000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

【男性保育士】RyU先生の学viva!遊viva!(学び場!遊び場!)

PR

プロフィール


RyU先生

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

☆RyU先生のROOMはこちらから☆

♡youtube動画で手遊びや製作を楽しもう♡

◆ユルかわなLINEスタンプ発売中◆

☆RyU先生オリジナル小説・漫画を見に来てね☆
​​
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

日記/記事の投稿

カレンダー

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

ランキング市場

2019.05.29
XML
​​​​ みなさんこんにちはRyU先生です!

 RyU先生の目測やと、6月あたりからはじゃんじゃん保育系のコラムとか出していけると踏んでいたのですが、諸事情ありまして、またもテニスレポです。ママパパ、保育士さんの読者さん申し訳ないです。



 更に、今回の前に栃木市オープン、羽生市オープンにも出ているので、それすら後回しになっているという体たらくっぷり。。。はい、記憶のある内にそっちもアップできればと思います💦💦


さあ気を取り直してレポいくぜ!!

【目標・課題】



 さぁ、今回も大会参加にあたって目標と、課題とを設定して臨みたいと思います。

 前回はシングルス初中級リーグ敗退(RyU先生がリーグで負けた方が優勝してました、おめでとうございます!)ということもありますので今回の目標は・・・・・・

​​予選リーグ突破!! ​​

 こちらをを目標にして予選リーグを大切に戦っていきたいと思います。



<今日の課題!>


 もしRyU先生の記事とかからではなく、インスピとかテニスオフの記事から見に来てくださっている方は知っている人も多いと思うのですが
 
 『テニスの拳』というチャンネル名で『ゴンちゃん』というテニスYouTuberがいるのですが、名門慶應義塾大学の全国を勝ち抜いたOBで、団体レギュラーに君臨していた方がいまして。すごいテニスについて熱く語ったり、色んなコンテンツの中でテニスの普及・大学生や社会人のレベルの底上げに挑戦したりととても楽しく拝見しています。

​ そんなゴンちゃんが大学生だった頃の『王座』という大会の準決勝の試合の際に(その時には決勝進出をかけた大切な試合のフルセットタイブレーク)、3つのことだけを考えてプレーした。ということで、課題は3つにしぼり、それを1日通して意識することにしました!​

 ゴンちゃんが気になる方はyoutubeで「テニスの拳」と検索してみてください。テニス好き(ちょっと競技者よりなのかな・・・?)にはたまらないと思うので是非。


<3つの課題>

​1.とにかく振り切る​​

 テニスはメンタルスポーツ(試合中の精神状態が試合を左右するスポーツ)とも言われています。そして、多分ですが一人で戦うシングルスはそれが特に顕著な気がしています。

 これまでの負けた試合を振り返ってみるとミスを恐れて置きに行ったり、ビビって振り切れずにミスをする場面がほとんどだったので全試合通してこれを意識したいと思います。


2.戦況を考えたポジショニング

​ ダブルス(もまだまだですが)に比べてRyU先生はそもそもシングルスの経験が少ないです。練習とかもほとんどやってません。なので、ポジショニングを意識するとは言っても初歩の初歩のポジショニングです。​
 
 なんか一時ありましたよね「打ったら下がる真ん中に」というセンターセオリーと呼ばれるポジショニング・配球 をベースにして、加えて自分の置かれている戦況……攻めているのか、守っているのか、均衡を破ろうとしているのか。。。などによる1本ずつの前後のポジショニングをしっかりやっていきたいと思います。なにせこれまでそんなことすら意識できていなかったので←

3.サーブ入れる……

 脳内再生が「オデ サーブ イレル・・・」 だった方はRyU先生の心境を正確に掴んでいますね。褒めます「すごい!」
 えっと、前回、前々回でも書いたのですが​サーブが迷走​してます。もはやシングルスの試合出て大丈夫か?ってレベルで入る気配がないです。

 先日(5/26)の羽生市オープンダブルスでは、ありそうで意外とない​4連続ダブルフォルトでブレイクされる​という偉業を成し遂げました。結果的にその試合には勝ってるんですけど、その日を通して僕のサーブはブレイクされる前提で戦うことになり本当に苦しかったです。​

 
 で!色んなサーブの動画を見てしっくり来たものがあったので、今回はそれをやってみてサーブとにかくいれる。なんとかキープして、得意のリターンとストロークでブレイクして勝つ。という形を目指そうと思います。


