1722616 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も元気で

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

ステロイド離脱に関して

2010.04.20
XML





       薄紙を剥ぐやうに、回復に向かう とは よく 言ったもので。



          血膿 リンパ液まみれの ずるずる赤身のうえに
          少しずつ、少しずつ
          薄紙 ならぬ 薄皮が 張っては裂け 張っては剥がれ

          徐々に徐々に、紡がれていく 体毛も毛穴もないつるつるの薄皮で
          顔が 脚が 赤 から 紫色になっていく。

          特に 顔は 何度も脱皮を繰り返し、
          段々と 段々と 瘡蓋だらけではあっても、自分の顔が戻って来る。



       まだまだ 遥か向こうではあるけれど、
       出口らしき 灯りが見えて来たのでは。 これは、回復の兆しだと。
       その都度 こころが上向き、嬉しく有難く感謝するのであったが、


       ほんの僅かでも外気に触れたり、カーテン越しの陽射しにさえ
       みるみる赤く腫れ、悪化しては また 最初から。。。と、
       こころが上向いた分、がっくりと気が遠くなり、こころが石になる。



しょんぼり   しょんぼり   しょんぼり



       それでも この揺り返し ――― 「 最初に戻る 」――― の度に、
       薄皮が張り始める速度が早くなり、

       食欲もなく、口も開けられず、ストローで水分を摂るのがやっとであったのが、
       おなかが空いて来ただけでも、随分と快方に向かっているのだと実感し。




           幾たび 裂けても 剥がれても。
           また振り出しに戻っても。

           こころは 既に 上向かず  巌となってしまっていても。
           身体は 望みを喪わず、いちから薄皮を張っていこうとするのが 凄い。

           なけなしの いのち削って いのち燃やして
           懸命に 再生しようとしている感あり、少し胸が痛いのは 歳のせい?




       この1週間は、これまでの4週間が嘘のやうに、一眠りするごとに
       熱が収まり、腫れがひき、椅子にも座れ、歩くこともできるようになり、
       突き上げるような痒みは変わらぬも、痛みの方も随分緩和されてきており。


       とはいへ、未だ 夫や義母と共に入ってくる外気に触れるだけで悪化するため、
       まだまだ 窓も開けられず、エアコンで換気するだけで外には出られないけれど。 

           5kg減だった体重も 上向き( これは嬉しくない )、

           灯り、、、が 見えて 来た、かなぁ。。。







                      ● 5週間で消費した 紙絆創膏
                         1.2cm×7m … 14巻
                      ● 竹酢液
                         2L … 5本
                      ● 粗塩
                         1kg … 3袋
                      ● 消毒用イソジン
                         30mL … 1本
                      ● みはらし温泉水
                         2L … 8本
                      ● 亀山堂の天然にがり
                         1L … 1本  

                      ● 服用したサプリメント
                        ハイチオール、チョコラBBプラス、亜鉛、
                        ビオチン、パントテン酸、クエン酸。



ペン礼

滅入るこころに 歯止めを掛けたく、
PCを封印し、積読山をかなり切り崩しました。

この間、私書箱他、たくさんの お励まし、
お見舞い を いただいておりました。
本当に 有難うございます(;;)。

直接のお返事は 愚痴のオンパレードになりそうなため自粛し、
暫く失礼させていただきますが、
こころより感謝致しております。 いつも有難うございます(;;)☆



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
                  






Last updated  2010.04.20 23:59:28
コメント(26) | コメントを書く
2010.04.12







          昨夜からの土砂降りに誘われてか、
          今季 お初の ゲコゲコ ケロケロ、、、!




            くー。


            是非とも 一目でいいから、愛する桜に逢いたいと、
            ヤキモキしながら 寝込んでる間に、
            カエルくんに なかれては 大ショック (T^T)。




          まだまだ出口は見えず、


            玄関までも歩けず、横になったまま、
            灼熱の痒みと痛みに唸り続けて もうすぐ1ヶ月~~~~(-_-)。



        「 皮1枚 」 とは言うけれど、

          この「 皮1枚 」 が 
          どんなに外界から体内を守ってくれていることだろう。
          脚の皮がなくなり、肉が見え、歩けなくなってみて、よく判る。

        「 面の皮1枚 」 が
          どんなに 自分のアイデンティティを支えてくれているか、
          顔の皮膚がなくなり、血膿ゾンビ に なってみて よく判る。



            のたうちまわりつつ
            今にも こころが折れそうな毎日だけれど、


              これが皮膚で 良かったのだと。
              臓器がこんなことになったら、手当てもできんぢゃん、と。


                     、、、ふぁいとふぁいと > ぢぶん




ペン霧

あちらこちらに不義理を重ね、ご心配をお掛けしておりますm(__)m。
なんとか 生きてはおりますので、ご安心いただきますよう。

いつも有難うございます☆☆


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2010.04.13 03:33:18
コメント(17) | コメントを書く
2010.03.24






       15日、義母の通院の付き添いを終えた午後から 一挙に不調に沈んだまま。



       見る間に 腫れ上がり そこから崩れていく 顔、手、脚。


       悪化阻止のため、あれこれと手を尽くすも、
       持ち直すどころか、どんどん酷くなって行き、
       気がつけば 背中まで崩れ始めたことに ただただ茫然。


         あっという間に 数年前と同様に 自分の顔を失い、

              また なのか。
              また、これを繰り返すのか。
              今度は半年? 1年?

