052562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

羽根と私とフワフワと。

バラ日和(歌詞)

バラ日和(歌詞)*オリジナル

空から舞い降りてくる 赤い雫を集めて
溢れてくる華の香りは指先まで熱くする
君がいつもくれた その笑顔
泣き虫の僕には眩しくて
とても遠くに居た気がした

今もそう思いながら 君の隣に居る
個性的な君の笑顔 君だけが知ってる笑い方
いつだって遠い この赤い海を漂いながら
今日も降り続けている

晴れの日が続けば 花びらが音を立てて崩れる
君もいつかこうやって 消えてしまう時がくる
ぎゅっと手を繋いだ君のてのひらは あたたかくて

それでも君との心は遠い場所にあって
溺れてしまいそうなくらい 君が愛しいんだ
君がくれた その体温
弱虫な僕の手には あたたかくて
溶けそうなくらい恋しい
そう だから君が好き

からからになった 咽を潤したい
君の愛が必要 僕にとっては命みたいに
君がいつもくれた その笑顔
泣き虫の僕には 眩しいんだよ
それでも笑っていて欲しいよ
いつか胸を張って 君と向かい合う事ができる様に

僕にとって君が必要 君だけを愛してる
明日にはきっと流されないよ 立ち上がったんだ!
君だけを愛せるってわかったんだ!
だから君が必要 傍に居て・・・


(~管理人のコメント~)
赤色テーマで書いてみただけ(ぁ
H18/4/11


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.