大、東海大学、静岡文化芸術、静岡理工科大、静岡産業大、静岡英和、静岡福祉、聖隷クリスタファー大・・・
これらがさらに魅力のある大学になれば、県内で進学就職する人が増えるんだろうなー。






最終更新日  2019.10.04 00:25:05
コメント(0) | コメントを書く


2019.10.03
カテゴリ:勉強 習い事
今日は蒸し暑かったけれど、それでも10月、夏ばてのしんどさも少し楽になってきた。
今年は・・・ほんとうに体が重く疲れが取れない夏だったから、もしかしてこれからすごし易くなるのかと思うとほっとする!

前回日本画がともかく完成したので、今日から新しい製作にとりかかった。

今まで日本画とは一体なになのか、つかめずに迷走してきた。
今回出来上がった作品は、最後までピンとこないままで・・・
でも、前回は上手く描けずとても苦しんで、途中で止めたくなった割に、今ではすっかりお気に入り。

上手く描けなくても、その作品が好きだと思えればいいんだよなー。

今回描き始めた絵は、もっとのびのび向き合いたいな。
同じ教室の、美大の日本画を出たクラスメイトが「自由に何でもできるのが、日本画だよ!」って言ってくれた。
日本画は砂で書くから、一回塗ってもその上に絵の具を置けば意外と上塗りが効くし、同時に深みが出る、そこがメッチャ楽しんだから、楽しもう!って。

彼女、大好きなんだー。

なかなか思い通りの効果が出ないけど、気を楽に楽しもうっと。






最終更新日  2019.10.03 23:32:09
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.05
カテゴリ:勉強 習い事
今回も、あー失敗だ、もうコレ捨てて、新しいの描きたい~!!という本音を心の中で押さえつつ...

それでも先生が要所要所で救い、わずかな良いところを褒め育ててくださるので。

今日三枚目の作品がなんとか出来上がりましたー!!

日本画って不思議。
水彩画は、上手いかどうかはともかく、だいたい見たままを素直に紙に写し取る事ができる。
油絵もテクニックが要るけど、まあほぼほぼ思った通りの絵になっていく。
でも、日本画は全然思い通りにならないんだなー。
なんでだろ?
水彩画だって日本画だって、腕は同じ。
日本画の裏切り方に全然慣れられないけど、でも気が付けば自分の思ったのと違う効果が出て、いつの間にかなんか面白い作品に変ってる。
全開まで、なんか地味になっちゃったと思ってたけど、今日何色かをほーんの少しずつ面相筆で乗せてみたところ、急に画面が明るくなった。

面白いな~。
いつも、途中ではこの絵キライ、失敗作って思いつつ、もてあましてるんだけど、
出来上がると自分なりに好きな作品になってる。

とはいえ、吾ながら上手くは無いわー。


次は何描こうかな!






最終更新日  2019.09.05 23:46:13
コメント(4) | コメントを書く
2019.08.29
カテゴリ:勉強 習い事
日本画、今回の絵はどうも失敗だったかな・・・
と、まあ、毎回思いながら仕上げてく訳だけど。

そもそも、才能なんてないのだから、自分のイメージとは大きく隔たりがあり、埋めきれるものではないわね。

だけど、先生に相談しながら、悩みつつ、投げたくなりつつ、それでも途中で止めたら毎回仕上がらないわ、と根気のみ。

今回の黄色い花の絵、なんとか形になってきた。
これというのも、日本画の絵の具の美しさ。
結局、日本画の絵の具を塗れば、それだけで何か雰囲気が出るのだな。

上手くいかなくても、自分のイメージを探りながら重ねてく。
スケッチとはかけ離れた絵に仕上がっていくけど、それは悪くはなくて、スケッチとは違う雰囲気が出てくる。
そこが日本画の面白さかなー。

次回で仕上がるかも!






