1754179 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

狂躁的非日常と日常

全48件 (48件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >

ボルドーワイン♪

2009年02月19日
XML
カテゴリ:ボルドーワイン♪
実は2週間くらい前にえらいアクセス数がアップするという事件がありました。
事件があったからアクセス数があがったってわけじゃないですけどね。

最初はよくわからなかったのですが、よくよくいろいろ調べてみたら「警官の血」っていうドラマのおかげだったみたいです。テレビドラマは見なかったのですが、だいぶ前にこれを某ミステリ系評論家の方に紹介してもらって読んで面白かったからブログに書きつつ親にオススメしたという…。親は別の作品も読んでどうのこうの言ってましたけど、私は読んでいない…。

テレビの影響ってすごいなーって思ったのと、よくまあ2007年の10月に書いたブログでひっかかってきたなーって思った次第でした。来てくれた方ありがとー。失望しただろうけどw。

さてさて、北陸に行っていたことを書いていたので久しぶりにワイン更新です。けれども北陸で花粉症をいただいてきたのでいつまで飲めるのやら。特に赤ワインが難しいなー。スパークリングは大丈夫っぽそうだけど。

そんなわけでシャトー・カデコート・ド・カスティヨン 2005です。シャトー・ル・テルトル=ロートブッフの造り手さんの息子さんが作っているワインだそうで、カスティヨンってことで粘土土壌のメルローベースのワインです。(実際80%がメルロー)

ああ、なつかしい。
そんな印象。

ワインを飲みだした頃はよくボルドーワインを飲んでいました。
今はばらばらだけど、当時はよくわからなかったのでね。

ボルドーっていってもCSベースの左岸なワインなんか買えないし飲めないし(CS苦手だったから)ということでメルローベースの右岸のワインが多かったです。メルローベースなら1,000円台でもけっこうあるしさ。カスティヨンやコート・ド・ボルドーとかのワインを飲んだよなー。某ワインコンサルタントさんのワインがわかりやすくておいしーって思って購入しておりました。やっぱしあの方メルローは安心できるのですよ。

今は、まあ、アレですけど。っていうかボルドー系あまり飲まないし。

見た目は紫がかって濃い濃い色調。
酸がしっかりある果実味メインの味わい。
シンプルにおいしいかなーって思えます。

けど、花粉症でなければなー。香りがぜんぜんわかんないです。
味覚はまだ大丈夫ですけど。






最終更新日  2009年02月19日 08時19分24秒
コメント(0) | コメントを書く


2009年01月17日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
なにがどう人間ドック完了記念かわかんないですけど完了記念でちょこっといいワインでもあけようかと思ったあきらっく。これがいけないことなんだってツッコミは置いておいて。

一緒に食べようと思って成城石井で購入したカマンベールさんが思いのほかあっさりしすぎてクセがなくってあかんかったですが[2001] シャトー・ジスクールもちょっとお休み中でした。エッジに熟成したニュアンスがありますが、まだまだタンニンがうきゃらきゃらしています(おっ、新しい表現だ。問題はなにがいいたいかわからんことだな)バランスが取れるちょっと前ってカンジなのであと?年放っておけばよかったかも。けど2日目にちょっと残っている分は大変おいしくいただけました。もうちょっと残して置けばよかった…。








最終更新日  2009年01月17日 08時49分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月22日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
寝た。
ひっさしぶりにこんだけ寝たなーって思うくらい寝させていただきました。
やったことといえば掃除と洗濯くらい。あとは入浴と本読みくらいかなー?

エクセラー・ボルドールージュ[2005]750ml

ってなわけで、ボジョレーを飲んでいるのですが間に飲んだワインです。
1000円近辺のデイリーワインですが、先日の某チリワインよりも飲みやすい。
まあ、向こうはCSでこっちはメルローなので初期段階の飲みやすさはメルローのほうがいいもんなんですけどね。値段で考えたらいいワインじゃないでしょうか?

けど、やっぱしこのクラスになるとコメントしにくい。
これっていうのがなくってなんだかんだいっても平面的なワインが多いからかな?






最終更新日  2008年11月23日 13時36分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年11月09日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
私が性懲りもなく購入しているワインにマルゴー3級のジスクールがあります。
これの2000年を飲んでバカになりました。

え?もともとバカだって。まあねぇ。

この2000年はリリース時に4,000円で某所から購入しました。
そして年末くらいに飲んでめっちゃうめーとか思ったのでした。

それから幾年かたって01~05までは購入していましたが、00は買っていなかったのですが、今年の夏前くらいに12000円で買ってしまいました。伝説値段でリリース時の3倍です。やっぱりバカです。

そしてそれから数ヶ月、数ヶ月セラーの中に入っている間に、サブプライムローンの問題は全世界を恐慌に叩き落してしまいました。急激な景気後退と、円高の進行はアブク銭をもってらした方を直撃。そういう方々が投機目的で保持してバブルっていた高級ワイン市場も崩壊してきています。(したとは聞いていないけど、もうするでしょ)

そして先日のメールマガジンでびっくり。
[2000] シャトー・ジスクールが7,600円!税込みでも8,000円アンダーです。

数ヶ月でジスクール2000の価値が2/3に!!

