2819079 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2009.01.15
XML
カテゴリ:読書
東野圭吾「さまよう刃」を読んだ。
(この記事はネタばれあり)

     

娘を少年二人に陵辱の上殺された長峰。
少年法では裁きが不十分と感じ、自ら復讐することを誓った。

この作品は救いがない。
いわば東野圭吾による問題提起の小説だ。

法律は何のためにあるのか?
警察の役目は?
織部刑事の目を通して、その問題は解決することなく終わる。

こうした復讐を描く作品は珍しくない。
ジョディ・フォスター主演の映画「ブレイブワン」でもそうだった。
この映画については以下の記事に書いた。

映画「ブレイブワン」

「さまよう刃」は織部による長峰の射殺で終わる。
その後、情報提供者が誰であったかが描かれる。
しかし、被害者家族にとって救われないことに変わりはない。

小説で描かれなかった「その後」はどうだっただろうか?
保護されたカイジは3年ほど服役して出所しただろうか。
和佳子は長峰の思い出を胸に、この先生きていくのだろう。
そして多くの人は、この事件を忘れる。
少年法の改正はあるかもしれないが、所詮は「他人事」でしかない。

東野が描く世界は、宮部みゆきと同じく「欠損家族」が多い。
長峰は妻を亡くし娘と二人暮らし。
事故で和佳子は娘を失っている。

悲しい事件を描く場合、この「欠損家族」が背景にあること。
それはストーリーを際立たせる。
もし和佳子の娘が生きていたら。
彼女は長峰を助けなかったに違いない。
「何かが足りない人」は、足りない何かを埋めようとする。
正しいか否かを別にして、それは確かだ。

「さまよう刃」を読んで思い出すのが本村洋さん。
光市母子殺害事件の被害者家族だ。
彼は、あの事件で奥さんと娘さんを失っている。

死刑を回避した一審判決後の記者会見で彼はこう語った。

「司法に絶望した、加害者を社会に早く出してもらいたい、そうすれば私が殺す」
(Wikipediaより引用)

この言葉は「さまよう刃」での長峰に通じる。

我々は、被害者家族の気持ちにどう応えられるだろうか?




バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.01.16 13:57:34
[読書] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


りゅうちゃんミストラルさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ペット  カメラ  読書 

バックナンバー

2017.04
2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

バーン・バンケーン… New! Lamyai_daengさん

2017年の桜紀行(4… リュウちゃん6796さん

最近会ったジョンと… whitebear319さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.