2020年11月13日

サン・ロマン・ルージュ スー・ロシュ[2012]ドメーヌ・ド・シャソルネ AC Saint Romain Rouge Sous Roches Domaine de Chassorney





ちょっとアレなお仕事がありまして、ひと段落したので久しぶりに良いワインを飲みたいなーって思いまして開けてみました。
サン・ロマン・ルージュ スー・ロシュ[2012]ドメーヌ・ド・シャソルネ
AC Saint Romain Rouge Sous Roches Domaine de Chassorney
です。
シャソルネのワインは結構飲んでいるんですけど、自然派の良いワインです。

スー・ロッシュは区画名で名前の通り薄い表層土のすぐ下を分厚い石灰岩層が続いてます。
畑面積は1.2ha。

自然派ワインって熟成はどうよ?って言うのを昔は聞かれたのですけど、普通に熟成しますね。

と言うか、まだ若い。

SO2(二酸化硫黄)って言うのがありまして、ワインの酸化を防止するのと樽とかの殺菌に昔から使われているんです。法律上も使用が認められているんですけど、醸造家さんがワイン造りをするときに使わなくても醸造時にできちゃうんですね。

で、このSO2が熟成するときに良い感じになってどうのこうのって言うのがあって、自然派でSO2無添加とかだと熟成しないとか、しすぎるとか腐敗するんじゃね?とか言われてたりしたんですよねー。

今は言われないけど。

そんなことはどうでもよくて良いワイン。

果実味と熟成のバランスからするとまだまだ果実味が勝っている印象です。

うまうま。





TWITTER

最終更新日  2020年11月24日 18時18分44秒
コメント(0) | コメントを書く
[ブルゴーニュワイン♪] カテゴリの最新記事