あいやー。もっとまっておけばよかったー。

まあ、それでもリリース時の倍なんですけどね。

買いたくてしょうがないけど、このままだともっと価格は下がると思うんだよなー。
だけど、ここ1・2年に仕入れたワインの価格はその値付けの意味を成さなくなるのではないでしょうか?とりあえず寝かして不良在庫のまま置いておくか、損切りで安く販売してしまうしかないでしょうね。なんか銀行みたいだなー。

なんか、貧乏人には楽しい状況になってきたような気がします。
まあ、貧乏人なので、景気に合わせて給料が減っていくのでどっちにせよ買えないけどね。

っていうか、そういうやワインセラーとかって安くなったとかって聞かないけど、ねらい目じゃないのかなー?






最終更新日  2008年11月09日 19時57分12秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年11月03日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
この前ワインを飲んだのはいつだっけか?
とか思うくらいに久しぶりに飲んでみるあきらっく。

うわっ23日アップのルメール・フルニエ以来かなー?
先週は体調不良に続いての月末処理だったので飲めるような余裕がなかった…。

ってなわけで飲んでみたのが変な名前のシャトー・ガバショ[2005]Chateau Gabachot

某ひょうたん島を思い出させます。

あんまりACボルドーは飲まないのですが、我が家の財政が厳しすぎるのでこういうのも飲むべきかなとワインセットで購入したものです。それでも1400円くらいするので1日単価700円か…。やっぱし普通一般で考えたらそれでも高いわな。

こちらのワイン。なんかどっかの農業コンクールで金賞を受賞したとか。あんましどうでもいいけど。どれくらいコンクールがあるかわかりませんし、そのコンクールがどれくらいに権威があるのかもわかんないしね。

メルロー主体のワインでミドルな味わいです。凝縮感はぶっちゃけありませんが、そんなに変なワインではありません。面白みにかけるけど、まあこれはこれでいいかな?2日目になると酸化してカドが取れたようになってきました。






最終更新日  2008年11月04日 08時50分36秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年09月29日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
ほんとうは飲もうかどうか迷ったこの土日でしたが、飲みました…。
意志弱すぎ。

土曜日にだいぶやばくなったラムを焼き焼きしたのでフルボディなかんじがよかろうかとボルドータイプのワインをあけてみました。それがこれ。ワインセットの中に入っていたワインです。ディー・ド・ラマルク[1999]

印象としてはあんまし得意ではない感じでしたが、CSの未熟な感じが出ていたような気がします。が、わりとあっさりストンと落ちてしまうような印象です。まあ、値段的に考えたらこんなもんかなー?メルロー主体だったらもうちょっとどうにかなったような気もしますが。といってもセパージュはよくわかんないんですけど。

というのが、あらためてサイトをあさっていたらディー・ド・ラマルクって買った所しかないんですよね。他のサイトであるのはシャトー・ド・ラマルク。場所はオーメドックでクリュ・ブルジョアなワインです。こっちは46%くらいCSだったかな?なので飲んだ印象とシャトー・ド・ラマルクの情報で語ってしまっているわけです。

なんとなくな想像ですけどディー・ド・ラマルクってセカンドちゃうんかなー?とか思ったり。で、さらに詳しく調べていたらセカンドってでてました。まあ、セカンドなのは別にいいのですが、あんましファーストとセカンドとの価格差がないのよね。バルクで売ってしまえばいいのに。まあ、品質を上げようという努力には敬意を表しますが。

にしても今回買った某サイトさん。別にワタシは特にこれのために買ったわけではありませんのでいいのですが、情報としてはのっけておいたほうが良かったんじゃないですか?セットのときはクリュ・ブルジョアとは書いてあるし(セカンドとは書いてない)単体販売の場合はなんにも書いてないし。

って別においしくないとかいうのとは違いますよー。
おいしくいただきましたので。

あえて言うとセカンドなんで落ちやすいのは注意かなって思います。
熟成というよりも枯れやすいというほうが正しいと思うし。






最終更新日  2008年09月29日 20時03分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年09月03日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
大きな感動はないのですが、「ああ、たまにゃーメルローというかボルドーもいいなー」って思ったりするのはお金がぜんぜんないあきらっくがメルロー主体のワインでまあまあなのを当てたとき。カベルネベースのときはそこそこ値段も張るので、こっちも気構えて飲むので「おっ」と思うわけではなく「さすが~(以下略)」と思うわけです。

