325880 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

おいしい生活

おいしい生活

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x
2005年01月16日
XML
カテゴリ:アート
大阪中ノ島に出来た国立国際美術館へ行ってきました。

これは万国博美術館を新築・移転したものです。昨年11月3日にオープンしたばかりです。

今日はイベントがなく、常設展だけを見てきました。

ポップアートを見る機会があまりなかったので面白いものに沢山ふれてきました。

煉瓦の壁
これは「煉瓦の壁」です。すごく目を惹いたので写真を写してみたくなりました。もし、だめっだったら何か言うだろうと思って、学芸員のすぐ前で写しましたが何も言われませんでした。作品を写してもいいのですね。
これ自体に驚きました。

ミロ
これは一階から地下ホールの大空間に設置したミロの陶壁画「無垢の笑い」です。モビールはアレクサンダー・コールダーの「ロンドン」です。
この広い空間にピッタリです。

地下から地上
地下から一階に上るエスカレーターの雰囲気がよかったので写しました。


外観
美術館の外観の一部です。

どこを見ても結構楽しめます。たまにこういうところに来ると気持ちにゆとりが出ますね。いい一日でした。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2005年01月17日 00時30分05秒
コメント(5) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


お早うございます!   大和稗田庵店主 さん
国立国際美術館には、まだ行った事はございません。大阪万博当時の美術館は行きましたが、全く覚えておりません。それだけ、適当に見ているのでしょうね!

小生も、美術館独特の雰囲気が好きで近場の奈良公園内の美術館に散策がてらに行く事があります。喧騒で育っておりますので、あの静粛さが心を落ち着かせるのでしょうか?

小生も一度国立国際美術館二出かけたいと思います。 (2005年01月17日 06時29分58秒)

よさそうですね   セラノ さん
明けましておめでとうございます。
とても楽しい日記ですね、ぼくも料理やアートに興味がありますので、時々書き込ませていただきます。
写真の一番上は、ジョージ・シーガル、ですよね?
実は生前彼にお会いしたことがあるので、
特別好きなアーチストのひとりなのです。
大阪出張の時は行ってみたいです。
行き方教えていただけますか? (2005年01月17日 10時09分57秒)

行き方   浪速のアキ さん
セラノさん、コメントありがとうございます。

作者はシーガルだったと思います。
この方にお会いしたことがあるんですか、うらやましい!!

じぶんは素人ながら、この作品を見てポップアートって自由で屈託がなく、作者の自由度がとても大きいことに気がつきました。

時々、覗こうと思います。

アクセスは地下鉄四ツ橋線「肥後橋」3番出口より10分です。
http://www.nmao.go.jp/
(2005年01月17日 10時36分09秒)

ゴッホ展見に行って下さい   フランス大好き さん
今東京の国立近代美術館で開催しているゴッホ展が5/22から大阪に移動します。(国立国際美術館)
私はゴッホが大好きです。
先日NHK日曜美術館で内容の解説をしていましたが、
ゲストのなかにし礼さんが50年前日本で開催したゴッホ展のカタログを(色が変色していましたが)持ってきていました。
私がアルルで見た”夜のカフェテラス”(オランダ・デューラー美術館蔵)必見です。
またオランダ時代の作品も展示(ブリューゲルのような温かみを感じます)
死ぬ直前の作品”ドービニーの庭”(広島美術館蔵)
の絵の前で涙が溢れてきます。
ゴッホが最後平安を得られたことを強く感じました。 (2005年04月14日 22時49分14秒)

Re:ゴッホ展見に行って下さい(01/16)   浪速のアキ さん
フランス大好きさん

情報ありがとうございます。ぜひ行かせていただきます。

自分は、芸術が分かるわけではありません、こういう美術の雰囲気にひたっているのが好きな程度の人間です。ゴッホの狂気が芸術を生むんでしょうね。

僕のような凡人にはとても及びもつきません。
洋画ではシャガールが好きです。あの夢のある雰囲気が心を和ませてくれます。

モディリアニの絵は好きではありませんが、この方の奥様の夫に対する献身的な姿が心うたれます。

奥様を評して碑文にはこのように書かれているそうです「妻、夫の生の極みまで献身せり」これは20年以上前のモディリアニ展に行ったときに書かれていたコメントでしたので、あやふやな記憶ですが、強烈なインパクトがあり、いまだに覚えております。

古い日記なのに、コメントいただき大感激です。ありがとうございました。

(2005年04月14日 23時07分44秒)

PR

プロフィール

浪速のアキ

浪速のアキ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

お気に入りブログ

水の中へ...!【水中… New! 海写心さん

テープ起こし(録音反… 日本ぺんぎんさん
Fぞ~日記 Fぞ〜さん
★Kuma*さんが ふら… Kuma*さん
フランスのブルゴー… Otiumさん

コメント新着

sion@ おいしそうですね。 フレンチトーストが、すごく美味しそうだ…
浪速のアキ@ Re[1]:かつぎ桶太鼓の練習に初参加しました(01/08) ににかさん はじめまして、訪問いただ…
ににか@ Re:かつぎ桶太鼓の練習に初参加しました(01/08) はじめまして。私は6月の愛知のWSに行っ…
浪速のアキ@ Re:はじめまして(05/13) みーちゃんさん コメントありがとうご…
みーちゃん@ はじめまして 最近フレンチトーストが、親子でふと食べ…

© Rakuten Group, Inc.