         茫然愕然とするなかに
         行き場のない怒りやら焦りやら悲しみを抱え込む自分と
         ここまで来たら、自分にとっての毒を出し尽くすしかないと、
         諦念の溜息とともに 淡々と。
         勝手識ったる(悲)大量の晒、竹酢液、にがり、消毒薬を準備していく自分と。


       正直、誕生日どころではなかったのだったが、
       朝一番に、届いた実家の母からの おめでとうメールを皮切りに、

         上の少年、下の少年、職場から、、、、次々とメールが届き、
         しゃんとしなくては、と リキを入れる。



涙ぽろり   涙ぽろり   涙ぽろり




         昨年は 京都で 帰敬式を受け、法名をいただき 再生したのであった。

         今年は、「 大御所 」 と称される美空ひばり氏と同じ歳(驚)、
         父を喪ったときの母の歳となる。



           ―― 母の軌跡を思えば、
               まだまだ ぢぶんは なんと甘ったれた子どもであることか。





                         ふぁいと ふぁいと > ぢぶん

                           明けない夜はない と 信じて。 



六角堂枝垂れ桜2.jpg

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2010.04.24 21:18:27
コメント(8) | コメントを書く
2009.04.30





        魔界の掃除に追われ、通院してる場合ぢゃない(゚゜)\バキ☆のに、通院日。


        この日は久々に、血液検査・エックス線・心電図の検査日なので、
        朝食を抜いて行く。


        でも 内科受付では 「 りうりうさん、検査アリ になってませんよ? 」
           (o_ _)oポテッ


        ついに、こんなことまで勘違いしてしまっちゃう程、
        私の鳥頭化は進行しているのか??? ショック

        茫然としたまま、主治医の先生に呼ばれ、診察室に入ると


           「 りうりうさん、すみません。 犯人は私です 雫 」


        先生が、PCに検査フラグを立て忘れていたのだと。  ヽ(`Д´)ノ


        今日これから検査をして帰って、次回の診察日に結果を伝えるのと、
        次回早朝に検査をして、暫く待って当日の帰りに結果を伝えるのと、
        どっちが良いかと聞かれ、そりゃ勿論、今日これからだ~ぃ!

        平身低頭の先生の  弱味に付け込んで  ご様子に意を決して、
        前々からお願いしたことを持ち出してみる。


        それは 『 ザーネ軟膏 』 を 処方して貰えないか、ということ。





        杉と檜の花粉に痛めつけられた、現在の私の状態は、
 
        藁をも縋る想いで試してみた
         『 フェイスDソープ 』 で、みるみる復元したが、



        ハタケ状態 と なってしまうところは、
        いつもの 『 サンホワイトP-1 』 では
        カサカサのまま違和感が残り、イイ感じに戻らない。

        色々塗ってみて、
        今回は 『 ザーネ軟膏 』 がよく効くことを発見する。
        おそらくザーネに用いられている基材が良いのだろう。
        
        塗っても塗っても端から吸い込み、1日でかなりの量。

        ちょうど、下の少年からも送って欲しいとのメールが来たばかりでもあり、
        昨年2月に、ネットで購入した500gの大瓶がそろそろなくなる。

        処方箋がなくとも、対面販売なら良いだろうと薬局を回ったが、
        劇薬でもないのに、処方箋がないと売れない、と断られ困惑していた。

        ネットでも 『 ザーネ軟膏 』を扱っているところは
        私が見つけられたのは3サイトしかなく、それも6月からダメ。

        ダメもとで、主治医の先生に泣きついてみたのだったが。


病院   病院   病院



        先生は すぐさまザーネを検索して薬効を調べられ、
        特に問題なし、と判断され、ほっとされつつも

        次に皮膚科へも内線で電話問い合わせ下さった後、

        内科専門の自分が、処方するのはやぶさかではないが、
        残念ながら、この総合病院ではザーネを扱っておらず、
        処方できるとしたら、ユベラ軟膏になってしまう、ということ。

        また、女性なので、顔に塗布して万一シミになっては大変だから、
        顔には塗らないで欲しいし、できればこちらの皮膚科の先生は優しいから、
        頼めばステロイドを避けて処方してくれると思う旨を告げられ、

        さりげに これから受ける血液検査のなかに膠原病などのチェックを入れられ、




          「 花粉症のある私は、この時期、アレグラを飲んでるけれど、
            りうりうさんも飲んでみられますか?

