1722783 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も元気で

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

聴きました^^*☆

2011.01.03
XML
カテゴリ:聴きました^^*☆





         本日より夫は出勤。


         いつも通り、6時過ぎのJR電車で出立するため5時半起きでお弁当をつくる。


         少年たちは、私の実家で一泊しているため不在で、
         あっという間に 日常に戻った感じ。



            夫を送り出して、ほっと 珈琲を立てる間、テレビ欄を眺めてて、
            22時からのNHK総合にて、『 世界のマエストロ 』発見!



         『 弦楽セレナード 』!! 上向き矢印上向き矢印


          出だしの一瞬で 魂を ひっつかまえられ、
          ゆっさゆっさと ゆさぶられた、あの 音  を聴けるんだぁあ。目がハート





      1992年、岡谷にて収録された
     「 ASIN: B00005FGFF 」のCDが欲しいと
      ずっと 思って来たけれど、
 
      あの日、テレビから流れ出た、あの音にシビれ、
     「 今 」 に1番近い 2009年版を ぽち する。

      サイトウ・キネン の 重厚かつ艶のある 透明な
      美しき音を 楽しめたけれど、あの音、ではなく。

         あの音。 あの深み。
         あの低音の動き。

      それらは、小澤氏が 癌と闘い、
      癌を克服されたからこそ 生まれたものであり
      その 新生・小澤氏の想いに 寄り添うように
      応え続けた サイトウ・キネンの生み出したものなのだ。

    






                   全ての舞台芸術同様、

                   演奏会にて 奏でられる 音 は 生き物で、
 
 
                     その一瞬までに たゆみなく 歩み、培い、
                     磨き抜かれて来たものが、そこで結実する。

                   その音との 出逢いは まさに 一期一会 ――


                   んでも、私が射抜かれた あの音 に
                       また 逢えるかもしれない、と思うと
                                 今から22時が待ち遠しい。


  
ペン登

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村

       







Last updated  2011.01.06 22:06:52
コメント(2) | コメントを書く
2010.11.19
カテゴリ:聴きました^^*☆





       うちの会社は イントラネットを駆使し、
       各店、各人、それぞれにタイムラグはあるものの、
       全社員が ネット上の 種々の会議室、懇談室を活用して 運営される。

          仕入価格、売価設定、売り上げ、支出明細、決済。
          会議も稟議も 個々人の評価、給与や賞与の決定、明細も。

       全て 全社員が いつでも閲覧でき、参加できるネット上で行われている。


       だもんで? 年に1度、市内ホテルにて リアルに全社員が一堂に会する
       『 忘年会 』 の盛り上がりたるや、凄まじいものがある。




       今回、アラサー世代の有志による 出し物のひとつは、
       アコースティックバンド で 『 島人ぬ宝 』。


       日々の激務を縫って、夜 メンバーが集まっては 練習をして来たそうで、
       ちゃんと 三線まで 演奏し、
       3番の歌詞に、うちの沖縄のお店のスタッフたちの名前を織り込み。


          決して 上手とは言えないながらも、あたたかな サウンドに、
          沖縄地区のテーブルで うるうるされている御方が目に入り、
          こころが とっても 熱くなる。


晴れ 晴れ 晴れ



       沖縄には、うちのフランチャイズのお店が 4店舗ある。

       4店舗とも オーナーが違い、それぞれ 地域的にも 離れているのに、
       とっても 仲良しで、チームとして連携を取り、頑張っておられる姿には、
       いつも 私たちの方が 元気を貰う。

       来年には、この沖縄の皆でお金を出し合って、
       沖縄の基幹店となるべく 大きなお店を 新たに 出店する運びとなり、

       ますます、私たちに、夢と希望と勇気を与えてくれた。




            うちの部署の皆で 沖縄へ行こうと、
            月4000円の積み立てを 始めて久しい。

            積立額を増やして、来年のオープンに行ければ良いのだけれど。どきどきハート



ペン快晴

元気を貰ってばかりの私たち。

せめて 基地問題にきちんと対峙し、前を向いて考えやうと
想い 新たに。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村








