1751333 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂躁的非日常と日常

全て | カテゴリ未分類 | スポーツな話題 | あきらっくの目指せ健康日記! | ふりかけ~♪ | ゆきちゃん観察日誌 | PCじじょー | Book!!Movie!!Music!!! | いろんな土地のいろんな話 | 季節を感じる…話題 | 極個人的なお話 | 食べてばっか日記 | シゴトな話題 | ボルドーワイン♪ | ブルゴーニュワイン♪ | フランスワイン♪ | イタリアワイン♪ | アメリカ大陸 | オージー&NZ | その他ヨーロッパ系 | お酒な話(その他地域) | チーズチーズチーズ | 日本のお酒 | 小説関係 | マンガ関係 | 釣り好きになるぞ! | 麺類ネコ科(ネコ関係なし) | 駅のお弁当・おそば・お買いもの | これちかくんの観察日誌 | お茶の話 | ウインドちゃん | Mrササキとオンセン(ストッパー毒島より) | 北海道旅行 | 海外旅行 | Home Sweets Home | ワイン購入記録
2017年02月24日
XML
カテゴリ:ボルドーワイン♪


フロンサックの町から北西に7キロほどのサンジェルマン・ド・ラ・リヴィエールの近くにシャトー・フラン・マグニュスはあります。
オーナーであり栽培・醸造も行っているアルノー・ルー・オリエ氏はフロンサックに所有するシャトー・ド・カルルマグニュスを地区トップクラスに成長させた人物です。
地中には石灰岩土壌が広がり、50cmほどの地表はメルロー種に適した粘土石灰質土壌が広がっています。
フラン・マグニュスの畑の下には実際にガロ・ロマン時代の石切り場跡の洞窟があります。
全て手摘み収穫。破砕をせずに醗酵をさせるという独特な醸造法を用い、タンニンと果実の風味を引き出しています。
ミネラル感と純粋なブドウらしい果実味に溢れる早い時期から飲み頃を迎えるアイテムです。


アペラシオン
 ボルドー・シュペリュール
コミューン
 サンジェルマン・ド・ラ・リヴィエール
栽培面積
 10ヘクタール(南・南西向き)
土壌
 粘土石灰質土壌 (地中:石灰岩土壌)
平均樹齢
 35年
植樹率
 6000本/ヘクタール
収穫量
 50HL/
醸造方法
 手摘み収穫。破砕せず発酵。清澄・ろ過を行う。ステンレス熟成。
アッサンブラージュ
 メルロー100%

軽めのメルローワインです。
最近のボルドーはレベル高いなぁ。

けど、あんまりボルドー飲まないんだよなぁ。






最終更新日  2017年02月24日 12時00分07秒
コメント(0) | コメントを書く
[ボルドーワイン♪] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.