            1日2錠だけれど、軽く1錠にしましょう。
            夕食後だけれど、自分は眠気の後にだるさが来るので、
            だるいのが就寝頃になるよう、午後3時に飲むことにしています。

            ご自分で納得できる飲み方を見つけて下さい。
            ザーネがいよいよなくなって、困られたら、また相談下さいね 」。




        ほぇええ。

        ザーネは入手できなかったが( 6月までにネットでゲットしやう )、
        思いがけなく、抗ヒスタミン剤をいただけることになった。

        現在、何種類も服薬している、その薬たちを処方なさってる先生が
        アレグラなら、とおっしゃるのなら、安心だし、
        これで少しでも諸々の症状が楽になるなら有難いし。


        アレグラは、脱ステ中にさんざんネットで目にした薬。
        あれこれ調べて、当時の自分はポララミン、アタラックス-Pを選択したものだが、
        確かに、今の自分の状態では、ポララミンもアタラックス-Pも無理だ。



           こうなってみると、この先生にお世話になって丸3年。
           なんでもっと早く相談しなかったのか、ダメぢゃん>ぢぶん

           先生も、もう何度も私の悲惨状態な顔を見ていらっしゃり、
           花粉でそんなになるとは~~、なんておっしゃってたのに、
           ここまで踏み込んで下さらなかったのは、
           私が相談しなかったから、なのだろう。
           きっと何処かで専門医に診て貰ってると思っておられたのかな。



        ということで、今夕より アレグラ開始。

        眠くなるかな? だるくなるかな?
        あれこれ不快な症状に、なんらかの変化があるかな?

        ある意味、楽しみ(゚゜)\バキ☆



           朝食抜きで7時過ぎに出発して、もぉお昼前。 おなかが空いた。
           今年のGWは、誰も帰省しない、下の少年すらいない、
           結婚以来初めての優雅なGWのハズだったのに、
           帰れば、魔界が待っている。  

           そう思った瞬間、カフェインがキれ、帰路にとうとう誘惑に負ける。

           2年ぶりの『 STICKSWEETS FACTORY 』ダブルハート


じゃがりこブラック 001.jpg


ぅひょひょ~~(//▽//)☆

んでも、これで、朝食も昼食もヤめとこ(-_-)。

一息入れて、元気になって。
帰ってお掃除、お掃除っ!!





、、、をひをひ(-_-)。
こゆ甘いものが、痒みを酷くするの、判ってる?ムカッ>ぢぶん





ペン照

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2009.05.09 14:29:12
コメント(2) | コメントを書く
2009.01.18





        後日、義母から責められたり、嘆かれたりすることになろうとも、
        私が数年ぶりに実家に泊まることを決めたのは、

        職場新年会にてこころ置きなく飲もう! としただけでは 決して、ない(ほんとだよ)。


        実家に泊まった翌朝に、以前から気になっていた左頬の黒子を、
        私の信頼するDr.マリオに診ていただこうと決心したから、である。

        また、この1年、外出する度に上下瞼が酷く荒れること、
        私自身がしてきたケアで間違いないかをお訊きしてみたく、
        丁度良い機会だと、思ったから、である。


病院   病院   病院



        Dr.マリオは、県立病院の皮膚科部長さんでいらしたのだったが、
        病院の安易なステロイド投薬方針に疑問を持たれ、独立。
        その県立病院のすぐ横にクリニックを開かれた剛の者、と耳にしていた。


        私がこの先生にご縁をいただいて既に20年余。

        想像していた「 剛の者 」なイメージは全くなく、
        Dr.マリオそっくりのご容姿に、なんとも穏やかな話し方をなさる先生で、
        私も少年たちも、すぐにこの先生が大好きになった。

            必ずメモ用紙にペンで図を描きながら丁寧に説明下さり、
            日常生活、薬に対する細かな指示、
            ひとりひとり、その状態に対し、
            ノンステロイドで、できる限りの対処法を考え下さる。

            状態が余りに酷く、やむなくステロイドを出されるときも、
            できるだけ基材で薄め、もしくはワセリンの上から塗るべし、とされ、 
              「 何があっても、これは3日間だけしか塗ってはいけません 」

            例えば3日後、忙しければ1週間後。
             「 必ず 診せて下さいよ? 」
            私たちの目を観て、そうおっしゃるのだった。

            帰りにはそのメモを下さって「 頑張りましょうね? 」



病院   病院   病院



        あるとき、下の少年の受診のため、抱っこして受診の椅子に座ったところ、

         「 赤ちゃんより おかあさんが大変です。 今晩8時に来院して下さい 」。

        私の右頬の黒子がキケンだ、とおっしゃるのである。

        当時私の右頬には、黒子が3つあり、綺麗な逆三角形の形をしていた。
        そのうちのひとつがキケンだ、とおっしゃるのであるが、
        良く観れば確かに少し蒼っぽいようではある、、、、これが??



        少年を診ていただきに行ったのに、
        私の黒子がキケンだから、取る、とおっしゃるので慌てたが、
        この先生をとても信頼していたので、とても有難いこと、と感謝し、
        少年たちを実家の母に預け、午後8時にクリニックへ。

        レーザーで焼く感じなのかなぁと想像してたら、
        いきなり頬に麻酔注射を打たれた( めちゃ痛いし )ので、ビビる。

           「 表情筋に沿って切りますからね、きっと後は残りませんよ 」

        やさしくそうおっしゃりながら、私の頬はメスで切開され、出てきた黒子は。

        私の右頬で三角形の一点を司っていた蒼っぽぃ黒子。

        実はその一角を見せていただけで、取り出していただくと、
        ちょうど6mmBB弾のような大きさの完全球体のものであったのに驚く。

        そしてこれは確実に皮膚癌に変わっていくものなのだ、と!


