161340 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

オロフレ山 Only

PR

全6件 (6件中 1-6件目)

1

09~10年冬季壮瞥ルート

2010年05月23日
XML


早朝、家を出る時は霧雨模様。

オロフレトンネルに入るまで霧雨とガスで視界不良。

しかし、トンネルを出ると壮瞥側は青空で、羊蹄山も見える好天。

トンネルを境に正反対の天気だが、オロフレ山は登別側になるようで雲の中。






壮瞥ルートに取り付く。

ブッシュが目立ってきたが問題なく入れる。

斜面は粘りの有る雪質で、キックした分だけステップが切れ、非常に登り易い。

沢状に入らず、雪渓が伸びている所を選び、左側斜面を直上。








夏の道!と、思っても30m先向こう側は雪がびっしり。
羅漢岩稜線下の登山道は無雪20%、積雪80%




頂上稜線の登山道は、無雪40%、積雪60%
ピッケルを刺し固い部分を確かめながら登った後、振り返って見ると船の舳先のような残雪




頂上パイプで積雪“0 看板標識付近では50cm。 どちらを取れば良いのか?
看板が「ずいぶん斜めだな」と思いそばで見ると、コンクリートで出来たポールが折れていた。
木板を取付けるボルト穴が、下のほうにも空いており、そこからポキッという感じで折れたようだ。





羅漢岩稜線、頂上稜線の登山道にショウジョウバカマが、結構多く咲いていた。

画像のショウジョウバカマは3年前頃から同じ場所に一つだけ咲いている。

頂上稜線の狭い幅の登山道の真ん中に咲いており、足の置き場所から少しずれているだけで生き延びられている。










今日は風が強い曇り空だったので気温が上がらず快適な雪渓の登り下りだった。

勿論、早朝というのが一番の利点ではあるが。


登別ルートは先週、下山で利用して終了。

壮瞥ルートは今日で終わりかな?

来週はゲートから展望台までの道路歩きを伴う夏道ルートになりそうだ。










最終更新日  2010年05月23日 17時00分52秒
コメント(4) | コメントを書く


2010年05月02日


週半ばに2日間降り続いた雨が、オロフレ山域では雪だったらしく、オロフレ峠は通行止めになっていた。




金、土と晴れたので羅漢岩壁の雪も落ちたかな・・・


しかしカルルス温泉から双眼鏡で見ると、べったり張り付いている。


標高900m以上はいつものように雲の中。








新雪を含んだブロック崩壊が怖いので、来馬岳北東面と羅漢岩は止めて、壮瞥ルートに入る。




取り付きから少し上った所の沢も残雪びっしり。



例年のように顕著な凹凸になるのはもうすこし先。








羅漢岩B沢左股ルートの抜け口。


雪庇がオーバーハングしており、フリーで乗り越すのは無理みたい。


雪庇は4月に入ってから急速に発達している。








今年のGWの頂上は、標識パイプ(130cm)の頭が少し見えているだけ。


   2004年05月14日     2005年05月14日     2006年05月06日    2007年05月12日


    2008年05月03日          2009年05月03日          2010年05月02日



いつもコメントを下さる「くったらさん」です。

小岩峰尾根辺りで、直近のスキートレイルが出てきた。

登別ルートもしくは大曲ルート方面からのもので、頂上稜線三角鉄板岩の下部でつぼ足に、そして直ぐスキーに戻り頂上まで。

「頂上往復の登山者じゃないな」と思っていたら案の定、くったらさんだった。

白老方面へ抜ける予定とのことでした。






頂上稜線を下山中、東斜面を30mくらい滑落してしまった。
今日はキックが利くので、アイゼン無しで行動していた。
安易にグリセードをしたら、固くなった雪面でしりもちをつき、ルートを外れ左手の東斜面に落ちた。

身体を反転させ、ピッケルのピックを雪面にくい込ませ、なんとか止まった。
滑落中は以外と冷静で、成すべき2つの動作を考えながら滑っていた。

下を見ると、加速すれば止まりそうもない200m以上の斜面が・・
ピッケルは身体に結んでいなかったので、弾かれていたらと思うと・・・。
ただ、露出岩が無いので大丈夫なような気も。。。(これが羅漢岩だとOUT)

オロフレ山で2度目。(2度とも軟雪面の下山中、固雪面に変わった所で)

雪上訓練をリアルにやってしまった。


(カメラの白飛びがひどく見にくい画像ですが)

          滑った跡                      ピックがくい込んだ跡




来週あたりを予定している来馬岳北東面各ルンゼ。

さすがに来馬岳の沢も雪が多い。














残雪が多くても日当たりの良い場所は、9時10時になると雪が腐ってくる。

朝は早ければ早いほど快適な登山になる。

来週も早朝入山です。











最終更新日  2010年05月04日 21時37分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年04月04日

今日は久し振りの好天に恵まれそう!