Last updated  2010.12.19 23:09:37
コメント(4) | コメントを書く
2010.10.22
カテゴリ:聴きました^^*☆





           20数年前に 夫が衝動買いし、お気に入りだった
           SONY ドデカホーンがお亡くなりになって、幾星霜。


           以来、我が家にはテレコ不在で、
           TV台代わりにもしていた 木製のカセットラック。
           互いの青春が詰まってる 500本を超えるテープたち。。。


           あっという間に 時代は CD全盛 → MD → メモリータイプに。

           もう、カセットではなかろう、と、処分しようとしては 処分できず、
           ずっと、ラック毎、2階の押入れの下段を占領していたのだったが。



            「  1万円台だから 、買ってもい~ぃ 目がハート? 」



           これまでウォークマンを持たなかった夫は、
           ここのところ、iPhone に夢中で、
           時間さえあれば、せっせと ファイル変換しては
           iPhone に入れて 上機嫌でいたところ、

           山ほどあるカセットやレコードをなんとか生かしたいと願い、
           夫なりに 情報収集したらしい。





 ★ したらば、
   ← この機種が、
   カセットやレコードをデジタル化してくれ、

   曲毎に分割してくれて、タイトルも入れられ、
   iPhone 用にも一発変換してくれる、との由で

   もう、す~~っかりその気である。雫

   どんなものなのか、ググって調べると
   1台で カセットもレコードも、という機種は
   なかなかなくて、ほんとに 使える奴、のやうである。★






           私としても、自分の学生時代の演奏会の録音テープを始め、
           とても 捨てられない大切なカセットが10数本はあるし、
           結婚後、レコードプレイヤーを買えなかったため、
           実家に置かせて貰っている 私のレコードを
           自宅で聴けるようになるのは嬉しかったし、

              これら全てのものが生き返り、
              また、2階の押入れ下段が 全部空く、となれば、

                  夫の衝動買いに 乗らない手はない、と思う。



           で、楽天やamazonでレヴューを熟読し、
           これは想像以上に良き買い物かも! 上向き矢印

           るんたった音符な気分 で 最安値のショップにて ぽち!!




おもちゃっぽぃ.JPG

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! どきどきハート



見た目、堅牢そうではあるけれど、
ほんとに味も素っ気もなくて、
テープを入れるところなんて、
だいぢゃぶか、と思ってしまう程なつくりなのだけれど。

デジタル化、という機能をきちんと果たしてくれればイイし、

夫の言うように、確かに1万円台で、
これだけのことをヤってくれるのは凄い。きらきら


そうだ! 中身で勝負なんだっぐー

余計なものの一切ないシンプルさに
逆に好感を持つ。


                           * 『 ノバック 』という社名は初耳。 今後は要チェックかも。




テープ入れ口.JPG
   ちょうど夫の定休日の前日に到着したものだから、
   狂喜乱舞した夫は、その夜、翌日と
   私の仕事部屋を占領し、まずはテープの
   デジタルファイル化、タイトル付けに夢中。

   テープの頭出し機能、巻き戻し機能がないのが、
   著しく不便だけれど、
   これもまた、苦あれば楽ありで、
   テープやレコードから起こしたファイルに
   手作り感覚の愛情を持てるかも…?雫




            で、私はこの日から、3週間連続で、
            木曜日は 1日中、拓郎を聴かされるハメになる。しょんぼり


                  … ぃゃ、私だって 好きですけどね。
                       先輩だし。 大好きですけどね。

                    余り続くと やっぱり自分の好きなタイミングで、
                    好きな曲を 聴いていたいと思っちゃう^o^;。



                             で、いったぃ何本と、何枚、
                             君は、拓郎を持ってるのだ?? > 夫





ペンミュージック

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2010.11.19 21:08:03
コメント(2) | コメントを書く
2010.10.18
カテゴリ:聴きました^^*☆