        その折、3針縫われたが、今では全く跡形もなく、
        私はDr.マリオと下の少年に、いのちを救われたのだなぁと思っている。


        Dr.マリオの小さなクリニックは いつも満杯状態で、
        待ち時間の長いのだけが大変であったが、
        私たちは、このクリニックへベビーカーを押して行ける場所、
        自転車で通える場所に暮らす倖せをいつもいつも感謝していた。



        なのにこの地に転居してから、
        3~4時間待ちのDr.マリオのクリニックにはとても通えず、
        近隣の( といっても隣市になるが )違う皮膚科に行ってしまったのが、
        私の大きな失敗だった。

        Dr.マリオのような先生を求め、10近くもの皮膚科を訪ね歩いたが、
        結局 ゾンビな姿になって のたうちまわることになるのである
   

        どうして他に、Dr.マリオのような先生がいらっしゃらないのか不思議だったが、
        後にネットで調べて納得する。


        『 アトピー・ステロイド情報センター 』のサイトで、
        アトピー・ケア病院・医師 のページに掲載されるような皮膚科クリニックは、
        全国でも数える程しかいらっしゃらず、広島県では僅かに2箇所。


        そんなことを私は識らないで、
        たまたま そういった素晴らしい先生にご縁をいただいていたのだった。


病院   病院   病院



        2年前に左眼の下に出来た黒子。

        蒼っぽくて少々隆起しており、なんだかむず痒い。
        これはヤバいのでは、と思ってるうちに、
        丸い形が崩れ、横に長く楕円に変形していき、見た目 シミのよう。

        うずうずと痒い日が多くなり、ほんとにヤバい、と受診を決意するも
        なかなか行ける日をつくれず、今回の実家泊は願ってもないチャンスだと感じ。


        職場忘年会翌日の土曜はミュージカルの練習が入ったために、
        思い切って金曜早朝に自宅を出立して、午前中に受診することに決め。
        14年ぶりに、Dr.マリオのクリニックを訪う。


        フツーの小さな民家の1階を改造された、小さなクリニックは、
        外見も受付も待合室も全く変わっておらず、
        おそらく奥さまだと思ってる薬剤師さんもそのままいらっしゃり。

        妙に懐かしく、妙にあたたかく、妙に嬉しく。


        受付時に、「 平成2年 」に つくられた古い診察券を新しくしていただいたが、
        これもまた、全く同じ紙、デザインの診察券で。


        待合室に並ぶ、乳幼児を抱くおかあさん方に、
        過去の自分が、時が、フラッシュバックする――。



        文庫本を3冊持ち込んで、読みふけるうちに名前を呼ばれ。
        処置室が3つある診察室に入ると、これもまた、丸っきり変わっていない。


        さぞお歳を召されたのでは、と想像してたDr.マリオのお姿も、そのまま!

        先生がお優しい分、てきぱき キレ者オーラ満開の看護師さんたちも健在。
        う"~ん。。。 びっくり~~。


病院   病院   病院



        私の黒子は、心配しなくていい「 黒子 」だった。 \(^o^)/☆


        隆起して日々変形しているのは、色素細胞がそうでない細胞と闘っているため。
        むず痒いのは、「 戦闘中 」の刺激、らしい@@。

        おそらく色素細胞が負け、そのうち色がなくなっていく可能性が高いそうである。

             そう聞けば、不安だったこの痒さも、
             いとおしく思えて来るから  現金な  不思議なものである。


        外出時の両瞼近辺の荒れは、日光というよりは花粉等、
        外に浮遊している物質によるものである可能性が高い。




        よって、現在私がしている通り、
        外出前の 精製ワセリンである
        『 サンホワイト P-1 』による瞼への
        「 保護 」 が1番適切である、と
        お墨付きを受ける。 上向き矢印




          「 サンホワイトもすり込んではいけませんよ?
            できるだけ刺激を与えないよう、 
            指先で軽く、ぽんぽんぽん、と乗せる感じでつけて下さいね 」
            
          「 本日の投薬はなし。
            現段階での抗アレルギー剤などの服薬はヤめておきましょう。

            よく勉強されましたね。
            これからも、体質改善、悪化予防にこころがけて下さい 」。




        Dr.マリオから、そんな嬉しい言の葉をいただいて、無罪放免。

        大きな安心をいただいたのに、初診料のみの請求に申し訳ない想いを抱きつつ。

             クリニックを出て、駐車場に向かう足が軽い。


                  空が、青い。





ペン晴


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ






Last updated  2009.01.21 15:40:38
コメント(13) | コメントを書く
2008.04.03






     首周りを中心に夏の汗疹を掻き壊して湿疹化していた下の少年は、
     一進一退を繰り返しながら、そのまま受験のストレス、冬の乾燥期に突入し、
     現在は、花粉と黄砂でボロボロ。 顔に出ているのが可愛想。

     夜は痒くて一睡もできない日もあり、
     こんな状態で独り暮らしをさせられるものだろうか、大変不安であったが、

      『 タウロミン 』の三倍量を服用 して、初めて、眠れる時間が出来始め、
     肌の様子も若干良い方向に向かった様子が見え、少々光が見え始める。

      ( takemasa-mamaさん、
        その節は、ご丁寧なメールを有難うございました(//▽//)☆☆ )


