169745 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ハーブ館

漢方メモ★皮膚のかゆみ


●皮膚のかゆみ
明確な病気や、原因もなく、かゆくてたまらないものを「皮膚掻痒症」といいます。
アレルギーやストレス、皮膚の乾燥が原因で発症することが多いようです。

漢方では、皮膚の痒みは「風(ふう)」により起こると考えられているので、
「防風(ぼうふう)」「荊芥(けいがい)」などの、
去風作用のある生薬を含む処方が多く用いられます。

「皮膚のかゆみ」に用いられる漢方薬と自覚症状

●黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
イライラして怒りっぽく、赤ら顔、のぼせ、動悸、頭痛、頭重、鼻血が出やすいなどの人に用います。
特に、寝付きの悪い人によく処方されます。口内炎や口角炎にも効果があります。

●桂枝麻黄各半湯(けいしまおうかくはんとう)
赤ら顔、のぼせ、頭痛、汗をかきやすいなどの人に用いられます。
皮膚の異常はなく、強いかゆみがある時に使われます。

●当帰芍薬散(とうきいんし)
老人性皮膚掻痒症に効果があります。



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.