国産の鶏さん 砂ずりが またまた安かったので、しこたま買って、

リピの 当座煮 とは 別に はむを仕込む。



もう夜暗く、休耕田まで葱を採りに行けなかったので、
玉葱で、仕込んぢゃったけど、どうなるかな? あっかんべー





砂ずり仕込み☆.JPG

はむ のときは、下ごしらえ要らず。

そのまま、水に10分間ほど浸し、
水気をふき取り、全体に多めに塩をする。

刻んだ青ネギと生姜と合わせ、よく揉み込み、
ビニル袋に入れて、重石をして、
冷蔵庫で、1週間の我慢。きらきら






ペン歌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







Last updated  2010.11.13 01:56:11
コメント(2) | コメントを書く
2009.12.18
カテゴリ:聴きました^^*☆





         私はケータイの着信音を
         メールや電話の相手によって識別できるように変えているが、

         歌詞が流れるのは好きではないので、「 着メロ 」ばかり。
         クラシックや 自分の好きな曲のオルゴールアレンジだったり、
         オケ前奏だけだったり、カウベルの音だったり。

         だもんで、通信料やパケット代が怖いのもあって、
         これまで「 着うた 」などDLしたことがなかったのであったが。



音符   音符   音符



         年に1度、全社が集まり5時間にも及ぶ巨大忘年会にて。


         職場の後輩が、今年誕生した、社員同士カップルの赤ちゃんたちの画像を
         編集して会場に流したBGMが、『 まねきねこダックの歌 』。


         これまでCMで聞くともなく聞いていて、サビの部分を識ってはいたが、
         別になんとも思わなかったし、ただ聞き過ごしていたのだったけれど。


              4組の後輩若夫婦の倖せそうな姿や、
              可愛らしい赤ちゃんたちの姿と、
              この 『 まねきねこダックの歌 』が綺麗にカブり、
              涙があふれて停まらない(T^T)。 ( You Tube )


         ねこくんは やんちゃな男の子だし、
         あひるさんの女声は若いおかあさんの声に聞こえるし、

             「 それぞれ が それぞれ に 倖せになるのだ 」

         この歌は、こんなに素敵な歌だったんだ~~~!! きらきら
              ( 作詞:横尾嘉信 作曲:横尾嘉信 編曲:祐天寺浩美 )
 

             それで意を決して ケータイで「 着うた 」をDLし、
             毎晩、夫がこちらへ帰宅するのなら、
             これから夕食準備をしなくちゃ、の
             午後8時半のアラームメロディに設定。



         そしたら、毎晩8時半になるのが楽しみになったりして(笑)。
         いつも、最後まで聞き入ったりしてる。
         で、忘年会のあの場面が思い出されて、うるっとキちゃう。

                    はぅ~。 もぉ、お年寄り > ぢぶん


音符   音符   音符




         で、一緒にその場にいた夫も、夫なりに感じ入ったらしく、
         時折、『 まねきねこダック 』を 口ずさんでいる。



         だけど、 毎回、途中から

            「 ネコとネズミが~~ 」  (-_-)


                 『 トムとジェリー 』になるのは ヤめて欲しい ヽ(`Д´)ノ





ペン嘆

今月のパケット代が怖い (;;)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村






Last updated  2009.12.24 11:06:05
コメント(6) | コメントを書く
2009.08.21
カテゴリ:聴きました^^*☆






        19日、夫の誕生日に少年たちを見送り、しょげきった夫のため、
        夜、( いただきもののお食事券で )
        市内某超高級料亭にて豪華コースをいただき、
        そこでの寿司折を手土産に ふたりで私の実家泊。


        翌朝、義母の襲来前にと 実家での朝食もそこそこに帰宅するも 一足遅く(-_-)。


           でもそれは、故ある襲来だった。

           早朝、長義兄の長男に、第1子が無事誕生したのである。きらきら

           おめでとう\(^o^)/☆きらきら



              私は、初めて「 大叔母 」になっちゃったのであるが、
              恥ずかしながら 逆をどう呼ぶかを識らず、
              慌ててググって「 大姪 」というのだと識る(滝汗)。
              。。。如何に自分中心の世界認識でしかなかったかを痛感!
             