先日飲んだ「サント・コロンブ」ちゃんではそんなに思わなかったのですが、今回の
シャトー・ミロー[2005]では、2日目な感じがよかったのでちょっとシアワセ。コストパフォーマンスは高いんじゃないかと思います。といってパーカー先生が87だか88をつけたから同じ88点をつけたル・プティ・ムートンと同格なんて死んでも思いませんけどね。

にしても眠い。






最終更新日  2008年09月04日 08時52分04秒
コメント(2) | コメントを書く
2008年08月18日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
まあ、いろいろございまして執筆活動に入るのはちょっとあとになりそうです。
どうせそんなに長くないと思いますけどね。ウチの支店が安定化するまでは責任とりましょう。ご迷惑をおかけいたしました。けど、今回の措置には自分自身責任取れていないと思うのです。

そんなBADな気分でワインも美味しくないのですけど、休みの間に飲んだのが実はこれだけ。すさまじくめずらかしい。ちょっとワイン代も減らして行って累積債務を減らさないとね。12月までには正常化させるぞ!とりあえず貯金がないのはしょうがないとして借金があるのはつらいしね。だれかワインこうてくれ。


さて、シャトー・サン・コロンブ [2005]ですけど、こちらボルドーは右岸にあるコート・ド・カスティヨンにあるワイナリーさんです。所有者はアラン・レイノーとジェラール・ペレスです。それぞれ、パヴィとキノー・ランクロを所有する有名人。共通点は右岸のメルロー使いってことですね。右岸はサンテミリオンが有名ですけど、そこの有名人でカスティヨンはサンテミリオンの衛星地区として開拓されてきた歴史があります。したがってメルロー比率の高いワインが土地代が安いこともあって良心的な値段で、しかも早飲みできるワインとしてリリースされています。それのうちの一つが「サン・コロンブ」です。

実はすっごい久しぶりに飲んだのですが、2003年に2000年を飲んでいます。そんときにおいしかったので何本か購入して人にお勧めしたかなー?当時の資料を見ているとミッシェル・ロランがコンサルタントに入っていたみたいです(この人も基本はメルローが得意)このころはボルドーも飲んだよなー。しみじみ。

そんな5年ぶりですけど、味わいは「うーん、メルローというかボルドー」今から十分おいしい。深みはないけどワインらしい味わいです。コストパフォーマンスは高いよなー。ちなみに2000年は1850円でした。2005年も安けりゃ1980円くらいで手に入るし、お得なワインだと思いますよ。このクラスをブライダル系で使ってくれたらワイン好きも増えるんだろうになー。ハートマークだから使えると思うのに…。








最終更新日  2008年08月19日 00時09分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2008年07月09日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
実際飲んだのは月曜日なのですが、月曜日があまりにうざったい1日だったので7時半ごろに会社を抜け出して、会社近くのカレーやさん「王様のスプーン」へ。昼間はカレーやさんですが、夜もカレーやさんです。けど、びるーとかも出してくれます。しかもタンシチューなんかを食べててカレー?なにそれ?状態でした。

そこで、以前持って帰るのがめんどくさかったシャトー ジスクール 2004をあけちゃうことに。1ヶ月くらいお店にあずけていたので申し訳なさでいっぱいです。

ウチの会社的には「なにカレーやさんで飲んでいるんだ、へんなやつー」ってかんじですけど、ふらっと入れてお客さんとかともコミュニケーションがとれてわりかしたのしい。悲しいのは無理して会社を抜け出さないとお店が閉まっちゃうってとこかな?

さて、そんなジスクールの2004ですが、WAで91点、飲み頃予想2008~ってことでしたがわりかしドンピシャ。なんつーかなめらかーな飲み物になってて、最初ののみごろーってかんじ。00年で味わった感動がよみがえりました。こういうのを飲むとまた06年もがんばって買ってみようと思うんですよねー。素直に04を買えばいいのに。






最終更新日  2008年07月09日 09時45分08秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年03月27日
カテゴリ:ボルドーワイン♪
ワイン自体が久しぶりラインなのでいまいちあれなんですが、ボルドーも久しぶりだなー。
ぼんぼんさんじゃないけど05ACブル専門なキャラクターになってしまっているので、他のを飲むのが一苦労。けど、イタリアの安いのを持っているけどあんまし飲む機会がないとあける気力がわかない…。

けど、まあボルドー05はミラクルなビンテージらしいのでちょっと楽しみだったり。
シャトー ラネッサン [2005]はオー=メドック地区にあるワイナリーさんです。この手のワインとしてはCSも入っていて好印象(60%くらいらしいけど)

飲んでみると熟したプラムな感じ。未熟からくるネガティブ面がほとんど出ていません。
これは05ビンテージのおかげか?実はメルロー比率が高いとか…。
疑心暗鬼になるくらいにはおいしいワインです。

飲まないとやってられない日々が続きますが、みなさんも体調とストレスに気をつけてくださいねってなに上から目線やねん。






最終更新日  2008年03月27日 22時36分49秒
コメント(0) | コメントを書く

全48件 (48件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.