799543 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

両国さくらのファッション・イン・ファッション(Fashion in Fashion)

PR

プロフィール


nomination1103

カテゴリ

2006年05月14日
XML
昨日よりはマシだったが、今日もちょっと肌寒い1日だった。

今、Yahoo!Japanの天気のページを見ると、昨日の最高気温/最低気温が、16℃/13℃、今日が19℃/10℃になっていた。13℃を下回る、なんていうと、もう1度タンスの中からセーターを引っ張り出してきてもおかしくない感じである。

店頭で、ちょっと半袖が売りにくいなぁ、と感じられるショップの皆さんも多いのではなかろうか。

ファッション産業には「3つの気」が重要である、と良く昔から言われている。「天気、景気、やる気」だ。

他産業との大きな違いは、一番目の「天気」の影響が相当に大きい、ということであろう。昨年寒い冬だったお陰で、業界全体が大きな恩恵をこうむった記憶がまだ新しいだけに、アパレルや小売業の幹部の皆様は皆さんきっと天候予測の重要性を改めて感じておられることだろう。有力企業さんは既にMD(マーチャンダイジング)に天候予測をうまく連動させていく仕組みを作っておられるようであるし。

しかし、現場サイドでは、日々の微妙な体感温度の変化に対し今現在入荷している商品で対応していく以外に対処の方法はない。一度奥のストックの倉庫に引っ込めた長袖を、今日は寒いな、と思ったら再び出してきてマネキンに着せるとか、スカーフをマネキンの首に巻く、デニム+リンクル(しわ加工)タイプのスカート、半袖Tシャツやタンクトップの中に長袖Tシャツを重ね着してみせるなど、知恵と工夫が死に筋になっていた商品を思いがけず蘇らせることもある。

別の考え方として、ピュアヤング、ヤングなど若くて元気な客層にはお天気よりファッション優先、と言い切ることも出来る。トレンド、勢いで引っ張れる自信のあるお店ならば、タンクトップだろうがキャミソールやブラトップだろうが、うちのお客様には今はコレっと言い切れる自信作をガンガン売れば良い。今日買ってすぐは着用されなくとも、数日後には間違いなく着て頂ける商品なのだから。

これから、母の日を過ぎて、5月後半、6月というのは、レディスの業界では企業間格差が大きく開く時期だ。メンズならば6月に父の日やら早期にボーナスが出た企業さんの社員さんがスーツを購入するといった需要が見込めるが、レディスのモチベーション需要は、お店側が作り出し仕掛けていかない限りはこれと言ってない。

有力百貨店を見ていると、セレクト型自主編集売り場でも元売り場のSPA型アパレルの売り場でも、6月には夏色秋素材が揃い秋に向けてのテストマーケティングが開始されるが、自店がそういう風に対応してもらえる「勝ち組」に入っていない場合は、その理由を考えて現場サイドでやりつくせるありとあらゆる手を打つしかないだろう。

商材がイマイチでも、特に地方店の場合は、地域に強い競合が少ない、とか、販売力は突出している、という場合もあるだろう。最終的には、お客様さえ持っていれば、商売はやっていけるのだ。イベントを細かく仕掛けたり、顧客のタイプ別にDMを売ったり、などなど。

DMも今の時代は、お葉書や封書とケータイメールをうまく使い分ける必要があるだろう。ケータイの場合、敢えて上顧客30名くらいには同報送信を行わず会社用のケータイを1台用意して「いつご来店頂けるかお知らせ下さい」と投げかけて個別のやりとりを行いメールに手打ちでお返事を出す、という手もあると思いますね。

また、現金問屋、ネット現金問屋をうまく活用し、店頭に新鮮味を出すことである。特に、店頭の目先を変えるには雑貨の仕入れが不可欠だ。20年前は雑貨は衣料品店の売り上げの1割、10年前は2割と言われていたが、今の時代は3割になっていてもおかしくない。

靴、バッグ、アクセサリーだけでなく、基礎化粧品やアロマ、ネイル関連なんかも面白いと思いますね。個店型のショップさんだけでなく、地方百貨店さんも衣料品の売り場にそういうコーナーを一部は持ってきた方が滞留時間が長くなって効果的なのではなかろうか。

実需対応型のショップの場合は、期初よりも6~7月の暑い日の方がワゴンにたたんで並べたカットソーが良く出る、という場合もあるだろう。売れ筋のデザインやサイズについて、こういうお店では業界紙に出ているような最新情報通りに動くとは限らない。自店ならではのサイクル、やり方があるはずだ。価格戦略も然り。ここぞという時に売り逃し、玉不足にならないよう注意が必要だ。

アパレルの3月展、5月展でしっかりと秋冬物の発注を行い、この秋冬は昨年以上に品揃えを充実させ客単価も上げる方向で準備しておられるお店が多いと思うが、その前に、これからの1か月半をきっちりと売ってうまく乗り切っていく必要がある。期末に近づくにつれ、お店としての実力の差が出る時期。皆さん、自店のお客様の客層をしっかりと見極めて客層に合わせた戦略・戦術で頑張りましょう!

オマケ:今日のアパログはコチラ↓↓↓
「まだ使えない(笑)、Google Trends(グーグル・トレンズ)」

人気blogランキングへ






最終更新日  2006年05月14日 22時10分18秒


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

久米信行「縁尋奇妙… 当たらずと雖も遠からずさん
Club SDC日記 おざき しろうさん
ほりほり日記 ほりほり@堀田周郎さん

コメント新着

 両国さくら@ Re:閉鎖されるのですね(05/31) szenさん、 >お疲れ様でした。そして…
 両国さくら@ Re:お疲れ様でした。(05/31) nakaiさん、ご無沙汰しております。 >…
 両国さくら@ Re:お疲れ様でした(05/31) ☆grico☆さん、書き込み有難うございました…
 szen@ 閉鎖されるのですね お疲れ様でした。そして新しい場所でも頑…
 nakai@ お疲れ様でした。 この楽天のフォーマット、結構気に入って…

© Rakuten Group, Inc.