           甥夫婦は横浜在住なのだけれども、お嫁さんのご実家は九州なので、
           男性でも「 出産休暇 」が1ヶ月ある企業に勤務する彼は、
           早速休暇を取って九州へ飛ぶ。


           早速 その「 出産休暇 」は、
           お嫁さんの里帰り期間が終わってから、横浜で取った方が良いのでは、
           などと、両家でそれぞれ喧々諤々らしいけれど。

               ふはは。 まずは 倖せな倖せな 想いの行き違い。
               野を越え、山を越え、ふぁいとふぁいとで新家庭を築いて行こう。 

           幼少時より、賢くてハンサムさんな 私の自慢の甥っこだった。
           ぃょぃょ パパだね! おめでたう\(^o^)/☆


きらきら   きらきら   きらきら



           8月18日は、夫の次兄の誕生日。
             19日は、夫の誕生日。
          そして20日が、夫の長兄の初孫誕生、と、めでたき日が三連続となり。

          義母の孫たちは7人を数えるが、
          この初曾孫の誕生日を 一族の誰もが忘れそうもない^^*☆


          早速送られて来た写メールに、曽祖母となった義母は狂気し、

             「 便利な世の中になったもんよのぅ。
               はぁ、目を開けて、生まれて半年も経っとるような、
               しっかりしたべっぴんさんぢゃ 」

          既に曽祖母馬鹿ぶり満載である。     
                     。。でも確かに 生まれたてとは思えないほど、可愛ぃ^^*☆


                  ようこそ Hちゃん!

                  君のおとうさんの 叔父叔母たち、従弟妹たちは、
                  みんなで首を長くして待ってたよ!!

                  どうぞ 元気いっぱぃで
                        すくすく すくすく 大きくなぁれ☆☆


ペン喜

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2009.08.29 22:48:14
コメント(2) | コメントを書く
2009.08.16
カテゴリ:聴きました^^*☆







      16日夜。



      少年たちふたり、広島泊にて、夫も寮へ。


      なんだか久々の独りの夜に、思いっ切り のびのびとバレー観戦三昧。どきどきハート


              したらば、コロコロコロ と コオロギ が。 上向き矢印




                         夏嫌いの私が、やっと一息つける 秋の気配。
                         けど、いつもより4日は早いんぢゃないかな。。。

                         。。。だいぢゃぶか > 地球。


 


          草深三 蟋多 鳴屋前 芽子見公者 何時来益牟

                                             ―万葉集―







金持開運福朗(金持神)

↑ 今年2月に盛り上がった、
コイン通りの 金持開運福朗さま(笑)。



フクロウ(コイン通りで)




← こっちは、「 金持神 」さまたちのご降臨前に
  コイン通りの方々が
  ご自分たちで盛り上がってつくっちゃった
  良くある形、の、ふくろうさん。

  で、私は、こっちの方が可愛く思えて 好き ^o^;









ペン晴

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2009.08.24 00:03:34
コメント(2) | コメントを書く
2009.07.05
カテゴリ:聴きました^^*☆








何処から ヤって来たのかな。



夏のカラーリーフとして、引っ張りだこ な君。


ほんの500円玉くらいの
コリウスの赤ちゃん、発見っっ!!上向き矢印上向き矢印


コリウスの赤ちゃん


こんなに ちっこぃのに、
「 あたぃは、雑草ぢゃないわよっ( ̄^ ̄) 」

懸命に自己主張してるみたいで、ちょっと笑う。


うちで、大きく なってみる??




ペンジャンプ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ





          



ちょっと調べてみたらば、
多分、君は左の『 オダリスク 』だよね?
それとも 中央の『 ブリリアンシー 』?? ^o^;?


