000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2009.01.21
XML
カテゴリ:読書
北村薫「ターン」を読んだ。
(この記事はネタばれあり)

     

正直、私は北村薫の作品が初めて。
どうして今まで読まなかったのかが不思議なくらい。
「ターン」は読みごたえのある、読んで損はない作品だった。

29歳の売れない女性版画家が主人公。
彼女は子どもたちに美術教室を開いている。

ある日、教室で使うダンボールをもらいに車で出かける彼女。
7月の暑い夏の日だった。
大通りで彼女は事故に遭い、乗っていた軽自動車は横転。

その時点から、彼女はもうひとつの世界へ入ってしまう。
事故が起きた午後3時15分になると前日に戻るその世界。
人は自分以外誰もいない。
犬や猫までいない世界で彼女の生活が始まる。
それがかなりのページまで続く。

異色のミステリー小説は、この時点まで読めるかどうか。
それにかかっている。
もし、この時点まで読めれば最後まで読むのは容易だ。

そして150日目に家の電話が鳴る。
電話をかけたのは、彼女の作品を買った男性。
自分だけの世界からこの「ホットライン」だけが世界へ通じる。

実際の世界で彼女は病院にいた。
事故以来、眠ったままの彼女。
彼女は元の世界へ戻れるのか?

この小説で思い出したのがあるアニメ映画。

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

「うる星やつら」の場合は、何人かの仲間が一緒だった。
孤独を感じなくて済むのは「ターン」とは違う。

永遠に繰り返される毎日。
それを望んでいる人はいるかもしれない。
何しろ、本は読み放題。
時間無制限でやりたいことができる。
私も、この世界に行きたいと思う。
そうすれば、「失われた時を求めて」など長編作品を読めるから。

もちろんデメリットもある。
それは他人と触れ合えないこと。
よく、こんなことを言う人がいる。

「人は一人では生きていけない」

確かにそうだ。
毎日、午後には昨日に戻ってしまう。
話し相手すらいない。
(主人公には話し相手はいる。その正体がわかるのはかなり後になってから)
彫刻の作品を残すこともできない。
日記も書けないのでは面白くない。
人はどこかに「自分の存在」を残しておきたい生き物だからだ。

作者の主張がわかるのは、残りページが少なくなってから。
決して斬新ではないが、テーマとしては納得できるものだった。

北村作品なら、次は「スキップ」になるのだろう。
どこかで調達しなければ。


バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2009.01.22 16:07:19
[読書] カテゴリの最新記事

PR

日記/記事の投稿

楽天プロフィール


りゅうちゃんミストラルさん

キャッチフレーズは未入力です。

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
旅行  ペット  カメラ  読書 

バックナンバー

2017.03
2017.02
2017.01
2016.12
2016.11
2016.10
2016.09
2016.08
2016.07
2016.06

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ストレスを克服する… whitebear319さん

タイ映画博物館内の… Lamyai_daengさん

2017年の梅行脚(4… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.