雪面も締まっている筈だし、壮瞥ルートに向かう。




取付きから、つま先キックステップで快調に登る。

一部凍っていたり逆に埋まることもあったが、平均的に粘りのあるクラスト面でアイゼン無し快適登高。



今日は天気が良いので、頂上までずーっと影が付いて来てくれた。





頂上から見るクッタラ湖は今だに白い。薄氷の上に雪が乗っているのかな?



頂上目印の(鉄パイプ130cm)は顔を出しておらず、積雪多しである。









下山後、羅漢岩ルートの偵察。


先週、トンネル風除帯から羅漢岩出合に出られなかった。


今日は入口手前から上がり、風除帯の上へ。


膝まで埋まりながら200m先の出合まで。





今年はデブリがほとんど見られない。



これからの暖気で落石と共に落ちてくるのか?ちょっと判断がつかない。










積雪は多いが、雪庇の発達が小さい羅漢岩稜線。

















来週は山に行けない可能性があるので、2週間後になると羅漢岩ルートは、機が終わっているかも知れない。








最終更新日  2010年04月04日 19時27分59秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年02月28日

平地では週半ばの夜に強い雨。そして昨日は快晴。

カチカチのアイスバーンになっていれば登りやすくて嬉しいな!である。

しかし、市街地から見る三角錐のオロフレ山に黒い部分が見える。(雪が融けたかな・・)



今日の朝は灰色の雲空模様。放射冷却成らずでカキーンとした冷え込みも無い。

ただ晴れて気温が上がり午後の下山時、グサグサの雪になるよりましかな、とも考える。





壮瞥ルートから入ると適度なクラスト。

ラッセルで苦しんだ先週と打って変わり、雪斜面の締り具合は春そのもので、圧雪になっていた。

尾根に出るまで昨日?と思われるスノーシュー跡をワカンで踏みながら登る。








木の廻りにこの融雪が現われると春が来てしまったか、である。














壁の雪も、雨と晴天で落ちてしまったようだ。















東壁の頭に着き先を見れば、5人パーティが小岩峰の肩を歩いている。

朝、カルルス温泉ゲートから先行していた車2台が、トンネル内駐帯に停まろうとしていたので、登別ルートから入ったようだ。










小岩峰を登って遊んでいる。

近年出会う、ストックを持ったオロフレ山登山者と違い、アイゼンとピッケル装備の5人パーティ。

小岩峰まで行って会話をすると、私が20代から30過ぎまで10年ほど在籍した山岳会の方たちだった。

私が会を離れてからの人達で、知っている人はいなかったが懐かしい想いが沸き起こる。


「どうしてストックじゃないの」「滑ったら止められないから」・・・さすが、私の所属した山岳会!


頂上稜線に入った所でワカンキックステップで対応できずアイゼンを履く。

しかし、一部の尾根は岩肌が現われアイゼンでガリッガリッ。こういうパターンは初めてのような気がする。



まるで3月末の様相。






昨日、市街地から撮ったオロフレ山と来馬岳。

ズームしているので本当はもっと遠くに見える。

上の画像の、稜線の黒い岩肌部分は赤線のあたりになる。









頂上だけが視界無し。ただ、風が無いので寒さを感じず厳冬期(2月末までを基準)らしさも無い。

多分、下から見ると頂上のみに雲が掛かっていると思う。(オロフレ山特有)

下山に入ると曇り空ながら視界は有るし、出合に下りた頃には青空も見えてきた。










2月末の雨とともに一気に融雪が進んだようだ。

ただ頂上の雪は風に吹き飛ばされていないため、頂上パイプ(130cm)が見えないほどに多い。

来週から、今年は早めの積雪期登山になりそうだ。










最終更新日  2010年02月28日 18時49分46秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年02月14日


今日の天気は良いんだか悪いんだかハッキリしない予報。



入山時気温-11℃   下山時気温-9℃

壮瞥ルート出合に昨日と思われるスノーシュー跡が残っていた。

少し楽が出来るかなと思ったが、浮力の違いやジグザグなのであまり利用せず、いつものように直線的に登る。










沢から尾根に上がり1003Pに向かう。

画像は振り返って下を見たところ(右下にオロフレトンネルがある)


