右は、100種以上あるコリウスのなかでも
1番人気の『 ときめきリンダ 』だって。



各種寄せ植えや、プランターにぎっしり、とか、
ハンギングタイプはよく目にしてたけど、
『 ツリー仕立て 』やら 『 スタンダード仕立て 』なんて、
識らなんだ~~~~! @@




ペン乱

炎の指の私には 無縁だわ(滝汗)。







Last updated  2009.07.16 00:04:05
コメント(6) | コメントを書く
2009.05.24
カテゴリ:聴きました^^*☆







       感涙とともに第1部が終わり、 休憩を挟んで第2部へ。



       第1部は真っ白なロングコートの衣装でいらした知高氏は、
       黒をアクセントに、長方形な紅色が連なるマント?ロングショール?な
       ゴージャス衣装で登場なさる。

       厚みのある後ろの裾は何かの尻尾のように先が窄まり、
       方向転換なさるときに裾がきれいに回らず、
       何度もくるくる方向転換してみて、裾捌きを練習なさる。

       ご登場の瞬間から会場がざわめいたが、今度ははっきり笑いになって、
       知高氏も くくく と お笑いになりながら、
       これまで何着もつくった大好きな衣装たちには、全て名前をつけているのだと。

          最初の白のロングコートは 『 羞恥心 』。 ( 会場、どっと沸く )
          そしてこの紅のお衣装は 『 ゴジラ 』。 ( 会場爆笑 )

       この『 ゴジラ 』をとっても気に入っているのだけれど、
       裾が独特なので、まだ、裾捌きに慣れない、
       不要に舞台を掃除するだけになりそうだ、と またくるくる回ってお笑いになる。




       舞台は一切の装飾なく、ただ照明だけで 一瞬に情景が変わっていく。

         舞台が 知高氏のリードで、日没を迎えたり、
             草原になり 山になり 川を流れ、海になる――。

       とても立派な舞台にみえ、
       毎週 自分たちがミュージカルのレッスンをしている舞台と同じものだとは
       とてもとても思えない(滝汗)。

       だが、レベルの違う知高氏の目線、指先まで計算されたアクションは、
       とても参考になる。 、、と感じる自分にまた驚きつつ。



       第2部は 難曲であるG.ヴェルディの オペラ 『 ドン・カルロ 』より、
       『 世のむなしさを知る神 』への挑戦から始まり、
       『 サウンド オヴ ミュージカル 』 からの『 すべての山に登れ 』、 
       1974年、第1回広島平和音楽祭にて、美空ひばり氏が歌った『 1本の鉛筆 』。


       、、、、2部に入って、    もちろん、どの曲も凄いのだけれど、
       それぞれに感銘を受けるのだけれど。

       機を逃さず、『 1本の鉛筆 』に込める祈り、想いをお話し下さり、
       その投げかけをも、しっかり受け止め、感じ入ったのだけれど。

       知高氏の「 挑戦 」とも言えるような曲たちは、
       全て成功しておられる、と思うのだけれど。


          正直、これぞ ソプラニスタ。
          「 知高さん、ブラヴォーダブルハート 」と思わず立ち上がっちゃうような 曲を聴きたーい。


          。。。ぃゃ、そうぢゃない、
          ただひたすら、早く 『 Ave Maria 』を聴きたいのだ>ぢぶん


             気持ちが逸って仕方がない。。。ダメぢゃん>ぢぶん



台風   台風   台風




       そして待ちに待った『 Ave Maria 』は。



                  。。。。素晴らしかった(T^T)。


                 やっぱり ほんとにほんとに素晴らしかった(T^T)。




         Libera、Tom Cullyのソロによる『 Ave Maria 』 が、
         天上から降ってくる天使の声ならば、

         知高氏の『 Ave Maria 』は、羽をもがれた地上の天使。
         哀しいほどの深い愛と祈りのこころでもって、天へと昇る。




       

天上の世界へ――




 

                   眼を閉じて、ずっとこのまま聴いていたい。
                   終わらないで欲しい。   (;;)。





星 星 星 星 星





        また、素晴らしかったのが、知高氏の伴奏を務めておられた、
        ピアニスト 河原忠之氏のご紹介から、会場を巻き込まれた手法。

        華々しいご経歴と森久美子氏、錦織健氏の専属ピアニストでもいらっしゃり、
        長年、コレペティトゥール( プロとなられる歌い手さんの指導者 )として
        ご活躍しておられる御方であることが披露された後、その河原氏から、

