163631 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オロフレ山 Only

PR

プロフィール


オロフレOnly

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

お気に入りブログ

まだ登録されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009年02月22日
XML
カテゴリ:09年積雪期来馬岳

金曜日から大荒れ天気。平地では雪がドッサリ!!



今朝、室蘭土木現業所に確認すると、峠辺りで1mの積雪があり天候も悪く、除雪予定は無しとのことです。

オロフレ山は今日も入れないため、3週続けてサブ山の来馬岳を登ります。













いつものようにゲレンデ2コースをツボ足キックステップで。
ゲレンデ終点からスノーシューを履き、予想通りのラッセル、ラッセルで6合目に。
この標識は地面から3m50cmの高さにあり、今日は目線の高さになっています。
と、すると積雪は2m位になっているはずです。




6合目から7合目の馬の背で初めて見る光景です。

いつも多少のうねりはありますが、このようにカットされたような雪庇は初めてのパターンです。










旧9合目標識です。

昔の標識が高い位置にあるのは、冬山を基準にしているからと思われます。

8合目~頂上は20cmほどの新雪下にあるアイスバーンに爪を利かせながら直上です。

斜度があるので新雪が深くなると、もがきながら進む事になります。






頂上の柱は先週と同じ露出度ですが、手前はそれ以上高く、見下ろすかたちでシャッターを押します。

頂上まで3時間20分なので先週、先々週の中間くらいの所要時間でした。










頂上から少し降りたところで腰を下ろし、10分ほどの休憩と昼食(行動食)を取ります。

今日の前半は風も弱く、ちょっと湿った小粒の雪がひっきりなしに降っていましたが、現在は止んですこしホワイトアウトぎみになっています。

ここからの下りは慎重にアイゼンを着けます。(先週、先々週とスノーシューやツボ足で新雪下のアイスバーンで滑ったため)





7合目付近でアイゼンを脱ぎ、スノーシューに履き替え、後はひたすら登山口まで下ります。

素手でアイゼンの脱着が出来るので、バリバリ凍りついていた午前中より気温はグンと上がっています。










今朝のままで全く除雪はされておらず、積雪はゲート下部に届こうとしています。
















温暖化、温暖化と云っていたらドドーンと積雪が増えました。

ただ、今日も南よりの風が吹いており、このへんが例年と違うような気がします。

また自宅に帰ると10cm以上の湿った雪が積っており、日中は山より平地の方が多く降った事になります。

さて、例年以上に気象や山の状況に左右されている2月です。来馬岳で初めてアイゼンを使用しましたが、そろそろ落ち着いてくれることを願うばかりです。








最終更新日  2009年02月23日 18時25分57秒
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


お疲れ様です。   山旅人Nob さん
金曜からの大荒れの天気、大変でしたね。九州との気候の差は広がるばかりですね!

馬の背のカットされたような雪庇は自然の造形ですかね、どのようにしてできたのでしょうか? (2009年02月23日 21時15分36秒)

Re:お疲れ様です。(02/22)   オロフレOnly さん
山旅人Nobさんへ

>金曜からの大荒れの天気、大変でしたね。九州との気候の差は広がるばかりですね!
平地が雨でも山はしっかりと積雪増ですが、3月以降気温高になると融けるのも早くなるような気がします。

>馬の背のカットされたような雪庇は自然の造形ですかね、どのようにしてできたのでしょうか?
専門家に聞かないと分らないと思います。ただ雪質、風向、気温が例年と違うパターンが多いので関係しているかと。

(2009年02月24日 18時10分56秒)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.