000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2004.10.12
XML
どう考えてもおかしい。
長崎の小学校で起こった同級生殺人事件で事件で、
かつてこんな意見がある日記であった。

>被害者の子にはほとんど怒りに近い感情を抱いてるし、
加害者の子には「よくやった!」とブラボゥを送ってしまう。


というものだ。  発言したのはこの人

どう考えても、こんな発言は問題だ。

これは「柔軟な意見」でもなんでもない。
単なる「殺人の賞賛、賛美」にしかならない。
何と言っても『殺人者に「よくやった!」とブラボゥ』だからね。


もし、こんな発言を被害者の家族が読んだらどう思うだろうか?
そして悪口を言われた小学生がみんな相手を殺したら、
明日には小学生だけでも数万人殺されているだろう。
どうしてそうならないかと言えば、殺人がいけないことだと知っているからだ。
悪口がいいとは思わない。しかし悪口で人を殺すのは明らかに判断ミス。
他の方法を探すべきだ。少なくとも殺すことに答はない。
殺すことに意味を持たせるのは危険なことだ。

それでもこの発言の主は、
『「よくやった!」とブラボゥを送ってしまう』のだろうか?


まるでオウムの考え方だ。狂っているとしか言えない。


「殺人と悪口」を同じに考えているいる人がこんな発言をするのだろう。
どうして殺人と名誉毀損が同じ罰を予定していないのか?
この人の考えでは理解ができないだろう。

こんな意見がまかり通ってしまうのは、何かが間違っている。
この発言の主は、この発言を正当化しようとしているらしい。
困ったものだ。私はその「正当化」について最近知ってしまった。
一時はこの発言を「問題あり」だとして反省し、削除したはずなのに、
発言の主はそのことをもう忘れてしまったようだ。


私はもうこの話はやめようと思っていた。
しかしこんな暴言を正当化しようとしている人がいるなら、
はっきりと「それは違う!」と言わねばならない。

こうした発言はなくならないのだろうか?



追記 この暴言の主は集団自殺について日記でこんなことを書いている。

>いやもう、好きにやってくれ^^;
みんながみんな、自分勝手に生きてるんだよ。
自分勝手に死んだっていいじゃないか。
それが集団だってネットで知り合った仲だって、そんなことどうでもいいじゃない。
彼らはどうして死に臨んだのか
どうしてそこに考えが及ばない?

今度は自殺を「勝手に死んだっていいじゃないか」ときたか。
この発言の主は、目の前に今まさに自殺しようとしている人がいても、
「自分勝手に死んだっていいじゃないか」ということで止めないのだろうか?
素朴な疑問だ。

>死んだ人が死んでまで断罪されるのは哀しいことだと、どうして分かってもらえない。
彼らの死を、どうして悼んでやれない?

「殺してブラボー」と殺人者を賛美しているのに、
「死んだ人が死んでまで断罪されるのは哀しいことだ」
というのは自己矛盾ではないか?
この人が「被害者の子にはほとんど怒りに近い感情を抱いてる」なら、
長崎の事件で殺された少女はこの人から「殺されてまで断罪」されている。


すでにこの人の論理は破綻している。
かわいそうに。


*現在掲示板と日記コメントは閉鎖しています。悪しからず。
意見があればメッセージでどうぞ。
トラックバックも受け付けています。もちろん削除もあります。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2004.10.15 10:28:01
[長崎での小学生殺人事件] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


りゅうちゃんミストラルさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ペット  カメラ  読書 

バックナンバー

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

アラビアのロレンス… New! whitebear319さん

カンチャナブリー城… Lamyai_daengさん

2017年の梅行脚(5… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.