          「 皆さん、固くなった身体を伸ばしましょう 」 と。

        万歳をして腕を伸ばすことから始まり、
        結局全員椅子から立ち上がって発声練習となり、
        腹式呼吸の何たるや、から、音階へ。
        そして、河原氏におだてられながら、皆、高いキーまで出す、出す。

          「 せっかくだから、歌詞をつけてみましょう 」。

        教えていただいた歌詞とメロディは、何気に何処かで聞いたやうな。

        知っておられた方々は なんだか満面の笑顔で。
        知らない私は、ふーん、いい曲、声、出しやす~ぃどきどきハート と、張り切って

          「 あ~な~た~に あいたくて、あいたくて~♪ 」

          ( 後で懸命に調べたら、MONGOL 800 の 『 あなたに 』 だった@@ )


        寒い冬の日であったが、皆、こころと身体があたたまる。
        にっこにこで着席し、これまで以上に河原氏の伴奏にも耳を傾けながら、
        再び、知高氏の紡がれる世界へと。


           ぃゃ、ほんとは 知高氏独りが紡いでおられるのではなく、
           河原氏と共に紡いでおられるのだ、と
           おふたりはパートナーでいらっしゃるのだ、と、改めて気付かされる。


       最終曲を G.プッチーニ、 オペラのアリア『 トスカ 』から、
        『 歌に生き 恋に生き 』。

       ブラヴォーと声が飛び、鳴り止まぬ拍手のなかで、アンコールは、やっぱり、

        『 トゥーランドット 』 から 『 誰も寝てはならぬ 』。

       そして最後の最後に、『 あなたに 』( このときは題名を知らなかった! )

           なんとねー、先刻、河原氏から習ったばかりの

           「 あーなーたーに あいたくて、 あいたくて~~ 」。

           知高氏と一緒に皆で歌ったのである!! きらきら
           小さなホールが揺らぐかと。



                    会場、おそらく一人残らず大満足しての閉幕。
                    残ったのは 楽しい余韻、上気した頬。

                    なんとも素晴らしく、あたたかな演奏会。

                    ブラヴォー、ブラヴォー! 知高さん!!





     岡本 知高
      Concerto del Sopuranisuta 2008-2009

     『 私を泣かせてください 』 G.F.ヘンデル

     『 私のいとしい人よ! 』 G.F.ヘンデル

     『 楽しい思い出はどこへ 』 W.A.モーツアルト

       懐かしの抒情歌メドレー  編曲 榎本潤

     『 鳥の詩 』作詞/阿久悠 作曲/坂田晃一 編曲/岡島礼

     『 花 』作詞/御徒町凧 作曲/森山直太朗 編曲/榎本潤

       ~ 休憩 ~

     『 世のむなしさを知る神 』 G.ヴェルディ

     『 すべての山に登れ 』 R.ロジャース

     『 一本の鉛筆 』作詞/松山善三 作曲/佐藤勝 編曲/岡島礼

     『 涙そうそう 』作詞/森山良子 作曲/BEGIN 編曲/榎本潤
 
     『 アヴェ・マリア 』 G.カッチーニ

     『 歌に生き恋に生き 』 G.プッチーニ 





ペンカラオケ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







Last updated  2009.06.06 10:47:10
コメント(9) | コメントを書く
2009.05.23
カテゴリ:聴きました^^*☆







       過日、世界で3人ほどしか活躍されていない、という貴重なソプラニスタ、
       岡本知高氏を うちの町が迎え、コンサートが行われた。



       せっかくだから、一緒に歌おう、との 夢のやうなお申し出を
       おバカなうちの中学校は 定期試験中だから、と お断りしたのであったムカッ が、

       お蔭で、うちのミュージカルの小中学生と、
       市内の公立高の合唱部のお子たちが ご一緒できたのであった。


  
       町政時代に設立したホールであるため、
       岡本氏の普段立たれるホールに比べれば、それはもぉこじんまりとしたもので、
       なんだか申し訳ないほどのものであったが、