最終更新日  2019.08.29 23:06:26
コメント(0) | コメントを書く
2019.04.16
カテゴリ:勉強 習い事
子どもの頃から集団行動が苦手で、学校にも馴染めなかった上に、習い事も大抵が先生に馴染めず挫折している。

太極拳も結局はそれかな・・・
今までのヨガも、お茶やお花も。
ピアノや運動と違い、そこそこ得意だったり好きだったりする習い事であっても、
他の生徒さんのように先生と自然と仲良くなっていく事が、私には難しかった。

段々なんか居心地が悪くなって、行くのに気が重くなって・・・

貴重な、下手でも続いている日本画は、ともかく先生がとてもキュートで可愛いの。
私よりお若いけど、生徒皆を優しい姉のように見守ってくださる。
多少やっかいな生徒にも、愛着を持って接してくれる。
長年お付き合いすればするほど、そのおおらかさと変わらぬスタンスに安心して居られる。
でも、キチンと師と生徒の関係のままでそれ以上深入りも無いのね。

そういうのってやっぱり天性のものかしら。
意図的にできるものでもないかもね。
それでも、止めて行かれる生徒さんもいるので、相性もあるし、日本画というものへのこだわり度もあるだろうし。


この度始めたヨガも、先生がとてもイイカンジ。
私は好きだわー。
淡々と、きちんと。
とても説明がわかり易いし、ふんわりしつつキリッともされていて。

この調子で、ヨガ、続けていけるといいなー。

今日は第一回よりちょっとキツいとこもあったかな。
体があたたまった。
一緒に通う友人が今日は、普段血行が悪いのが血行が良くなるせいか、頭痛がするんだよね・・・って言っていた。

調べたらそれって結構ヨガあるあるらしい。
ヨガではずっと呼吸の仕方と動きとを一緒に語られて指導されるんだけど、深い呼吸をする習慣が無い初心者は、気付かず呼吸が浅くなりがちだとか、
頭を下げるポーズの時、微妙な位置によって起こりがちだとか、
いろいろ原因があるらしいし、
無理し無い方が良いとも書いてある。

来週は講座が始まる前に、先生に相談する方が良さそうだな。






最終更新日  2019.04.16 21:24:15
コメント(0) | コメントを書く
2019.01.31
カテゴリ:勉強 習い事
寒さに弱いので、毎年冬はいろいろサボりがち。
友達とのウォーキングも全然行っていないし、
大好きな日本画さえも何度か休んじゃうんだよね。
特に今年はぎっくり腰がなかなか治らなかったので辛かった。

でもでも、先日はだるかったけど頑張って行った!

行ったらめっちゃ楽しかったー!!
やっぱ、絵を描くのが好きだなんだ。
それに、それぞれが楽しく真剣に取り組んでいる教室の雰囲気が良い。
先生がチャーミングで、もうすっごく大好き!!


実は私、運動も小さな頃から大好きで、日がな一日走り回り、バレーボールやバトミントンだって空き地で日が暮れても転げまわって夢中だったんだけどね。
悲しいかな、走るのめっちゃ遅いし、筋力つかない・・・反射能力だけは高い方と言われる(テニスの前衛とか)けど、強いボールが投げられないし、ジャンプ力が全然無くて・・・
大好きだったけど、能力がまるきり追いつかず・・・

ほんとなら、ママさんバレーだって参加したいくらいなんだけど、戦力にならないのでメンバー足りないのに断られたと言う残念さ。

他にも、楽器や歌が上手かったらもっと大好きだったと思うし。

そんな中で、唯一なんだよね、大好きだけど苦手じゃないもの。

そんな人って他にもいるものかしら・・・?
残念でたまらないけど、そんな事言ったって変わらないしね。
でも、他に迷いようが無いって、いいかもよ。

ともかく行けば楽しい。
寒くてイヤイヤだったけど、行って良かった。






最終更新日  2019.01.31 23:37:18
コメント(0) | コメントを書く
2018.12.11
カテゴリ:勉強 習い事
今就職の面接で何より重要視されているのが、コミニュケーション力だという。
なるほど・・・うちの長男がなかなか就職決まらなかったわけだわ。

でも、コミニュケーション力も訓練と言うか、習慣だよね。
私も若い頃は、特に気がおけない友人意外には、何も自分の意見を言えなかったなー。
就職もコミニュケーション能力が低くても出来そうな?製造部を希望してた。
ところが、コミニュケーション力が低い同士の製造部はとても居ごこちが悪かった。
先輩には総スカン。

