3148080 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2005.06.09
XML
カテゴリ:スポーツ
昨夜の北朝鮮戦は東京の国立で観た。
楽天広場のメンバーからチケットを急遽譲っていただき私は千駄ヶ谷に向かった。
(チケットありがとうございました!)

ゴール裏のビジョンを見る関係から主催者側も満員にはしなかったが国立も燃えていた。
かつて行ったことのあるバンコク国立競技場を多くの人と一緒に国立の画面で見るというのは貴重な体験だった。

もう説明するまでもなく日本は勝った。
ハイエナのような柳沢の先制点、そしてキーパーまでかわした大黒のダメ押しは見事だった。
大黒の北朝鮮戦2戦でのゴールは少ないチャンスでよくゴールを決めた。
(キーパーの正面にシュートしたのを決められたら言うことなかったのだが)
バンコクでの2点目はパスを出した田中も褒められるべきだが、
キーパーとの一対一はまるでアジアカップ決勝での玉田のゴールを再現したかのような映像だった。
大黒にはもっと代表でチャンスを与えるべき。
今後久保、高原が復帰すれば鈴木や玉田もうかうかしていられない。
何かと問題があるFWにはドイツに向けて「いい競争」が必要。

中澤は膝の痛みがあって出場すら危ぶまれたが、やはり頼りになる男だ。
稲本は暑さと接触プレーで特に後半は疲労していた。
いろんな意味で彼にはスタミナが必要だ。

私はそれでも冷静な目を持っていた。
試合を観ながら北朝鮮選手のことを考えられる余裕があったくらいだ。
退場者まで出したのはいただけなかったが、北朝鮮はプライドを失っていなかった。
後半30分、キム・ソンチョル(No.18)のシュートは強烈だった。
川口が弾いたが、「念」がこもった鋭さがあった。
当然プライドは日本選手にもある。どこの選手にも。
「国家を代表するというプライド」が北朝鮮選手から何回も見られた。
これが国の代表、これがワールドカップなんだ。

両国の選手たちは暑い中よく戦った!
試合の結果にかかわらず、すべての選手に拍手を送りたい。


日本はドイツ本大会でバンコクの北朝鮮と同様に追い詰められるだろう。
何しろ日本の相手は世界の予選を勝ち抜いてきた強豪国ぞろいだ。
その時のことを私は今から考えてしまう。
「日本選手は自分を失わない!」と言いたいが、日本人だけが特別じゃない。
レッドカードを出された北朝鮮選手の姿が、私には他人事には思えない。

競技場の外で声援を送っていたバンコクの日本人もいた。
その声は確実に選手たちへ届いていた。
人は行動を制限されると「それでも何かをしたい」と考える。
この「じたばたぶり」から人間ドラマは生まれる。
バンコクまで行ってスタジアムの外から声援を送るのは、私にはすごく理解できる行為だ。
「自分はプレーを見られなくてもいいから代表を応援したい」
というのは、日本人の琴線に触れる「犠牲的精神」だ。
(本当はモニターがあったりして!)

試合後、ダンボールでできたカップホルダーが手裏剣のように国立に舞った。
その光景は95年の福岡ユニバーシアード決勝を私に思い出させた。
あの時はコカコーラの団扇だった。決勝の相手は韓国。
福岡で日本は見事に優勝した。歓喜の中無数の団扇が舞った。

国立に集まった観衆はなかなか帰ろうとしなかった。
観戦に来ていた人たちは国立の外でも「お疲れー」と声をかけていた。
「今宵会う人みな美しき」の世界だった。

私はジョホールバールでの試合後を思い出した。
あの時もみんな目の前で起きていることが試合後も信じられなかった。
互いに「俺たち本当にフランスへ行けるんだな?」と質問しあっていたくらいだ。
どうしても人に当たり前のことを訊きたい。そんな状況だった。
シンガポールとの国境に近いジョホールバールの屋台街は、
夜中まで日本人の喜びで溢れていた。

私はジョホールバールで日本選手と同じホテルに泊まった。
試合後、カズがファンのところに来てこう言った。
「今までありがとう。今日は飲んでくれ!」彼はビールの箱を持っていた。

チャンギ空港(シンガポール)でも多くの日本人が選手を待っていた。
私はただ友人を送りに空港まで来ていたのだが、選手を見送ることになった。
私は選手に言いたいことがたくさんあった。
しかし選手を前にすると、ただ「ありがとう」しか言えなかった。
あちこちで「ありがとう」「おめでとう」の声がこだました。

今回もそうだ。みんな不安だった。
キリンカップでのふがいない試合内容を知っていたから。
点が取れなかったから。イランに負けてピンチになったから。
だから今夜だけはバカになっていい。
国立から追い出された後、道に飛び出して騒いでいたのはいただけなかったが、
「ドイツ行きを決めた夜」は今夜しかない。
今日だけは許してやっていただきたい。みんな余韻を楽しみたいんだ。

遠くからそんな騒ぎを見ていたので、帰りが遅くなった。
もうサッカーを観なくなってからしばらく経過した。
以前は年間100試合も観戦していたこともあった。
サッカー場では必ず知っている人に会った。
今は知っている人には誰も出会わない。
時間の経過というものは恐ろしい。しかしそれは仕方ないことだ。

忘れてはならないのが小野のこと。
この試合を病院で忸怩たる思いで観ていたのだろうか?
しっかりと治して代表に復帰してほしい。
何度も言うが、日本には小野が必要だ。

おめでとう日本代表!
そしてありがとう!
ずっと信じてこなくてごめんなさい!



参考になったページ

バカって言うやつがバカなんです (サイ大サイ強サイ高のページ)


これを着て代表を応援しよう!シャツとマフラーをクリック!

adidas 日本代表レプリカユニフォーム HOME  アディダス 日本代表レプリカユニフォーム/AWAY   【楽天野球団】ADIDAS JAPAN純正日本代表レプリカゲームシャツ ホーム用 日本代表チーム!応援...   日本(A)02  【マーク対応可:在庫あり】adidas/アディダス2005年モデル サッカー日本代表半袖レプリカジャ...  【ワールドカップへ行こう!】日本代表タオルマフラーエンブレム


お知らせ

今日の日記はおめでたいこともあり、
いつもより多くのトラックバックを送っています。
(本当はすべての人にトラックバックを送りたい)
こちらの手違いによりトラックバックがダブってもご容赦ください。




行方不明
バナーをクリック!小学生行方不明事件に情報をお願いします。


ブルーリボン運動
拉致問題の解決を願うブルーリボン運動です。


***現在掲示板と日記コメントは閉鎖しています。悪しからず。
意見があればメッセージでどうぞ。
今のところメッセージは全て読んでいます。
トラックバックも受け付けています。ただし殺人を正当化しない人に限ります。削除もあります。









最終更新日  2005.06.09 15:30:17
[スポーツ] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

初めてのフェルメー… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.