       知高氏は、

           ご自身の郷里に近く、懐かしく、
           山と海に囲まれた自然に抱かれ、
           久々にアットホームなあたたかい気持ちいっぱい。

           マイクなしで皆さまの身体の隅々まで
           私の声でいっぱぃにして差し上げられる、とのリップサービス。


       その通りの( 男性ならではの )圧倒的な声量、情感、艶、のび、深み、
       そして、自然な発声ながら、一言一句、大切に大切に紡がれる言の葉――。




       第1曲目から、いきなり

         『 私を泣かせてください 』  G.F.ヘンデル

       なので、いきなり滂沱と流れる涙。
 
       胸が痛いほど苦しくて、こんなんで、私は最後まで持つのだろうか、と不安になる。



葉   葉   葉




       曲間には 知高氏による軽快なお喋りが入っていくなかで、
       海外で 改めてニッポンの素晴らしさを想い、
       日本の歌、日本語をとても大事にしたい、との由にて、
       抒情歌をメドレーで歌われる。


       私は常々、声楽的な発声は、やはり西洋の歌、
       クラシック、オペラを歌うときのもので、
       日本語の曲は、例えば、落葉松、荒城の月、といった
       朗々とした歌曲でなければ、無理、そぐわない、と感じてた。
        
       それは如何になんでも岡本知高氏のお声でも、無理だ、と。
       彼のお声は、ドラマティックなオペラ、それも、おそらく
       ひときわ華やかなイタリアオペラのなかでこそ光るのでは、と。 

       でも、数曲は違った。


          そのなかで 『 鳥の詩 』 があったのは、とても嬉しいことだった。


       私はこの曲をとても好きなのだけれど、
       当時 ドラマ主題歌として歌っておられたのが、某女優さんで、
       ご本人は 過去の汚点、かの如く 嫌がっておられ、
       素敵な曲なのに、ここまま埋もれていくには
       とてももったいないことだと思っていたから。

       その曲が、知高氏によって いのちを吹き込まれ、
       私の胸のなかで 火の鳥のやうに飛翔し 天上に舞う――





       鳥の詩          (作詞 阿久 悠)


    あなたがいた頃は 笑いさざめき
    誰もが幸せに見えていたけど

     人は人と別れて あとで何を想う
     鳥は鳥と別れて 雲になる 雪になる

     わたしの心が空ならば 必ず真っ白な鳥が舞う
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩


    あなたを想うのは 日ぐれ時から
    あたりが夕闇に沈む時まで

     人は人と別れて 夜にひとり迷う
     鳥は鳥と別れて 月になる 風になる

     わたしの心が水ならば 必ず北から鳥が来る
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩


    あなたはいつの日か 巣立つ私を
    静かな微笑みで見つめてくれる

     人は人と別れて 愛の重さ覚え
     鳥は鳥と別れて 春になる 秋になる

     わたしの心が湖(ウミ)ならば 必ずやさしい鳥が棲む
     鳥よ 鳥よ 鳥たちよ
     鳥よ 鳥よ 鳥の詩





プレゼント   プレゼント   プレゼント




         嗚呼、 良かった(;;)。

         この歌は これで いのち 永らえる。



         知高氏から とんでもなく素敵なプレゼントをいただいたやうなこころもちで
         にっこにこしてたらば、第1部最後の曲で、
         うちの子どもたちや 高校生たちがステージに。

         曲は 森山直太朗氏作曲の 『 花 』。


         知高氏の 洗練された艶いっぱぃの「 おとな 」の声に、
         合唱を学んでるおとなに変わる高校生たち、
         子ども子どもした素直なうちの子どもたちの声が 美しく調和する。



