025267 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

井上浩一が発信する最新情報、IPS細胞の可能性、コスメティック業界の今

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Rakuten Profile

設定されていません

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

コメントに書き込みはありません。

Freepage List

Headline News

2017.08.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
こんにちは、コウイチです。
「肌のゴールデンタイム」みなさん聞いたことありますよね?美肌になるために大事な睡眠ですが、肌のゴールデンタイムといわれる午後10時から午前2時に熟睡できているのが良いと言われています。ここまでは聞いたことがある方が多いのではないかと思いますが、なぜゴールデンタイムに寝ると美肌に良いのかそのメカニズムをきちんろ理解できている人は少ないのではないでしょうか。今回はこのメカニズムについてお話していきましょう。
美肌になるためには何度もお伝えしてきましたが、肌のターンオーバーが大事になります。肌はどんどん生まれ変わっており、4週間のサイクルで細胞として生まれたのちに徐々に上に上がっていき、役目をおえると剥がれ落ちるようになっています。このターンオーバーがきちんと行われることで、肌のトラブル(しみ、しわ、ニキビなど)を避けることができ、いつもハリとツヤのある肌をキープできるのです。そして、この大事なターンオーバーをするエネルギーになるのが成長ホルモンで、美肌ホルモンとも言われる「女性ホルモン(エストロゲン)」なのです。女性ホルモンがターンオーバーを促し、美肌へと導いてくれるのですが、成長ホルモンは夜の10時から深夜2時にかけて多く分泌されることがわかっており、これが理由で肌のゴールデンタイムは22時から2時までと言われているわけです。熟睡しているときにホルモンの生成は行われますので、10時から2時の間に熟睡モードに入れるように、睡眠環境を整え、リラックスした状態で睡眠することを意識するだけでも、お肌の状態はかなり変わると思いますよ。是非意識してみてください。
コウイチでした。






Last updated  2017.09.19 13:19:05

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.