000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2005.06.15
XML
カテゴリ:映画
暗いニュースが多くある中で、こんな報道もある。

町おこし:映画「耳をすませば」10年でモデル多摩の京王・聖蹟桜ケ丘駅周辺 /東京

前にも日記で書いたが、私はこの「耳をすませば」という映画がかなり好きだ。
言わずと知れたスタジオジブリの作品だが、ここでは魔術、飛行船、妖怪は出てこない。
乗り物は京王線だし海賊と一緒の大冒険もない。
受験を控えたごく普通の中学生が出てくるだけ。
近くにいる中学生と何ら変わらない。恋があり、受験で悩む。
しかしすごいドラマだし、多くの人の感動を呼んだ。

なぜか。
この映画で描かれた中学生があまりに純粋だからだ。
あまりに報道が「援助交際」とか学力低下などに集中するため、
「こんな中学生が今どきいるのか?」と考えたくもなる。
事実私は何回となく考えた。
「もしかしたらこんな中学生は絶滅してしまったかも」
そう思っても不思議ではない。
ところがそう捨てたものでもないらしい。
ごく最近、私はそのことを知ってしまった。
機会があればその話を日記でしたいと思う。

この映画で一番のお気に入りは主題歌の「カントリーロード」を主人公が歌う場面。
最初バイオリンだけで伴奏していたのが、仲間が増えていいアンサンブルになる。

主人公の雫は本が好きな受験生。物語を空想することが多い。
バイオリン職人を目指す同級生と出会うが、まだ自分は将来の目標が定まっていなくて雫は焦る。
中学生らしいひたむきさで物語を書こうと決める雫。
夜も眠らずに執筆する。そのために成績は下がり、両親も心配する。
やっと物語が完成し、地球屋の主人に作品を読んでもらう。
雫は物語を書くにはもっと知識が必要だと悟る。
イタリアへ下見に行っていた聖司が帰ってきて、二人は将来を誓う。

残念なことに、この映画の監督近藤喜文氏は1998年に亡くなった。
もう一度彼の作品が観たかった。

「耳をすませば」監督 近藤喜文氏 逝去

前にも日記に書いたが、この世に神様はいない。

もしいたとしたら、近藤喜文氏を奪わなかっただろう。
神は意地悪だ。誰がお前なんか信じるか!!


追記

映画のモデルとなった聖蹟桜ヶ丘は住宅地。
多くの人が訪れるのはいいことでもあるが住民に迷惑がかかることを危惧する。


参考になるページ

耳をすませば(まうんとくっく日誌)

耳をすませば  耳すま NET's

耳をすませば ロケ地ガイド   『耳をすませば』の舞台をめぐる

聖蹟桜ヶ丘 雫の歩いた道

『耳ノート』をめぐる旅  耳すま NET's リンク  耳をすませば

素直な心の持ち主になりたいです(創造blog)


行方不明
バナーをクリック!小学生行方不明事件に情報をお願いします。


ブルーリボン運動
拉致問題の解決を願うブルーリボン運動です。


***現在掲示板と日記コメントは閉鎖しています。悪しからず。
意見があればメッセージでどうぞ。ただし挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。
トラックバックも受け付けています。ただし殺人を正当化しない人に限ります。削除もあります。









最終更新日  2005.06.15 20:08:23

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


りゅうちゃんミストラルさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ペット  カメラ  読書 

バックナンバー

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

2017年の紅葉狩り(… リュウちゃん6796さん

ローカルバスでカン… Lamyai_daengさん

八丈島 ゲストハウス… 豊年満作さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.