そこへ、営業部の事務員が急に辞める事になり、有無を言わせず営業部事務に異動になった私。
泣くほどイヤだった。
営業部なんて、勤まるわけが無い。

ところが・・・私が会話力ゼロでも、営業部の人たちは能力が高く、ダメな私を補って育ててくれた。
お互い、言うべき事がある時は、必ず伝えないと後で大変な事になるのも経験し、
大変なことになる前に必ずほうれんそう。

ま、今でも会話力は高くないけど、その事自体では苦しまずに生きていける程度に能力アップした。

私には営業能力、会話能力が高い先輩方の真似は上手くできないけど、何かできる事はないかとずっと思っていたのね。

そこへ、今日勉強して知った「ファシリテーション」講座。
これって、私が知りたかった内容だよ~!

講師の鈴木まり子先生は、母校法政大学でも授業を持っておられるそうで、
今は大学始め、小学校までファシリテーションを授業に取り入れるようになってるので、
教授や先生達が必死で勉強していることなんだそう。

簡単に言えば、ロボット化されていく中、人のコミニュケーション力を伸ばす事が重要視され、
授業の一部に必ず、班毎に話し合ったりするようになってるんだって。

で、ファシリテーションというのは、そういう小さい会議から、災害時などに色々な事を処理する際の話し合いなどを効果的に、スムーズに支援し、そして全員を主役として意見を引き出していく役目の事。

普通の会議では、社長や先生、リーダーなどが意見を押し付けたり、もしくは結局意見が出なくて仕方がなく上から提案する形になったりするよね?
そういう形だと、参加者は受身に徹して、押し付けられた仕事をイヤイヤするとか、ヤル気にならないとかいう結果になりがち。

でも、参加者全員が自分なりの考えや感想を口にしても「無理だ」とか「ダメ」とか否定される事なく、受け入れられるから、発言しやすく、多様性が生かされる。
自分達で話し合って決めた事だから、皆が実現しようという気持ちになれる。
その進行役が「ファシリテーター」っていうんだって。

浜松でそのワークショップも行われたりしてるそうで、興味を感じた!
そういう事がとても大事だと思うし、
特に災害時には最初の一週間は行政に頼らず(行政も一杯一杯になるはずなので)町内会などで対応する事になっているそうだけど、そういう時膨大な事を地域民自ら決めていかなくてはならないんだって。

確かに、以前ある会の長をやった時辛かったのは、事前には頼んでも手伝ってくれず、
当日になって「何をすれば良い?」「どんどん支持してよ」とくれくれコールが八方から押し寄せる事。

自分で考えればわかる事・・・例えば机が足りなければ、沢山あるのだから自分で出してくれば良いとか、
全員で同じ事をするから座る場所が足りないなら、空いた容器を洗えば良いのに、自分ひとり違う事をするのはイヤだから、文句を言ってくるとか・・・
そんな人が9割以上だったので、私はあの時期人がキライになった。

その後、そういう事をしない人と何人か友達になれて、又人を信じる事ができるようにはなったけど・・・本当に辛かった。
私はそもそも人の上に立つような能力がないから、仕方なくそうなってしまった時、反感を買うのかな。
人徳がないから。

イザ災害時、班に分かれて班長を決めると、それまで市役所に言っていた文句を、同じ被災者の班長に何人もが文句を言ってくるのだそうで・・・
やりきれないというけど、その気持ちわかる~。

でもその時ファシリテーターがいれば。
それぞれが主役となってこれからどうしていったら良いのか参加型の話し合いができるという。
その技術をできるだけたくさんの人が持ったら・・・いい事だよね。

ワークショップが近くであれば、参加してみたい。






最終更新日  2018.12.11 19:32:17
コメント(2) | コメントを書く
2018.05.18
カテゴリ:勉強 習い事
日本画習い始めてもう5年位かしらん?
でも、最初の3年はスケッチばかりで、モチーフがみつからずに居た。
きっと構えすぎてたんだ、これっていう絵を描きたい!!という強い熱い思いで、なかなかコレを描こうと決められずにだらだらと・・・

なので今描いてるのがやっと三作目。
夏から秋の花。

二作目は正月用で、自分が思ったよりは面白くできたので結構気に入ってる。
上手い訳ではないけどね。

一作目は花菖蒲だったので、今からの季節にピッタリなんだけど・・・
「一作目にしてはちゃんとかけた」と教室の先輩達が言ってくれたけど、なんか途中で終わった感があって・・・
やっぱり続きをもうちょっと仕上げてから飾ろうと、今加筆してるとこ。