     独り暮らしスタートにあたり、少年に持たせる洗剤の類を迷う。

       浴用の石鹸は、いつものアレッポの石鹸だが、

       我が家の洗濯は、 『 ランドリーリング 』だし、
       その他の洗剤類は アルカリウォッシュ や重曹やお酢だし。


     少年にも同じものを持たせようかとも思いながら、
     『 ランドリーリング 』の単価にちょっと迷い(汗)、
     これからは塩素の入った水道水のお風呂となるため、入浴剤も考えなくては、と迷い。

     結果、私自身の脱ステ時代に、2ちゃんねる や アトピーと闘うサイトで見かけ、
     ずっと気になっていた、『 ピリカレ 』を 試してみることにした。


     入浴剤、洗剤としてとても良く、歯磨き粉や食器洗いにも使え、
     しかも使えば使うほど、川や海の浄化に役立つ、というのである。






     これまで『 ピリカレ 』購入に踏み切れなかったのは、
     身近に使っているひとが居なかったことと、廃油からつくられている、ということ。

     3kg入りとはいえ、「 洗剤 」に、2,625円を出す、という抵抗感や
     送料がネックになっていたりしたのだったが、
     今回は、お気に入りの日焼け止めのお水を購入するため、送料もゼロになる。

     同じショップ内で一緒に扱われているのは、天の声かも、と感じたのだった。




お水なのに日焼け止めになっちゃう
オーブス『 エスケアウォーター 』



       『 エスケアウォーター 』と共に、どすん、と、届いた 『 ピリカレ 』を見て、
        2625円もするのに、「 コストパフォーマンスが抜群に良い 」という
        レビューが多いことに納得した。

        入浴剤として使うには小さじ1杯で良く、( 単純計算で600日分 )
        そのままそれを洗濯時に使えて、しかも洗剤は不要。
        入浴剤として溶け込んでいる『 ピリカレ 』がそのまま洗濯石鹸となってくれる。


          不思議。


        自宅で使ってみて、少年の入浴後の様子も、いつもより痒がらず、
        肌がこころ持ち保湿されているように見える。

        これまでは竹酢液を入浴剤として使っていた。
        ボロボロの肌の消毒にもなり、(入浴中は)痒みも治まり、
        肌もしっとりするのだが、身体がよく温まるために、入浴後に痒くなってしまう。

        竹酢液よりは『 ピリカレ 』の方が今の自分に良い、と少年自身も感じたらしく、
       『 ピリカレ 』を持って行く、洗剤類もこれ1本、了解!
        と納得顔で言ってくれて、安堵したのだった。


ひよこ   ひよこ   ひよこ



        この日は、下の少年は朝から入学前手続で大学へ。
        学生証を貰い、各種便覧、資料を貰い、
        生協にてPCを受け取り、PC講習会にも出て、
        最寄の銀行にて、奨学金受け取り用の口座を開いたり、と忙しい。


        こちらでは、昨日搬入し終えた諸々を落ち着かせ、足りないものを買いに出掛け、
        新しい洗濯機で、ちょこっと洗濯もしてみる。

        それから、京都へ帰る上の少年を見送り、広島へ帰る夫を見送り。

        ちょっとだけ暇になった私は、百均で買っておいた液体調味料入れに、
        『 ピリカレ 』を小さじ1杯入れ、水道水を半分入れてシェイクしてみる。

        普通の洗剤のように泡だったが、すぐに泡は消え、極フツーの水のよう。

        自宅では、まだ食器洗いに使ったことはなかったので、
        試しにマグカップやフライパンなどを洗ってみた。

        容器を押すと、ピリカレ水溶液は粘らないので、ピュ~っと大量に出てしまう。


        失敗、失敗。雫 キャップの穴は、小さな穴で十分だった。
        それに、汚れていないものを洗っても、効果の程は判りません(汗)。>ぢぶん

        食器用には、もう少し濃い濃度にして、お湯で溶いてジェル状にした方が良さそう。


                なんにせよ、少なくとも、
                これで、少年は台所洗剤による手荒れに苦しむことはないだろうし、
                洗濯の濯ぎ不十分による発疹等を心配することも不要であり、
                入浴後に転げまわって痒がることも、とりあえずは軽減されるはず。


                    そして、環境浄化にも貢献。 \(^o^)/☆


                           、、、上の少年にも送りつけちゃおう。
   


ペン晴

にほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
 






Last updated  2008.04.09 01:59:10
コメント(10) | コメントを書く
2007.11.11







       背水の陣・柳本JAPAN。

       先のイタリア戦完敗に 大変申し訳ないことながら、

          またかぃ。。。  ゃっぱり ダメかぃ。。。  (o_ _)oポテッ
       な 予感で勝手にヘコんでて。
       ポーランド戦の第1セットの内容で、もぅ へろへろに気持ちは萎えてた。

           しかし、起死回生、第4,5セットは、鳥肌が立った。

         あの集中力は見事なり!

