163964 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オロフレ山 Only

PR

プロフィール


オロフレOnly

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月

お気に入りブログ

まだ登録されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年02月15日
XML
カテゴリ:09年積雪期来馬岳

今年はまれにみる暖冬続きです。

1月後半から2月半ばまでの厳冬期に、何度も雨が降るのは記憶がありません。

一昨日は夕方から降り積った屋根の湿雪が、夜半の雨で融け、朝には全部落ちていました。

昨日、オロフレ峠は通行止め。今朝、室蘭土現に確認すると、本日も開通の見通しは立っていないとのこと。

時間に制約がない来馬岳に早めに向かいます。




DSCF0049.JPGゲートの上は除雪されているようですが、上部で風が強いとすぐ吹き溜まりが出来るので、安全第一を考えているようです。


















6・ファミリーコースを登り終え、1・ダイナミックコースに入ったところです。

今、9時10分ですが、リフト乗り場で並んでいるのを見たことがないほど空いている、ローカルなスキー場です。

ダイナミックコースの登りは、中央に行くほどつま先のキックステップになるので、くるぶしが埋まる程度の左隅をルートにします。









ダイナミックコース終了点で、第二リフト降り場からスノーシューとストックを抱えた単独登山者が近づいて来ました。

冬の来馬岳は初めてとのことなので「遠慮せずに後続してください」と声を掛け先行します。






5合目、6合目、この馬の背もラッセル皆無です。

一昨日の湿雪がクラストし、その上に2cmほどの新雪が乗っているだけで全く埋まりません。












DSCF0049.JPG頂上看板は埋まり、柱の頭だけ出ています。(先週に比べ70cm増です)

緩斜面の7合目、急登の8合目、9合目から頂上まで、ラッセル無しのクラスト斜面を、スノーシューの爪を利かせて直上。

下り途中の9合目付近で後続単独者と少し会話。
(函館からで、昨年登れなかったリベンジとのこと。ピッケルの必要性を悔いていた)







少し視界が良くなり、200m標高が高いオロフレ山が厳しそうに見えます。
















先週、4時間近くかかった頂上まで今日は2時間半でした。深いラッセル有りと無しでは違うものです。

オロフレ山も来馬岳も通常のルートで雪崩は考えられませんが、クラスト斜面にドカ雪だけは勘弁して欲しく、徐々に増える積雪を期待したいものです。

下りの途中から突風的強風が時々あり、下山終了する頃にはリフトが2本とも停止されていました。









最終更新日  2009年02月15日 18時37分35秒
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.