1003Pから羅漢岩稜線ルート。















頂上パイプ(130cm)は見当たらず視界10~20mくらい。

1062Pから頂上まで風がきつく、顔面廻りはバリバリ状態。

ズボッと腰まで両足踏み抜きがあったりで、足元の状況が分らないのは辛いものだ。








下山に入ると往路のラッセルは風雪に埋められているため時間短縮が出来ない。

膝上ラッセルした小岩峰下部のトラバースも埋まっており、ガッカリの登り返し。

今、13時53分。ここで思案・・

風と視界不良で羅漢岩稜線は時間がかかりそう・・

よって、登別ルートにエスケープすることに決める。



雪崩防止柵工事をやっている、登別ルート出合。

稜線でうなりを上げていた風は、沢に入るとピタッと止んでいた。











約1kmのオロフレトンネルを登別側から壮瞥側に歩く。

通り抜けた車は1台だけだった。(真冬に人が歩いているのでビックリさせたと思う)

画像はほぼ中間部にある標識。











やはり壮瞥ルート(羅漢岩稜線)は好天が確保されてないと時間的に厳しい。

“行きはよいよい帰りは怖い。”

ただ、エスケープルートを取れるところが心強い。





室蘭岳

2月11日、室蘭岳手前の街まで、朝に送り、昼過ぎに迎えの用事が出来た。

一度、家に戻るより4時間あるので西尾根~夏道が登れそうだ。

4~5年前の冬、20数年ぶりに登った時以来。




白鳥ヒュッテ裏の樹林帯から左に西尾根、右に頂上が遠く高く見える。


しかし、実際に登るとそれほどの距離は無い。











朝一番に入山した先行者のスノーシュー跡をワカンで辿る。

樹林帯から西尾根の急登斜面、クラストした稜線など全てトレースされている。

見晴らしが良くなると、頂上付近や稜線ルート沿いに人影が見え隠れしてくる。








頂上から見えるオロフレ山、来馬岳は霞んでいる。


直線距離で来馬岳まで12km、オロフレ山まで17km。












久し振りの室蘭岳は相変わらず人の多い山だった。
しかし、中(ちゅう)というより高年登山者のほとんどが、長靴(マリンブーツ)を履いているのに驚いた。
軟らかい長靴に軽アイゼン、10本爪アイゼン、スノーシューなどを装着、又は無し。
作業ズボンにジャンパースタイルの、散歩中と見間違えてしまいそうな人も。

何年か前の春先に、アイスバーン斜面で滑落死亡事故があったはずだが・・・

そして、頂上から下山のため夏道に向かうと、右下方向から登って来る人が多くいる。
そばにいた人に聞くと冬道(スキーの登りルート)も一般ルートとして使われているらしい。
それではと方向を冬道に変え下ると、スキーと歩きで圧雪された道筋が水神社まで一直線に伸びていた。

昔、冬の室蘭岳を登るには幹線道路沿いの望洋台霊園からスキーを使って歩くしかなかった。
1987年のスキー場開設以来のアプローチ短縮と、近年の登山ブームが相俟って夏冬関係なく賑わっている。

もはや、冬の“室蘭岳南西面”は山岳という概念に、ほど遠い域になったようだ。










最終更新日  2010年02月14日 19時47分27秒
コメント(4) | コメントを書く
2010年01月31日

今日の天気予報は日中晴れて気温が上がり夕方から崩れる模様。



入山時気温-3℃  下山時気温-2℃  頂上気温-4℃

札内高原から見るオロフレ山は珍しく雲が掛かっていない。


新雪もそれほど積ってなさそう。


今期初めての壮瞥ルートに入る予定。








壮瞥ルート出合から20cm程度のラッセル1時間で1003Pに上がる。

東壁の頭に黒い物が見える。あんな所に太い木があったかな?と思ったら動いたので人と分かる。

運転免許証は眼鏡使用だが、目はそれほど悪くないので山でメガネをかけることは無い。

後で聞くと登別ルートから登り、高い位置から写真を撮っていたとのこと。




ズームで撮ったのを家で見ると、結構ハッキリ写っているものだと感心。














小岩峰辺りから昨日と思われるスキーのトレースが見え隠れしていた。



頂上稜線から見下ろすと斜面に遊んだ跡がくっきり。

丁度、あのあたりでスキーを脱ぎツボ足で登ったようだ。






順光なのに何故か真っ白。

先行者は近郊の方で写真撮影から山に向かうようになったらしい。

私のブログを参考に登別ルートから入ったとのこと。

今後も写真目的でオロフレ山に来るというので偵察を兼ね、帰路のルートを壮瞥側に取る事を勧める。

壮瞥側の私の車でトンネル内の登別側駐車帯まで送る。





1月最後の厳寒期がこんなに暖かいとは!

帰路、標高1000m以下の斜面の下りは、重ための春に近い雪質だった。

平地では最近、一日毎の寒暖の差が極端だが、山はそうでもなくアイスバーンの箇所が例年より少ない。

コンデジはいつもなら家に帰っても冷えたまま結露状態で濡れているが今日は乾いていた。









最終更新日  2010年01月31日 19時33分49秒
コメント(2) | コメントを書く

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.