         やっぱり何事も、諦めてはなりません!! 上向き矢印



       、、、諦めてはなりませんが、
       隣の休耕田は、長く荒野状態にあり、
       今年もセイタカアワダチが、びっしりと。
       2mを越え、うっそうと生い茂ってジャングル化していたところ、
       この土日で、休耕田の地主さんご夫婦が、
       電動草刈マシーンを早朝からふるって、頑張って頑張って
       切り倒されたのだったけれど。


       その土曜の午後から、どうも身体が、殊に目元が痒い。

       ベランダの手すりも、杉の花粉シーズンのように黄色に染まり、
       それを観るだけで痒い。。。 う"~ん。。。これはヤバいかも。


          うっかり2階の窓を確認していなかったので、
          舌打ちをしつつ、もう1度、家中の窓を点検。
          これ見よがしに窓を閉めては、
          お隣で作業中のご夫婦がお気を悪くされるだろうなと思いつつ、
          でも、背に腹はかえられず。 でも時、すでに遅し。


       日曜日朝には、目元が腫れ上がり、手の甲も掻き毟ったらしく、じくじくと。


       自宅には居なかった下の少年も、夜の間に、花粉にヤられたのか、
       やはり、夏中苦しんだ首周りがヤられている。


       日曜夜には、ついに左目が開かなくなってしまい、
       リンパ液がぽたぽた垂れるような昨年ほどではないが、悲惨な状況に。
 
       掻かないように、濃ゆい粗塩水を目元に塗り、
       脳を突き破るような痛みに耐える。



            う"~ん。。。
            今週は、義父の祥月命日でお寺さんへ。
            水曜は、元班長の彼女と『 ALWAYS 』の約束だったし、
            年に1度、全社が集まる、大規模な忘年会、と

            公私ともに大きな行事が続くのだけれど、
                     ダメだなぁ、、、これは。(o_ _)oポテッ


            諦めてはならないし、頑張るけれど、今週の諸々はお手上げ。

            下の少年が寝込むようなことにだけは、なりませんように(祈)。



ペン雨

ブログランキング・にほんブログ村へ

ファイブスタイル ブログランキング








Last updated  2007.11.12 22:32:56
コメント(18) | コメントを書く
2006.11.02






     今日は夫の定休日であるため、夫は昨夜、寮から帰宅したものの、
     来週行かねばならない名古屋での講演に向けて、1日原稿書きに専念する、という。

     どうせ、最終校正は私がさせられることになるのは判っているが、
     近くに在れば、構成部分から口出ししそうになるであろうため(笑)、
     久々に 『 みはらし温泉 』へ湯治に行くことにした。



         湯治には、8月に スナメリ に出逢って以来。


     秋の花粉と紫外線で、ずっと目の周りが面白くなかったのと、
     上水道布設の宅内工事に向けて、庭の草取りをして以来、
     両手の甲がカブレたようになっていたのが、先週から湿疹化していた。

     痒くなる度に粗塩でケアしていたが、就寝中に掻き毟るようで、朝は調子が悪い。
     左手の甲は、ついにズルズルべとべとになっていて、見た目も汚く、不快。

     こんなになるまでに、早く行きたいとずっと思っていたのだが、
     義父の法要等、何かと気忙しく、
     また、下の少年のクラスメイトの闘病の件を耳にしてからは、
     何かしら後ろめたく、行けないでいた。


     昨夜の嬉しいニュース と、夫が1日缶詰であることを識り、
     急遽、湯治へ行こう!と決める。

     幸い、昨夜は冬瓜を鶏腿肉と炊いたのがたくさんあるし、ご飯は炊き立て。
     下の少年用のお弁当のおかずの残りの鮭や卵焼きもあるし、
     豆腐があればご機嫌の夫だから、朝食も昼食もクリアできるはず。  
         
     義母が襲来しても、実の息子なんだから、なんとかクリアしてね、と即断!


     
         今日から3日間、本管工事を終えたうちの班内唯一の道路が、
         最終のアスファルト敷設工事に入るため、
         8時前に出発しなければ、一切の出入りが出来なくなる。

         湯治に行こうと決めたのは7時半。

         ばばばばっと用意して、どどどどっと出発。 いざいざいざっ♪

         をっと、高血圧のひとにはキツ過ぎるお湯なので、降圧剤を忘れずに。 




     車検と折れたステアリング の修理が完了し、
     何故か車内清掃までして貰って、ピカピカになってる愛車Fitに乗って、
     CDガンガン鳴らしてご機嫌なり♪

     通い客用には、9時からスタートのみはらし温泉に、9時5分に到着する。

     宿泊以外で、こんなに早く行ったのは初めてで、
     駐車場の車の少なさにまず、感動。


     大パノラマ浴場からみえる瀬戸の海は、こんな感じ。


みはらし3



みはらし2




みはらし5





      昨夜の喜び、噛み締めながら、 はぅぅ
      手の甲に芯まで沁みてズキズキ痛み、熱を持ち、
      そのなかで治っていく力が動いているのを感じながら、
      いろ~んなことに、感謝しつつ、ゆったり浸かり。


