3124419 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2005.10.10
XML
テーマ:私のPC生活(6628)
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前、リンクなしのトラックバックについていくつかの意見を書いた。

トラックバックにリンクは必要か?

トラックバックにリンクは必要か?(その後)

そこで言及リンクなしのトラックバックを原爆製造と同等に書いている人がいた。鳥新聞だ。
その後、向こうからこの件に対してトラックバックを送ってきたのでこのことについて考えてみたい。
(この記事は便宜上10月10日にしてある。実際書いたのははずっと後)

問題は以下の記事だ。

トラックバックと無断リンク禁止と原爆(鳥新聞)

ここで書かれている内容があまりに支離滅裂なので紹介しよう。

>僕の表現が「りゅうちゃんミストラル」を原爆を製造するような論理構造の持ち主と思わせる記述だった事は申し訳なく思いますが、あくまで挑発的表現であり、上に書きましたように、誰でも悪気なくてもやってしまうものだと思いますし、影響力が十分に分からないまま技術開発し成功した例もあげました。目の前に手の届く機能があれば使いたい。僕もつい非常ボタンを見ると押したくなります。一度押しました。電車が止まりました。すげーベルが鳴りました。全力で逃げました。こりゃ例えになってないか。

まず、「申し訳なく思いますが」と思うのなら、下らない言い訳をする前に謝罪すればいい。
この人、「ごめんなさい」とか謝罪の言葉くらい知らないのか?
この人言い訳ばかりで私に謝罪するつもりがないことはこれではっきりした。
そして「非常ボタンを押して電車が止める行為」は、明確な違法行為だ。
この人、私を指摘する前に危険人物ではないのか?

>ただ氏が原爆を持ち出したのも挑発だと思いますが、「くたばれ」とか「乞食」とか「性根の腐った連中」という言葉は、ただ氏の性格の悪さだと思います。

>ただ氏は(あるいは他の人も)性格が悪いのでりゅうちゃん氏に悪口を言った。残念ながらこれはよくあることで、回避するには性格の悪い人に近づかない事である。どのくらいの割合で存在するか知らないが、文章がたくさんの人に読まれるほど遭遇する可能性は高いのだろう。りゅうちゃん氏はこのことに関して抗議したが、ただ氏は無視をした糞野郎である。以上


ネットの世界には、「くたばれ」とか「乞食」とか「性根の腐った連中」という言葉を使う人がいる。
また、原爆製造と言及リンクなしトラックバックの区別がつかない人もいる。
「回避するには性格の悪い人に近づかない事である」というのもネットの世界では困難だ。
「近づかない」前に性格の悪さを何とかすることは考えないのかこの人は?

そして「糞野郎」という言葉も看過できない。
この人、誹謗中傷すれば何か解決するとでも思っているのか?
何かが決定的に間違っている。

まだある。

>僕の文章などは面白くもないだろうし、特別多くの人に読んで時間を割いて欲しいとも思っていないので。

いや、面白いよ。
言及リンクなしのトラックバックが原爆製造と同様だと言い出したり、
言い訳ばかりで謝罪も満足にできない人の言うことは。
さすがにネットの世界は深い。

>献血に関する記事を読ませていただき、リンクされている読売の記事を確認する事は出来ませんでしたが、特別面白いとは思いません。良い記事だとは思いますが、それは僕が概ね知っていることであり、読売の受け売りとも想像できるからです。むしろ日本赤十字社が特殊法人として独占でやっている献血事業というものが日赤の報告書を見ても、献血した時にもらえるパンフレットを見てもよく分からない。

別に君に面白いと思ってくれなくてもいい。
よくわからないなら日赤に訊けばいいものを。
結局質問しないでいて「わからない」と言い続けるのかこの人は?

>社会的な問題に対して、言及し、意見を表明する事はとてもいいことだと思います。しかしそれを無差別にトラックバックを送るのはどうかと思います。面白ければ、必然的に多くの人に読まれる仕組みがネットにはあるわけで、むしろ相手の事を知らずに送るのは暴力かもしれません。献血の出来ない病気の持ち主だったらどう思うでしょうか。献血を拒否するモルモン教徒だったら不愉快ではないでしょうか。もし僕が献血の記事のTBを受け取っていたら献血は何度もやったことあるし不愉快ではないですが、休日にドアホンを鳴らす何かの勧誘くらいに思った事でしょう。

無差別かどうかまず実証してから反論すべき。
仮定で反論するのが好きなのかこの人は?

以下の点が特にすごい!

>むしろ相手の事を知らずに送るのは暴力かもしれません。献血の出来ない病気の持ち主だったらどう思うでしょうか。献血を拒否するモルモン教徒だったら不愉快ではないでしょうか。

これは批判というよりも単なる詭弁だ。
たとえ病気で献血できない人であっても、献血を呼びかける意味は理解できよう。
実は私は今健康面の理由から献血できない。
しかし献血の意味は知っているし、できなくなる以前すでに30回献血した。
「献血できないから」ということではなく「できないから献血の呼びかけはする」という選択肢もある。
実際にそうした人はいた。私の呼びかけを理解してくれた。
エホバの証人にしても、献血を呼びかける意味はある。
エホバの証人信者が今後もエホバの証人信者であるという保証はどこにもない。
いつかは献血の意味を理解してくれるかもしれない。
もし、本当にエホバの証人信者が私に文句を言ってきたならば、私もその人を説得する。
しかしそれは「仮」の話だ。
どうして文句もないうちに「仮」の話をしなければならないのか?
これこそまさに詭弁だ。

病気とか宗教を理由に献血の呼びかけが意味を失うことはない。
原爆製造と言及なしのトラックバックを混同し、満足に謝罪もできず、しかも詭弁を振るう。
こうした人と出会えたことに対し、とても満足している。

なお、宗教と献血の呼びかけについては、すでにここで述べている。

トラックバックの使い方で反論にお答えする。(2005年6月26日)

この人、ここを読んでいないらしい。
読んでから反論して欲しかった。
ここにもリンクしてあるのに。

トラックバックにリンクは必要か?(その後)

お断り。
この記事で最初献血について宗教上の理由から懸念を表明しているのは
モルモン教と書きましたが「エホバの証人」の誤りでした。
モルモン教徒の関係者には謝罪します。
ごめんなさい。
今後は気をつけ、記事については即刻訂正しました。



本を買うなら楽天で!その他アフィリエイト

楽天ブックストップページ   カフェ・ド・ラクテンブックス





行方不明
バナーをクリック!小学生行方不明事件に情報をお願いします。


ブルーリボン運動
拉致問題の解決を願うブルーリボン運動です。


***現在掲示板と日記コメントは閉鎖しています。悪しからず。
トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2005.11.10 19:06:26

PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

孫姫4姉妹と過ごし… New! リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.