今まで岩絵の具も細かい粒子のものが扱い易いので、洗い粒子のものは使ったことが無かったけど、今回初めていかにも砂!って感じ。
ドキドキしたし、もうちょっとにかわを多くすべきだったらしいけど、本当に綺麗。
キラキラして、存在感がある。

日本画の魅力は、何と言っても岩絵の具なんだろうな。
色みの美しさと、粒子の魅力・・・
それをにかわという糊でしっかり絵にくっつける・・・それがなかなか思い通りにならない・・・
というより、まだ何をどうしたらどう出来上がるのか、
全然イメージできないままやってるんだけど。

それでも絵の具の魅力にわくわくして、楽しくてたまらない。

油絵も少しは描いたけど、残念ながらあのべったり塗る感じが苦手だった。

水彩画とも違う・・・
なんかもっと工夫の余地がいっぱいあるらしいんだよね。
重ねると表情が増す楽しみ。

でも正直、一年に一枚がせいぜいだし、一生上手くはならないんだろうな。
上手いと誰かに言われなくてもいい、ただ自分なりのこういうものが書きたいというイメージに合うものが出来れば充分楽しい。






最終更新日  2018.05.18 00:40:51
コメント(0) | コメントを書く
2017.10.05
カテゴリ:勉強 習い事
母の手術・入院と、引越しと・・・で慌てて三ヶ月休会をお願いしてたけど、ひっさびさに日本画再開しました。
もうすっかり忘れてしまった・・・と言うより、元々覚えも悪く、全然まだ身についていないのよね。
何事も習い事は全然身に付かないわたし。いつものこと。

でも、やっぱり日本画は楽しいなー。
下手でも、絵の具を練ったり、垂らしたりぼかしたり、ふっくら置いたり。
なんかやっぱ色がとても綺麗なのよね、岩絵の具の魅力。

あー・・・楽しい^^






最終更新日  2017.10.05 22:59:58
コメント(0) | コメントを書く
2017.09.11
カテゴリ:勉強 習い事
決算っていろいろウッカリもあるし、毎年微妙に違ったり、でも必ず昨年の決算と照らし合わせて確認もする。

私は自社の経理しか担当してないし、若い頃たった1年3ヶ月会計事務所に勤めたっきりだけど、
ほぼ決算処理が出来たところで、必ずその翌月の月次も処理してしまう。
忙しいので後回しにしがちだけど、でもそれをやると、決算に何か間違いや過不足があれば「あれ?おかしいな」って事が出てきて、間違いを修正する事ができるのだ。

今年の決算、会計事務所さんがなんだか処理が遅く、総務部長とはいろいろ確認してたみたいだけど、実務担当の私には何も確認が無くてさ。
やっと9月になってから6月決算の書類と、7月月次が戻ってきたんだけど。
あれ?毎年未払いに立ててある6月賞与の社会保険、私の未払い表に横線引いて消してあるのよ。

電話して「なんで消してあるの?(6月末支給のため賞与報告書が間に合わなかったのか7月末に落ちずに)8月末に落ちた賞与の社会保険料をどう処理すればいいの?」って聞いたら、
「決算に間に合わなかったので今年は未払いに立たなかったから、8月経費に」って平然と言う。

多分忘れたんだなと思って、間違いを責めないようにしようと思ってはいたけど、しゃらっとそう言われるとめっちゃ腹立つ!
だって私ちゃんと6月修正分として、7月資料と一緒に8月のお盆休み前に渡したんだから。
それを多分、決算終わるまで開けもしなかったんだろうなー。

もう何十年も会計事務所で働いてるのに、なんで毎年やってることも確認しないんだろう。
せっかく渡した書類も、まさか開けてもみないなんて夢にも思わなかったもんね。
しかも、反省もせず「決算に間に合わなかった」だってさ。

あーやだやだ。
彼女の仕事ぶり、時々めっちゃストレス。






最終更新日  2017.09.12 00:01:34
コメント(0) | コメントを書く

全115件 (115件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.