      間に2回、休憩室で仮眠を取って休み、
      落陽を見た頃には、ずるずるの甲に薄皮が張っていた。 \(^o^)/☆
      右手など、草取り直後の、カブれたような小さなブツブツにまで後退。


      いのちあるもの、は、全て、海から生まれたんだ、ということをまさに肌で感じつつ。


      リフレッシュ致しました~~☆☆

      帰路に着く前に、2Lのペットボトル3本にしっかり温泉水を汲んで、るんたった♪



      途中で、今夜は手巻き寿司にしようと、あれこれお刺身と大葉を買って、
      お味噌汁用に、しじみも買って。


                            ……明日から、またふぁいとなり>ぢぶん


ペンお風呂






Last updated  2006.11.03 02:24:09
コメント(12) | コメントを書く
2006.10.24







  今日は燃えるゴミの日で、時は7時52分。
  ちょっと遅くなった、と、例によって川向こうのゴミ収集場へ向かう。

  少しでも紫外線避けにと、季節外れになった麦藁帽子を深く被って。


  太陽は出てるのに、霧雨のような兆しを感じ、顔をあげると
  そこに 圧倒的な 虹が 在った。





      虹 は いつもの山々の手前に在った。

      虹の始まりと終わりが、けむるように観える。

      東側は、車でいつも山越えをする道路の入り口の辺り。
      西は、お祭りが終わったばかりの神社、鎮守の森。



   こんなに間近で見事な虹を観たのは初めてである。

   1,2,3、、、 本当に7色ある。

   驚いて何度も何度も数え、色の見事さ、混じりあう美しさに感嘆する。


   副虹も出ており、この副虹もいつも目にする程度の虹のようで、
   余りの見事さに、ただ固まる。


   携帯を持って来れば良かった、と激しく後悔しながら、
   いつ消えてしまうのか判らないので、そのまま突っ立って観ていた。




虹.jpg

from Bryce-Drop

   


   私は、暫し、息を止めていたのではないか?

   そうだ、この見事な虹を、
   隣の元・班長の彼女にも見せてあげたい、と思いつつ、息を吐き出しつつ、

   少しでも長く観ていたくて、後ろ向きに後退りしながら帰途につく。

   虹がやや膨らんだ気がして、消えてしまうのではないかと懼れ、
   傷めている右膝にも構わず、走り出す。


   走りながらも、消えないで!と、焦って振り返れば、




         虹が 付いて 来ていた!



         今や、我が家の北に位置する副班長さんちの庭から湧き出て、
         川向こうの二階家の屋根に掛かっている。


         くらくらと眩暈がして、膝が萎えそうになる。



         走って走って、彼女の家の玄関チャイムを鳴らす。


         出て来ない。


         早く、早く!!!




   霧雨が少し大粒となり、太陽が隠れ、虹は 消えて しまった。


   時間にすれば、ほんの5分程度の奇蹟。
   んでも私には、きっとこれが、生涯最高の虹。
   決して 決して 忘れない。






         ふにふに。。さん。


         長く辛いトンネルを独り頑張って歩き抜かれ、この度、職場復帰される由。
         今朝1番に、何より嬉しいお知らせを目にした直後のこの虹は。

             きっときっと貴女を祝福してる。 地球が貴女を寿いでいる。

         明けない夜を耐え抜き、明けた朝の見事な虹。

         おめでとう!!! \(^o^)/☆    どうぞどうぞ、ご自身のペースで。


ペンわー






Last updated  2006.10.26 07:19:17
コメント(21) | コメントを書く
2006.04.19






病は気から、とばかりに、
花粉症をもぶっ飛ばそうと、エアロビ、ヨーガを始め、私の桜にも逢い続け。

昨日は県北まで足を伸ばして、桜、桜、桜、かたくり三昧を続けたのであったが。



眼の痒さには、閉口していた。

昨日までは、目元、特に下瞼の部分がぷっくり腫れて紅を刺したよう。

  「 舞妓さんみたいで色っぽぉい 」 などと笑っていた。



しかし桜三昧の18日夜から、
下瞼の睫毛が生えている部分からじわじわ出血し始め、リンパ液が垂れてくる。



その数日前より、粗塩をしゃりしゃり状態にして、目元に塗りつけ、
久々に火の出るような想いを味わっていたが、そんな状態での遠出は、やはり強行軍だったか?


杉の花粉も檜の花粉での症状は少し落ち着き始めているのに、、、、
こんな下瞼だけ、の症状は初めて。

してみると、犯人は 「 黄砂 」??






19日朝、携帯の目覚ましで起きると、眼が開かない!!  …??


触ってみると、上の睫毛が、下瞼のリンパ液と一緒に固まり、ガビガビに糊付けされたよう。

手探りで、にがり水溶液を吹き付け、しみるのを我慢しながら、ティッシュでそっと剥がしていく。



若い頃、「りうりうの近くにいくと、ばさばさと睫毛の音が聞こえる」などと笑われてた、
ご自慢の長い睫毛が、かなり抜けてしまった。。。。orz....




