3358924 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2009.01.19
XML
カテゴリ:読書
東野圭吾「ガリレオの苦悩」を読んだ。
この作品は、「聖女の救済」と同時に出たガリレオシリーズ最新刊。
(この記事はネタばれあり)

        

最初の「落下る(おちる)」と次の「操縦る(あやつる)」は、ドラマになった。
このドラマについては、昨年記事にした。

ガリレオΦ「操縦る」

「エピソードΦ」と「ガリレオの苦悩」は少し設定を変えている。
例えば、ドラマの「落下る」では宅配ピザのアルバイトは草薙だった。
事件現場にいたため、彼は警察からマークされることになる。
後の捜査一課であるにもかかわらず。

疑いを晴らすべく、草薙はベランダで実験を行う。
しかし、小説で実験を行うのは内海薫。小説で彼女は初登場。
実験を見ているのが湯川であるところは同じ。

「操縦る」も設定が違っている。
小説で「メタルの魔術師」と呼ばれた男は湯川の恩師。
つまりは元帝都大学元助教授。
ドラマでは助教授ではなく元経営者という設定だった。

ガリレオシリーズの続編を待っていたファンに、この短編集は売れるだろう。
だが、私は「聖女の救済」とともに物足りなさを感じた。

第三章の「密室る(とじる)」は、田舎のペンションで起きた事件。
湯川が旧友から密室事件について助言を求める。
詳しくは書かないが、このエピソードは底が浅い。
こんな作品を書いていれば、「東野は才能が枯渇した」と解釈されてしまう。
少なくとも、私はそう感じた。

第四章「指標す(しめす)」は少女が水晶を使ったダウジングの話。
湯川はダウジングが本物か否かをすぐに判断してしまう。
これも、もう少し読者に真偽の期待を持たせるべきではなかったか?

本格的だったのは第五章「攪乱す(みだす)」。
警察と捜査に協力している湯川に対し、挑戦状が届く。
「悪魔の手」と名乗る犯人は、事故に見せかけた殺人ができると豪語。
挑戦状のとおりに人が事故で死ぬ。
その事故に、「悪魔の手」が関わっていた。
このエピソードはもっとページ数が欲しかった。

「自分がどこで恨まれているかわからない」という怖さはあった。
それをもう少し引っ張れなかったか?
東野は「天空の蜂」「宿命」など長い作品も得意だ。
このエピソードだけで2時間ドラマ、又は映画にもできたのではないか?
私はそう感じた。

***********************
関連記事

東野圭吾「ガリレオの苦悩」

***********************

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.10.17 19:16:53
[読書] カテゴリの最新記事


PR

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

奈良国立博物館<御… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.