3460253 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

りゅうちゃんミストラル

2010.12.05
XML
カテゴリ:スポーツ
5日、国立競技場で伝統の早明戦が行われた。
早稲田が31-15で勝って対抗戦優勝を決めた。


2010/12/05(早稲田大学ラグビー部公式HP)

早明戦制し早大2連覇 関東大学ラグビー対抗戦(日本経済新聞)

試合前、優勝に最も近かったのは明治。
久々に全勝で早明戦を迎えた。

引き分けでも対抗戦優勝が決まる。
早慶明が優勝の可能性を残していた。

対する早稲田は先月23日に慶応に負けた。
ゴール前でのミスもあったが、慶応のタックルが素晴らしかった。

慶応、魂のタックルで早稲田を破る!

早明戦では早稲田のFWが活躍。
明治に押されなかっただけでなく、試合を優位に進めた。

早稲田ゴール前でのスクラムも、負けないFWが耐える。
そしてターンオーバー。
第3列でのサイドアタックも早稲田の低いタックルで潰される。

前半のうちに明治がFWでトライを取っていたら。
試合は明治の圧勝で終わっていただろう。

明治がスクラム一辺倒でなくハーフ陣で揺さぶりをかけたら。
面白い勝負になったかもしれない。

ラグビーは時に柔軟な作戦を求められる。
自信を持つFWだけではなく、SO田村のセンスに賭ける選択肢もあった。

元日本代表WTBの吉田監督を迎えた明治。
「名選手、名監督にあらず」と言われるが、見事に明治を立て直した。
その手腕は多くの人が認めるところだ。
大学選手権で早稲田を倒すべく作戦を練ってくる。

ここ数年、大学選手権での活躍がなかった明治。
これからのシーズン、チームをどう強化するか経験に欠ける。
だが挑戦者として堂々と戦うだろう。

早稲田は明治に勝ったが慶応に負け。
明治は慶応に勝ったが早稲田に負けた。
慶応も早稲田に勝ったが明治に負けた。

優勝したといっても早稲田の実力が抜きん出ているわけではない。
得失点差による優勝決定は初めてのこと。
それだけ各校の差がなかったと言える。

早慶明と帝京は、再び大学選手権で戦うことになる。
リーグ戦では敵なしの東海大。
対抗戦グループ各校の強力なライバルだ。

かつて大学日本一になった法政。
そして日体大が入替戦出場というのは寂しい限り。
しかし「名前だけでは勝てない」というのはラグビーにとって望ましい。

予測が難しい大学選手権。
ラグビーファンにとって興味あるシーズンといえる。

明治の復活で大学選手権は面白くなった!

***********************
関連記事

ラグビー早明戦

上矢印早明戦を詳しく記事にしている。

以下の記述に思わず頷く。

>この国のスポーツファンは「愚直」で「潔い」戦いを好む。
>しかし「臨機応変に切り替える」「駆け引きする」ことも必要だ。

(太字部分、上のリンク記事より引用)

興味深く読ませていただいた。
スポーツは、人に見られているからこそ発展するもの。
こうした記事があるのは意味がある。

***********************

※トラックバックは管理人が承認した後に表示されます。

バナーにクリック願います。

  ブログランキング・にほんブログ村へ

***トラックバックはテーマに関係するもののみどうぞ。
その場合リンクは必要とはしません。
意見があればメッセージでどうぞ。
ただし荒らしと挨拶できない人はお断りです。
今のところメッセージは全て読んでいます。









最終更新日  2010.12.06 15:57:17
[スポーツ] カテゴリの最新記事


PR

X

日記/記事の投稿

プロフィール


りゅうちゃんミストラル

バックナンバー

2021.04
2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

2021年の桜紀行(2… リュウちゃん6796さん

一 夢 庵 風 流… 慶次2000さん
韓国ソウル便り 私の… whitebear319さん
日々是徒然 思緒里さん
ニューロンとワイヤ… yuzo_seoさん
画像満載ホテルレビ… 豊年満作さん
タイとタイ語に魅せ… Lamyai_daengさん

ニューストピックス

カテゴリ

カレンダー


© Rakuten Group, Inc.