鏡を見ると、下瞼の睫毛の生え際が赤剥け状態で、みるみるリンパ液が盛り上がってくる。

ティッシュで目尻を抑えなくては、涙のように零れ落ちる。
だが、他の部位には、眼球を含めて、全く異常なし。


全部拭いてしまっては、皮膚が再生されないし、
ほっとけば、他の部分が自分のリンパ液でかぶれそうだし。。。


う"~ん。。。。。。
病院に行っても、ステロイドを処方されるだけ。
にがりで乗り切ろう。


リンパ液が固まると、ゴワゴワのガビガビで、目尻が切れる。
痒いので、にがり水溶液を吹き付ける。 しみる、痛い。

眼球が浸透圧のおかげで、ドライアイ状態。 眼を開けておくのが辛い。



う"~ん。。。。。。厳しい。
んでも、月曜日が内科、眼科、腎臓検査の日だから、なんとか乗り切ろう。



            しかし、映画三昧をしたり、桜三昧をしたり。
            私にとって、倖せいっぱいな日々が続くと、
            どうしていつも、こうも何かしらしっぺ返しが来るんだろう?
            


怪獣ライン2




りきkkぱぱさんから、このブログ名の成分分析を教えていただいた。

    ● 今日も元気で の 71% は 生きる力 で出来ています
    ● 今日も元気で の 11% は 牛乳 で出来ています
    ● 今日も元気で の 10% は ドーナツ で出来ています
    ● 今日も元気で の 3% は 受験勉強 で出来ています
    ● 今日も元気で の 2% は リンゴ酸 で出来ています
    ● 今日も元気で の 2% は 和の心 で出来ています
    ● 今日も元気で の 1% は 感謝 で出来ています


     「生きる力」と「和のこころ」「感謝」という言の葉がとても嬉しかった。
      けれど、「☆」をつけていたことに思い至り、「☆」付きで分析してみる。


    ● 今日も元気で☆ の 70% は オイルで出来ています
    ● 今日も元気で☆ の 19% は 鉄分で出来ています
    ● 今日も元気で☆ の 9% は 圧迫感で出来ています
    ● 今日も元気で☆ の 1% は 自社スタジオで出来ています
    ● 今日も元気で☆ の 1% は 証券で出来ています

 
        。。。。。なんとなくおもしろくない(笑)。
        今日から「☆」を取ろっと。

ペン…

眼をあけてられない。。。。






Last updated  2006.04.20 15:51:21
コメント(15) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Free Space

Freepage List

▼ 以心伝心幻想


▽ PTA・PTA・PTA


▽ 対 「いじめ」 に私たちのできること


▽ 『 冥福 』 は 祈らない。


▼ 簡単レシピ


▽ 魔法のお醤油


▽ ピザ


▽ 肉まん


▽ カニのパテ


▽ かぼちゃの揚餃子


▽ 青紫蘇ジュース & 紫蘇味噌


▽ 大量チキンカレー


▽ ミートスパゲティ (スープスパ)


▽ 栗の渋皮煮


▽ 煮卵 (半熟卵)


▽ オートミールのケーキ


▽ オートミールのクッキー


▽ 『 シェンブルナトルテ 』


▽ 黒豆


▽ 豚の紅茶煮


▽ 豚のマーマレード煮


▽ 鶏さんつくね煮 と 照り煮 


▽ お水を使わない 煮豚。


▽ 青梗菜の帆立貝柱あんかけ。


▽ 白菜の中華風お浸し


▽ トマトだけのスパゲティ


▽ きゅうりのキューちゃん♪


▽ ゴーヤの冷凍、佃煮


▽ 鳥はむ


▽ 大根の焼酎漬


▼ ちょっとだけ エコらいふ☆


▼ バトン系


▼ 大学考 (我が家の場合)


▼ ステロイド離脱に関して


▽ リバウンド時代のお助けグッズ。


▽ 湿疹肌 に 石鹸


▼ 謹んで拝受の儀☆


▽ カウプレ、拝受☆


▽ カウプレ、拝受 2☆


▽ お酒・お酒・お酒


▽ 美味しいもの(//▽//)☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 2


▽ キニナルモノ・スキナモノ☆ 3


Recent Posts

Category

Comments

 りうりう*@ Re:(*≧m≦*)ププッ(04/01) おじゃりんさん  > ワタシ 自分の…
 りうりう*@ 「 お年頃 」 お互いに > パクチのねぃさん  >…
 りうりう*@ 「 つまり現在既に 」 やっぱり そなのかな^o^;?? > やじ…
 りうりう*@ Re:熟慮に熟慮を重ねた末(05/07) あそびすとさん  > なんてことを言…
 あそびすと@ 熟慮に熟慮を重ねた末 なんてことを言っていると、どちらにも進…
 おじゃりん@ (*≧m≦*)ププッ うれしいような かなしいような、、、 …
 パクチーナ@ Re:その ココロ は。(04/01) ムフフ・・・こういうお話大好き^m^ そし…
 りうりう*@ Re:「 反応 」(03/28) あら(滝汗)。>ぢぶん JJ2007さんへの…
 やじさん上総ん@ Re:その ココロ は。(04/01) つまり現在既に彼女が・・あ。。いやいや(…
 りうりう*@ Re:えっ、まだ聞いていないの?(03/28) 聞けてないですぅ(-_-) > OMITAさ…

Archives

2020.01
2019.12
2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04

Headline News


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.