                           もぉ、涙、涙で第1部終了――。





         第2部は、いよいよ楽しみに楽しみにして来た
         G.カッチーニの 『 Ave Maria 』がある。

         だいぢゃぶか!!!>わたし。




       ソプラニスタ、といへば、
       とかく「 際物 」扱いされてしまうことを常々腹立だしく思っていた。

       とにもかくにも1度ちゃんと聴いてから言え!! と 思う。

       音程の確かさ、豊かな声量、のびと艶。
       研ぎ澄まされた感性から生み出される細やかな発音と表現。

        

       なかでも『 Ave Maria 』は絶品中の絶品、と思っているが、
       残念ながら「 You Tube 」では、Hayley Westenra氏との二重唱しかない。

          個人的には、ちょっと私の評価(なにさま?>ぢぶん)は低いのですが、
          よろしければ 是非 → ここ
          中盤、Hayley Westenra氏のピッチがとんでもなく崩れ、
                 知高氏がとても気遣ってる感が大で、
                 知高氏のソロだけ、が絶対いいです~(悲)



                              で、第2部レビューは次回(゚゜)\バキ☆




ペンカラオケ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ







Last updated  2009.06.05 11:43:50
コメント(11) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Free Space

Freepage List

▼ 以心伝心幻想


▽ PTA・PTA・PTA


▽ 対 「いじめ」 に私たちのできること


▽ 『 冥福 』 は 祈らない。


▼ 簡単レシピ


▽ 魔法のお醤油


▽ ピザ


▽ 肉まん


▽ カニのパテ


▽ かぼちゃの揚餃子


▽ 青紫蘇ジュース & 紫蘇味噌


▽ 大量チキンカレー


▽ ミートスパゲティ (スープスパ)


▽ 栗の渋皮煮


▽ 煮卵 (半熟卵)


▽ オートミールのケーキ


▽ オートミールのクッキー


▽ 『 シェンブルナトルテ 』


▽ 黒豆


▽ 豚の紅茶煮


▽ 豚のマーマレード煮


▽ 鶏さんつくね煮 と 照り煮 


▽ お水を使わない 煮豚。


▽ 青梗菜の帆立貝柱あんかけ。


▽ 白菜の中華風お浸し


▽ トマトだけのスパゲティ


▽ きゅうりのキューちゃん♪


▽ ゴーヤの冷凍、佃煮


▽ 鳥はむ


▽ 大根の焼酎漬


▼ ちょっとだけ エコらいふ☆


▼ バトン系


▼ 大学考 (我が家の場合)


▼ ステロイド離脱に関して


▽ リバウンド時代のお助けグッズ。


▽ 湿疹肌 に 石鹸


▼ 謹んで拝受の儀☆


▽ カウプレ、拝受☆


▽ カウプレ、拝受 2☆


▽ お酒・お酒・お酒


▽ 美味しいもの(//▽//)☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 2


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 3


Recent Posts

Category

Comments

 りうりう*@ Re:(*≧m≦*)ププッ(04/01) おじゃりんさん  > ワタシ 自分の…
 りうりう*@ 「 お年頃 」 お互いに > パクチのねぃさん  >…
 りうりう*@ 「 つまり現在既に 」 やっぱり そなのかな^o^;?? > やじ…
 りうりう*@ Re:熟慮に熟慮を重ねた末(05/07) あそびすとさん  > なんてことを言…
 あそびすと@ 熟慮に熟慮を重ねた末 なんてことを言っていると、どちらにも進…
 おじゃりん@ (*≧m≦*)ププッ うれしいような かなしいような、、、 …
 パクチーナ@ Re:その ココロ は。(04/01) ムフフ・・・こういうお話大好き^m^ そし…
 りうりう*@ Re:「 反応 」(03/28) あら(滝汗)。>ぢぶん JJ2007さんへの…
 やじさん上総ん@ Re:その ココロ は。(04/01) つまり現在既に彼女が・・あ。。いやいや(…
 りうりう*@ Re:えっ、まだ聞いていないの?(03/28) 聞けてないですぅ(-_-) > OMITAさ…

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.