650777 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

僕の好きな両国

PR

Profile


両太

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Headline News

Category

August 28, 2005
XML
カテゴリ:史跡
この週末、震災記念日の法要の準備が進められています。
本殿の扉が開けられ、拝観できるようになっていました。

まだ、香炉に線香をあげる人はいませんが、献花が途絶えることはないようです。

香炉

本堂正面から階段を上がり、お賽銭を投じ、合掌。

本殿正面 賽銭箱

ふと、後ろを振り返ると新鮮な感じがします。

狛犬北香炉献花狛犬南

右手の慰霊堂拝観入口から本堂へ。

慰霊堂拝観入口

本堂内には、人の気配もなく、ひっそりとしている。
あの匂いもしない。
法要の日には、蝋燭と線香の何ともいえない匂いが堂内を満たす。子供の頃、この匂いと、おどろおどろしい震災後の様子を描いた絵の印象が相まって、震災の恐ろしさのイマジネーションが記憶に残っています。
本堂内をゆっくり、壁面に掛けられている絵をじっくり眺めながら進み、お賽銭を入れ、線香を一本とり、火を点けてから香炉に捧げる。合掌。
さらに堂内を出口(もう一つの入口)にむかってゆっくりあるく。こちら側は東京大空襲の絵が飾られている。
出口手前で、本殿に向かって一礼し、写真を撮らせてもらいました。

慰霊堂内

「由来記」続き。。。

「以来年々祭典法要を重ね永遠の平和を祈願し、「備えよつねに」と、相戒めたのであったが、はからずも、昭和十九年、二十年、東京は、空前の空襲により連日爆撃を受け数百万の家屋財宝は焼失し、十万をこえる人々は、その犠牲となり大正震災に幾倍する惨状に再びみまわれた。・・・」

自然災害のあとは、人間による凄惨な仕業が襲うとは。。。
本当に不幸な出来事です。







Last updated  January 11, 2011 01:15:01 PM
コメント(2) | コメントを書く
[史跡] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


mgKowmkQIGPxVr   rodjer さん
D06JbU http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQOuaxTXbj5iNG.com (April 26, 2015 07:39:31 PM)

ZWLSdPxUqG   matt さん
niwrQv http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQOuaxTXbj5iNG.com (May 1, 2015 09:08:02 AM)

Calendar

Archives

・September , 2019
・August , 2019
・July , 2019
・June , 2019
・May , 2019

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

gordon@ FATMvgDXfLJwdNidgE iTVRFk http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
rodjer@ UEoUPZfuqvCV QIf3Wk http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
matt@ EYqCodIRPzEcxsWjyb MKLjbJ http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
matt@ fUrcQahYDmvDjTf F3hkBw http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…
matt@ ZWLSdPxUqG niwrQv http://www.FyLitCl7Pf7kjQdDUOLQO…

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.