1735274 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も元気で

2007.09.05
XML





      他部署の先輩方との会食 を終え、
     
      心配していた入社3年目、5年目の若い後輩たちは、
      現場からの指摘に鑑みた自身の反省と決意を
      早速見事な文章にして、イントラネットに載せる。

      私も私自身のケジメとして、自分の総括を載せる。

      ところが、そこで内々に、
      私より6年後輩の女性から想いも賭けぬ「NO!」を受ける。


      現場から本部に対して「NO!」と言われたことに、「NO!」と返せる。
      「 りうりうさんのように へりくだりたくない  」と。

      それは何より、自身の仕事に、同僚たちに。
      二心なく、愛情と誇りを持って、日々懸命に仕事をして来たからこそ。

      だからこそ、現場からの(一方的な)物言いに、全面屈服はしたくない、と。


      判ってる!! 判ってるよ!
      正義漢な彼女の怒りや悲しみを何より嬉しい、と想いつつ、
      でも伝えねばならない。


      私は「 へりくだって 」なんかいない。

      ただ、本部は現場が在ってこそ、の本部である、ということ。


      民草の痛みの判らない政治家がダメダメなように、
      現場の現状、現場の想いや悲鳴を識らない、識ろうとしない、
      或いは看過する本部の人間の存在は百害にしかなり得ない、ということ。


      本部に在る私たちは、
      広告企画などで、戦術を練るけれど、それは先頭を走る訳ぢゃない。
      お店に在る方々がみんな楽しく倖せに円滑に日々の業務が行えるよう、
      お手伝いをさせていただく後方支援の部署なのだ、ということ。


      そのためには、
      お店で、皆さんが1日中、立ち通しでお客さまと接し、学ばれ、
      嬉しいこと、悲しいこと、たくさんたくさんの毎日を積み重ねて
      頑張っておられる以上の頑張りを、私たちはしなくてはならないこと。

      本部は、本部たり得るために、
      常に現場に在るひとりひとりの社員にこころ寄せ、共に在り、
      共に歩いて行かねばならないのだ、ということ。

      「 これだけ頑張ってる 」「 これだけ努力してる 」という
      自分たちの自己評価とお店からの他己評価は、
      往々にして違っているものであること。

      その違いは、何処から出て来るものであるか。
      それ を埋めていく努力は、ここまでやったから大丈夫、というものではないし、
      どんなに努力し、築き上げていても、
      たった一瞬、たった一言で崩壊してしまうこともあるということ。

      ひとたび、不信感を表明されたからには、
      そこに至ってしまうまでの自分たちの在り方を省みる作業は絶対に必要だし、
      再び信頼していただけるよう努力する、その形は、
      先方に伝わるものでなくてはならないと。

      私たちは、誇りをもって、謙虚でなくてはならないと。 



 
     私に「NO!」を言ってくれた後輩は、
     入社前に、私が彼女の会社訪問を受けて面談し、役員面接へと上げた彼女で、
     真面目で、向上心、正義感の強い、素敵な後輩である。

     20年、彼女は、私に一途な信頼と愛情を注いでくれていた。
     その彼女が、「 へりくだるりうりうは見たくない 」という。

       うちの会社に本部も現場もない。
       みんな一緒。 同じ社員ではないか。
       本部の男性の不手際は、その場で、すぐにイントラネットに入れて欲しい。
       そのためのイントラネットであるのだから。
       こうして、会食で本部の女性に「NO!」というのは間違っている、と。

     彼女は正しい。  、、、筋としては。

     だが、お店の現状を頭のなかでしか、識らない。
     ずっと机の上で、マシンに向かっている私たちとは違うのだ、ということが。

     そして、現場にとって、本部である、ということだけで、
     どんな圧力を感じさせてしまう存在となるのか、ということ。
     【 別格 】として思われ、扱われてしまいがちである、ということ。

     私たちはそんなつもりがなくても、常にこころを砕いてなくば、
     「 上からの物言い 」だと思われてしまうこと。 


       ずっと私のなかで、それは大前提として在ったため、
       ことさら、こうした問題を改まって
       後輩たちと語り合うことをしていなかったことに気付いて、愕然とする。

                         正念場ですぞ>ぢぶん。
                         ふぁいと、ふぁいと>ぢぶん。


ペン台風

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







Last updated  2007.09.07 09:46:00
コメント(6) | コメントを書く


PR

Free Space

Freepage List

▼ 以心伝心幻想


▽ PTA・PTA・PTA


▽ 対 「いじめ」 に私たちのできること


▽ 『 冥福 』 は 祈らない。


▼ 簡単レシピ


▽ 魔法のお醤油


▽ ピザ


▽ 肉まん


▽ カニのパテ


▽ かぼちゃの揚餃子


▽ 青紫蘇ジュース & 紫蘇味噌


▽ 大量チキンカレー


▽ ミートスパゲティ (スープスパ)


▽ 栗の渋皮煮


▽ 煮卵 (半熟卵)


▽ オートミールのケーキ


▽ オートミールのクッキー


▽ 『 シェンブルナトルテ 』


▽ 黒豆


▽ 豚の紅茶煮


▽ 豚のマーマレード煮


▽ 鶏さんつくね煮 と 照り煮 


▽ お水を使わない 煮豚。


▽ 青梗菜の帆立貝柱あんかけ。


▽ 白菜の中華風お浸し


▽ トマトだけのスパゲティ


▽ きゅうりのキューちゃん♪


▽ ゴーヤの冷凍、佃煮


▽ 鳥はむ


▽ 大根の焼酎漬


▼ ちょっとだけ エコらいふ☆


▼ バトン系


▼ 大学考 (我が家の場合)


▼ ステロイド離脱に関して


▽ リバウンド時代のお助けグッズ。


▽ 湿疹肌 に 石鹸


▼ 謹んで拝受の儀☆


▽ カウプレ、拝受☆


▽ カウプレ、拝受 2☆


▽ お酒・お酒・お酒


▽ 美味しいもの(//▽//)☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 2


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 3


Recent Posts

Category

Comments

 りうりう*@ Re:(*≧m≦*)ププッ(04/01) おじゃりんさん  > ワタシ 自分の…
 りうりう*@ 「 お年頃 」 お互いに > パクチのねぃさん  >…
 りうりう*@ 「 つまり現在既に 」 やっぱり そなのかな^o^;?? > やじ…
 りうりう*@ Re:熟慮に熟慮を重ねた末(05/07) あそびすとさん  > なんてことを言…
 あそびすと@ 熟慮に熟慮を重ねた末 なんてことを言っていると、どちらにも進…
 おじゃりん@ (*≧m≦*)ププッ うれしいような かなしいような、、、 …
 パクチーナ@ Re:その ココロ は。(04/01) ムフフ・・・こういうお話大好き^m^ そし…
 りうりう*@ Re:「 反応 」(03/28) あら(滝汗)。>ぢぶん JJ2007さんへの…
 やじさん上総ん@ Re:その ココロ は。(04/01) つまり現在既に彼女が・・あ。。いやいや(…
 りうりう*@ Re:えっ、まだ聞いていないの?(03/28) 聞けてないですぅ(-_-) > OMITAさ…

Archives

2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.