161672 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オロフレ山 Only

PR

プロフィール


オロフレOnly

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

お気に入りブログ

まだ登録されていません

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2010年05月02日

 
XML


週半ばに2日間降り続いた雨が、オロフレ山域では雪だったらしく、オロフレ峠は通行止めになっていた。




金、土と晴れたので羅漢岩壁の雪も落ちたかな・・・


しかしカルルス温泉から双眼鏡で見ると、べったり張り付いている。


標高900m以上はいつものように雲の中。








新雪を含んだブロック崩壊が怖いので、来馬岳北東面と羅漢岩は止めて、壮瞥ルートに入る。




取り付きから少し上った所の沢も残雪びっしり。



例年のように顕著な凹凸になるのはもうすこし先。








羅漢岩B沢左股ルートの抜け口。


雪庇がオーバーハングしており、フリーで乗り越すのは無理みたい。


雪庇は4月に入ってから急速に発達している。








今年のGWの頂上は、標識パイプ(130cm)の頭が少し見えているだけ。


   2004年05月14日     2005年05月14日     2006年05月06日    2007年05月12日


    2008年05月03日          2009年05月03日          2010年05月02日



いつもコメントを下さる「くったらさん」です。

小岩峰尾根辺りで、直近のスキートレイルが出てきた。

登別ルートもしくは大曲ルート方面からのもので、頂上稜線三角鉄板岩の下部でつぼ足に、そして直ぐスキーに戻り頂上まで。

「頂上往復の登山者じゃないな」と思っていたら案の定、くったらさんだった。

白老方面へ抜ける予定とのことでした。






頂上稜線を下山中、東斜面を30mくらい滑落してしまった。
今日はキックが利くので、アイゼン無しで行動していた。
安易にグリセードをしたら、固くなった雪面でしりもちをつき、ルートを外れ左手の東斜面に落ちた。

身体を反転させ、ピッケルのピックを雪面にくい込ませ、なんとか止まった。
滑落中は以外と冷静で、成すべき2つの動作を考えながら滑っていた。

下を見ると、加速すれば止まりそうもない200m以上の斜面が・・
ピッケルは身体に結んでいなかったので、弾かれていたらと思うと・・・。
ただ、露出岩が無いので大丈夫なような気も。。。(これが羅漢岩だとOUT)

オロフレ山で2度目。(2度とも軟雪面の下山中、固雪面に変わった所で)

雪上訓練をリアルにやってしまった。


(カメラの白飛びがひどく見にくい画像ですが)

          滑った跡                      ピックがくい込んだ跡




来週あたりを予定している来馬岳北東面各ルンゼ。

さすがに来馬岳の沢も雪が多い。














残雪が多くても日当たりの良い場所は、9時10時になると雪が腐ってくる。

朝は早ければ早いほど快適な登山になる。

来週も早朝入山です。











最終更新日  2010年05月04日 21時37分27秒
コメント(4) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.