【試合結果・概要】


第一試合:6-2
 若い方で攻撃的なプレーが本業だと思われますがRyU先生のストロークが上手いこと深く入っていたので、相手に終始攻撃をさせない。攻撃を封じてゲームをコントロールして勝つことができました。

第二試合:6-4
 ベテランの方で浅い球になってもしっかりと繋いでくる、RyU先生が特に苦手としていたタイプでした。
 今回は振り抜くことだけを考えていたので、相手のゆるい返球にもしっかりと攻撃ができて良い形で試合を進められました。

 5-2リードから2ゲーム取られた時にはビビって振り切れなくなったり、打ち込もうとしたりしてミスをしたのでゲーム間で、一旦落ち着いて3つの課題を見直して、落ち着くことができ勝ちきることができました。

準決勝:6-1
 恐らく今大会で1番強い方でした。サーブ、レシーブ、ストローク申し分無しの実力で十二分に優勝候補だと言える実力の方だったと思います。
 ただ相手の得意としているサービスゲームで、元々レシーブは得意というのもありますが、RyU先生のレシーブが冴え渡り、流れを掴んでとんとんと勝ってしまいゲーム差が付きました。

 試合後にお話して、「サーブキツかったですほとんどまぐれで良いとこに返ってました」 と伝えたら「そうだったの!?あんな良いレシーブ淡々とやられて挫けちゃったよ」 と笑っておられました。
 とはいえ試合中になんとなくそんな気がしていたので、スーパーレシーブも当たり前みたいな顔を作っていました。結果的に動揺していたようなので
演技力も大事ですね。笑

決勝戦:6-2
 泣いても笑っても最後!決勝戦!!響きが良いですね。やっぱり。

 途中で小雨が降ったりしましたが特に中断する場面もなくゲームが進みました。相手のサーブがスピンサーブでしっかりと回転がかかってて跳ね上がり、なおかつ一定以上のスピードだったので取りにくかったです。そして圧倒的にフォアハンドストロークが得意な方でした。

 相手の得意コースで戦う必要性はないので、基本的に相手のバックハンドを狙って展開していきます。何度か打っている内にどうやらスライス回転が苦手そうだったので、スライスを多用しつつ、浅い球をしっかりドライブかけて攻撃していきました。

 相手の方はスピードボールに強く、自身もしっかりと打ち込むタイプの方でした。なのでRyU先生はディフェンス重視でゲームメイクして勝ちきりましたが、もう少し攻撃に意識が向けられると楽な場面もあったのかなと反省です。


【結果・総評】


  「シングルス武者修行」と勝手に呼んでいるインスピリッツさんでの2回目となるシングルスの大会。前回は初中級に参加して優勝目標としていたにも関わらず予選リーグ敗退。

そして、今回は中級でのエントリーとなりましたが、結果は……

『優勝!!』




  ということになりました!!イエーイ♪

 上のクラスではないとは言え、やはり久々に賞状を頂けるのは嬉しいですね。前の佐野市のダブルスは超格上を破って優勝したのに商品だけだったので……←ただの文句

<総評>

 今日1日を通して3つの課題をしっかりと意識したゲームメイクができていたのかなと思いますので、そこは素直に自分を褒めようと思います!
 これまでの試合では取りこぼしていた流れを掴むポイントや、取られたくないゲームもしっかり意識して取ることができたので序盤にリードできたのは心に余裕を持ってプレーできた大きな要因ですね!

 反省点としては、やはり、課題のサーブ。ダブルフォルトこそ数回で済みましたが上のクラスに行ったら為す術なく叩かれて秒でブレイクされるでしょう。サーブは火急案件ですね💦💦

 そして、今回勝った要因でもあるポジショニング。しっかりと意識していたのですが、意識したが故に前に出れるタイミングを何度か逃したりしたので、こればっかりは経験重ねるしかないですが、攻守のバランスと思い切りのあるプレーは忘れないで戦えればと思います。

​ というわけで!今回のインスピリッツテニスクラブさんの中級シングルスは見事優勝という形で終わることができました!​

では、また遊ぼうね(・ω・)ノシ




☆紹介で楽天スーパーポイントもらえるお得なキャンペーンやってます☆


♪ママと子ども達の為に♪




☆楽天市場のお得な情報はこちら☆
​​​






最終更新日  2019.05.30 23:28:14
コメント(0) | コメントを書く
[【テニス】オフレポ・大会成績] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.